セミリタイア

なんだか仕事行きたくないと悩んでいる新入社員のための3つの解決方法

仕事行きたくない新入社員への解決方法を徹底解説

「まだ新入社員だけど朝起きると吐き気がするくらい仕事に行きたくない…。」

自分がやりたい仕事に頑張って就職したつもりが、実際に入社してみたら自分が思っていたものとは違って新入社員だけどもう仕事を辞めたいぐらい後悔する場合もあります。

そんなつらい毎日をこれから40年も続けないといけないと思うとさらに絶望ですよね。

無理して仕事を続けてダメになってしまう前に対策をたてていかなければなりません。

 

今回の記事では、仕事に行きたくなくて辞めたいと思っている新入社員の人に思いっきた解決方法を紹介していきます。


 記事のまとめ

  • 30代・40代での早期リタイアを目標にして耐えていく
  • 自分がストレスのかからない条件を自己分析し、第二新卒で転職をする
  • 貯金や副業収入を増やしていくことは本当に追い詰められた時に役に立つ

私も仕事が嫌で休日もどこにもでかける気力がないぐらい追い詰められていましたが、早期リタイアが現実的な目標になったことでなんとか仕事を続けられています。

仕事がつらくても我慢していれば何とかなると思っていても解決されることはありません。

問題を解決するためには積極的な行動を起こしていくことが大切ですよ。

 

朝に吐き気がするぐらい仕事に行きたくないのは深刻

新入社員の頃からもう仕事に行きたくないと本気で悩みこんでしまうぐらいなら、ただ我慢するだけでは解決されないので、思い切った解決策に踏み出す必要があります。

 

入社したての新入社員のころはみんなつらいものです。

まだ慣れていない仕事で怒られるばかりだし、雑用ばかり任されるし、人間関係も難しいですからね。

学生の頃の責任感が必要なかったアルバイトとは全く違いますよね。

 

ただし新入社員のころはその若さもあり、多少の辛いことも耐えて頑張っていけるものです。

新しい出会いもありますし、給料やボーナスをどう使っていこうかな?という楽しみもありますしね。

たしかに仕事はつらくても、それ以外の楽しみによって頑張れますよね。

しかしそんな新入社員のころから仕事に行きたくないと本気で悩んでしまうのはとても深刻です。


 仕事がつらい状況はただ耐えていても何も解決されない

石の上にも三年とよく言いますが、三年間つらい仕事を何とか耐えて頑張っても状況は変わらない可能性がとても高いです。

やっと今の仕事を覚えていったとしても、覚えること・やることは次から次へと増えていきますし、異動や転勤でまた一からやり直しという可能性もあります。

また仕事の絶対量自体が多くて残業ばかりで自分の時間が全く取れないなどの問題はただ耐え続けても解決することはありません。

ですから仕事は仕事と割り切って休日を思いっきり楽しむことでストレスを解消しながらバランスを取っていくものですが、それができずにただただ悩みこんでしまうようなら思い切った解決策を取っていかなければなりません。


 新入社員の頃から仕事に行きたくない場合の思い切った解決策

  • 30代・40代での早期リタイアを目標にして耐えていく
  • 自分がストレスのかからない条件を自己分析し、第二新卒で転職をする

どちらの手段も思い切った決断が必要となりますが、本気で仕事に行きたくないと悩んでいるならこれぐらいの対策をしないと解決されません。

ただただ頑張ればそのうち何とかなるかなと無理を続けていると、精神的に限界がきてしまい潰れてしまいますので早めに行動を起こしていかなければなりません。

 

30代・40代での早期リタイアを目標に副業を始めよう

仕事自体が嫌いというのなら早期リタイアを目標にすれば仕事を何とか頑張っていけるようになるので、自分が何してもこの状況を解決できないと思ったら早期リタイアすることをおすすめします。

 

新入社員として半年~1年と働くうちに、今の会社の仕事や人間関係に不満というより、仕事自体をしたくない・嫌いな人間なんだということに気付く場合があります。

そのような場合は転職をして環境を変えたとしても仕事に行きたくないという問題は解決できないです。

働くこと自体が苦痛な人は仕事を頑張って続けたり、異動や転職などで仕事の環境が変わっても仕事を好きになることはありません。

そんな状態でこれから40年も働き続けるのは苦痛の毎日ですよね。

ですから定年退職まで働き続けるのではなく、定年退職前に早期リタイアすることを目標にすることで仕事を頑張ってみませんか?


 早期リタイアという目標ができればつらい仕事も頑張れる

20代の新入社員のころから本気で早期リタイアを目指して貯蓄を始めれば30代~40代で早期リタイアが可能です。

定年退職まで苦痛な仕事を続けないといけないと思うと先が全く見えなく、目標がないため頑張るモチベーションさえ持つことができません。

しかし何歳になったら早期リタイアするという具体的な目標ができれば、

「あと何年だけ頑張ればいいんだ」

と何とか苦痛な仕事にも耐えていけるようにもなりますし、貯金が増えていくのをみていると着実と目標に近づいていると実感できて大きなモチベーションとなります。


 少ない資金でも仕事を辞められるセミリタイア

仕事を辞めたあとは仕事を全くしない完全リタイアは大きな資金が必要となってしまうため、なかなか早期リタイアができません。

ですので仕事を辞めたあともある程度の収入を稼いでいくセミリタイアを目指すのがいいですね。

セミリタイア生活とは?

早期リタイアして貯蓄の取り崩しと、働きすぎず・ストレスのかからない状態で収入を稼ぐことで悠々自適に生活していくことです。

セミリタイア生活は収入源として主に気軽にできるアルバイトで週2~3日程度働く場合が多いです。

しかし仕事が嫌いな人って職場の人間関係が面倒くさい・嫌いというパターンが多いですから、アルバイトで責任は少ないとしてもやっぱり苦痛だと感じる人もいるでしょう。

そのような場合は完全に1人で仕事ができる在宅ワークで収入を稼いでいくことをおすすめします。


 セミリタイア生活におすすめの在宅ワーク

  • ブログ運営
  • プログラミング(クラウドソーシング)

これらは努力をすれば大きく収入を稼ぐこともできますし、元手もほとんど必要なく始めることができるのでとてもおすすめです。

仕事をしながら副業として始めて収入を稼げるようにしていき、セミリタイアのための貯金を早く貯められるようにする・セミリタイア後の生活を安定させていくのが理想ですね。

 

セミリタイアする年齢別に必要な資金・注意点については『セミリタイア生活って何歳から可能?今すぐ始められる方法を徹底紹介』で紹介していますので是非ご参照ください。

セミリタイア生活って何歳から可能?今すぐ始められる方法を徹底紹介
セミリタイア生活って何歳から可能?今すぐ始められる方法を徹底紹介セミリタイア生活を何歳から始めていいのか迷っているあなたに、20代~50代の年齢別の必要なセミリタイア資金・セミリタイア後の働き方・生活の仕方について紹介していきます。これをみれば何歳からでもセミリタイアを始めることができますよ。...

 

ブログ運営で早期リタイアのための資金を稼ぐ

ブログ運営収入でサラリーマンがアーリーリタイア

ブログ運営で収入を稼いでいく方法は、特にスキルも必要なく、誰でも少ない元手で始めることができて、かつ大きな収入を稼ぐチャンスもあるため非常におすすめです。

「ブログを書くだけで稼ぐことなんてできるの?」

と疑問に思うかもしれませんが、読者の役にたつ記事を書いていけば広告収入を稼げるわけです。


 ブログで稼ぐための2種類の広告タイプ

Googleアドセンス型アクセス数を稼いでいくことで広告収入を稼いでいく
アフィリエイト型商品やサービスを購入してもらうことで報酬をもらう

商品などを紹介してそれが売れることで報酬が貰えるアフィリエイトは月10万円超えも狙いやすく、また努力次第では月100万円超えも夢ではありません。

しかし売れる商品はライバルも多く、アフィリエイト初心者だと検索上位を狙えないため、これからブログ運営を始めるという人にはおすすめできません。

検索ページの上位に表示させないとブログへのアクセスがなく収入も期待できないですものね。

ですのではじめは広告がクリックされることで収入が発生するGoogleアドセンスでの運営をおすすめします。


 Googleアドセンスで稼ぐポイント

  • 自分のためではなく読者に役にたつ記事を書く
  • 需要があり収益性の高いキーワードを狙う
  • ずっと読まれ続ける資産記事を積み重ねていく

自己満足な日記記事ではなく、読者のためになる記事を書くということが必須です。

そして検索される回数の多いキーワードで検索上位を狙っていくことでアクセス数が増えて収益が発生するようになるというわけです。

 

あとは早期リタイアのために長期的に稼ぎ続けたいわけですから、ブログ運営で長期的に稼いでいくなら資産記事を増やしていくことが大切です。

テレビの芸能ネタなどの流行を記事(トレンド記事)にすれば爆発的なアクセスも期待できますがあくまで短期的なアクセスにしかなりません。


 トレンド記事はPV数を稼ぎやすいが維持が難しい

Googleアドセンスはトレンド記事だと収益が維持しにくい

流行がさればアクセスが全くなくなってしまいますので、トレンド記事で収益を稼いでいくなら頻繁なブログの更新を続けなければアクセス数の維持ができないわけです。

それだと仕事嫌いな人間だと長期間の継続はできないかもしれませんね…。

ですから何年たっても需要がなくならないような記事を積み重ねていくことが大切なんですね。

1日に10アクセスしかない記事でも、それが積み重なって100記事になると1か月で3万アクセスになります。


 Googleアドセンスでの収益

広告クリック単価1クリック = 30~50円
広告収益率1PV = 0.3~1円

資産記事を増やしていくこと月3万アクセスになれば、Googleアドセンスで月1万~3万円ほど稼げるようになるんです。

それが5年後も10年後も収益が入ってくると思うと凄いと思いませんか?

在宅ワークって普通は稼げない仕事ばかりですものね。

さらに資産となる記事をさらに積み重ねていけば、もっと大きな収益が期待できるというわけです。


 資産記事はアクセス数を積み重ねていきやすい

Googleアドセンスは資産記事を積み重ねが大切

資産記事なら記事を積み重ねていくほどアクセス数も積み重なっていき、更新を止めてもアクセス数を維持しやすくなるんです。

 

Googleアドセンス型ではアフィリエイトのように月100万円以上を稼ぐのはとても難しいです。

しかしGoogleアドセンスでもしっかり資産記事を積み重ねていけば努力次第では月10万~30万円も実現可能です。

もちろん並大抵の努力では達成できませんが、本気で早期リタイアしたいという気持ちが強ければ、そこら辺の人よりよっぽど頑張れるはずです。

定年退職まで40年ほど頑張り続けるより、早期リタイアするためにブログで稼げるように数年間だけ思いっきり努力したほうが楽ですからね。


 ブログ運営をリスクも低く副業として誰にでも始めやすい

ブログ運営で月10万円以上はなかなか難しいですが、月5万円程度だったらそれほど難しくありません。

月5万円を安定して稼げるようになれば、セミリタイア生活のために必要な資金もだいぶ減らすことが可能です。

ブログ運営なら必要な資金も、

月額
サーバー代300~1,000円
独自ドメイン代100円

とこれだけの少ないお金で始めることができて、リスクが全くなく挑戦できるというのもブログ運営で収益を稼いでいく上での強みですね。

またブログ運営なら全く誰とも関わらずに収益を稼いでいけるので、人付き合いが苦手で仕事が辞めたいと思っている人には絶好の在宅ワークの仕事になりますね。

ブログ運営を始めてから収益を稼げるようになるまで半年~1年程度はかかるので、最初はアクセスがなくても諦めずに続ける忍耐が必要です。

ブログで月5万円の副業収入を稼ぐための方法を『ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】』でブログ初心者向けにひたすら詳しく解説しています。

このやり方でブログ記事を積み重ねれば月10万円以上も可能なので、是非参考にしてください。

ブログで月5万円の副業収入を稼ぐためのやり方・始め方を徹底網羅
ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】 「給料が少なくて生活に余裕がない…」 「副業で収入を稼いでみたいけど、なにもスキルがないし無理かな…」 ...


副業としてブログ運営を始めるときにまずは読んでおきたい本


 本気で稼げる アフィリエイトブログ

アフィリエイトで稼ぐための本ですが、ブログで集客するためのキーワード戦略や記事の書き方などの基礎テクニックを学ぶことができますので、Googleアドセンスで収益を上げたい場合は一番最初に読んでおきたい一冊です。

今後アフィリエイトに転向して稼いでいこうとなった時にも役に立つのでおすすめです。


 Google AdSence マネタイズの教科書[完全版]

Googleアドセンスで10年先も安定して稼ぎ続けるために、どのように資産記事を積み重ねていけばいいかが詰め込まれています。

少し上級者向けの本ではありますが、アドセンスで稼ぎ続けることのノウハウを学ぶことができますので、それを知っているかどうかで収益化できるまでの時間に差が出てくるでしょう。

資産記事を積み重ねて安定した継続収入を得るためにも何度も読みたい一冊ですね。

 

プログラミングで早期リタイアのための資金を稼ぐ

WEBコーディングでアーリーリタイアのための副業収入

プログラミング初心者でも2~3か月本気で勉強すれば、副業として月3万~10万円稼ぐことが可能です。

 

プログラミング言語と聞くと『C言語』や『C++』などのイメージがあって習得がとても難しいと思ってしまうかもしれませんが、WEBコーディングなら1から勉強を始める人でも副業として収益を稼いでいきやすいです。


 WEBコーディングとは?

WEBサイトの制作において、WEBデザイナーがデザインした通りにWEB上で閲覧できるようにプログラム言語に変換(コーディング)することです。

このWEBコーディングだけを請け負う『WEBコーダー』になって副業として稼いでいこうというわけです。

WEB制作全体の仕事を請け負えば収益も大きいですが、それだけ難易度が大きく上がり作業時間も増えます。

副業としては難しいですよね…。

しかしWEBコーディングだけの仕事に絞れば、初心者でも収入を稼ぐレベルまで上達しやすいですし、比較的短い作業時間で月3万~10万円ほどの収益を稼いでいきやすいんです。


 WEBコーディングをする時に覚えたいプログラム言語

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • JQuery

覚えるプログラム言語の種類は少し多いですが、一つ一つはプログラミング初心者でも短い時間で覚えていきやすいです。

特にHTML・CSSのマークアップ言語は、少しでもホームページ制作に関わったことがあるならとても取り組みやすくなっています。


 WEBコーディングの仕事を受注する方法

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

いわゆるクラウドソーシングで仕事を受注していく方法が簡単です。

ネット上で簡単に仕事の受注・報酬の受取ができるんですよね。

WEBコーディングの需要はとても多いので、クラウドソーシングで自分のコーディングのレベルに合った仕事を受注していけば収益を稼いでいくことができるようになります。

やればやるだけ収益を稼いでいけますが、副業として働く場合も、早期リタイアした後でも働き過ぎて自分の時間を失わないように注意が必要ですね。


 WEBコーディングを独学する方法

サービス名サービスの特徴
ProGateプログラムを書きながら学んでいける
ドットインストール動画を見ながら学んでいける

どちらもオンラインでプログラミングを独学していけるサービスとなります。

ProGateは初心者向けになっていて、実際にプログラムをタイピングしながら学んでいけるので勉強効率がとてもあがりますね。

無料でも利用できますが学習できる範囲が大きく制限されていますので、有料会員(月額980円)になって必要なことを全て学習できるようにするべきです。

ProGateはゲーム感覚で進めていけるからモチベーションが続きやすいですよね!

 

ドットインストールは全て3分以内の動画に収められているので気軽に視覚的に学習していくことが可能です。

ドットインストールも有料会員(月額980円)がありますが、無料でも充分にプログラミングを学んでいくことができます。

しかし少しレベルがあがるので、プログラミング完全初心者ならProGateで始めた方がよいでしょう。

 

オンライン完結型プログラミングスクールでモチベーションを上げる

本気でプログラミングを勉強して副業収入を稼ぐ・早期リタイアを目指したいなら、オンラインプログラミングスクールの受講をして収益までの近道をすることをおすすめします。

 

WEBコーディングはProGateやドットインストールのオンラインプログラミング学習サービスでの独学でも収益を稼ぐレベルまでもっていくことが可能です。

しかしプログラミングを独学している人の挫折率は90%以上だと言われています。

ほとんどの人がプログラミングで稼げるようになるまでに諦めてしまうんですね。

独学だとどのようにして勉強していいか分からず、自分が成長しているのかも実感しにくいため挫折しやすいんですね。

ですからProGateやドットインストールを活用すれば、学習方法や自分のレベルもある程度確認できるので挫折しにくくなります。

しかしそれでも独学だと限界があります。


 プログラミングを独学していくデメリット

  • 分からない所があっても聞くことができなくてつまづきやすい
  • 勉強する時間を自分で作れない
  • モチベーションが続きにくい

プログラミングの勉強だけの話ではなく、何においても独学だとこれらが障壁となり諦めてしまいやすいですよね。

自分の時間を調整しながら独学していくのは難しいですよね・・・。


 オンラインプログラミングスクールで収益までの近道をしよう

プログラミングを独学していくときのデメリットを解消し、挫折せずに収益を稼いでいけるようにするためには、やはりプログラミングスクールの受講をおすすめします。

ただしプログラミングスクールだと学習場所の問題もありますで、おすすめなのは完全オンラインで完結する『TechAchademy』です。


 完全オンラインスクール『TeckAcademy』のメリット

  • 自宅で受講することができる(完全オンライン完結型)
  • 教材が初心者でも分かりやすい
  • 週2回のメンターとのビデオチャットでのサポート
  • 分からない所はメンターに無制限に質問ができる

自宅での独学と、プログラミングスクールの両方のメリットがあるわけですね。

分からないところはいつでもメンターにチャットで質問することができるので、初めてのプログラミングでつまづくこともありません。

プログラミングスクールなので受講料は高くつきますが、それがモチベーションとなり挫折せずに続けていきやすくなりますし、プログラミングスクールは個人で収益を稼げるようになるまでの近道となります。

収益を稼げるようになればスクール代の元もすぐに取れますので、本気でプログラミングで稼いでいきたいという気持ちがあるなら、TechAchademyの受講をしていきましょう。


 まずはTeckAcademyの無料体験から始めよう

いきなりプログラミングスクールを受講するのは不安という人は、TeckAcademyは1週間の無料体験ができるのでそちらから試してみてはいかがでしょうか。

無料体験ではHTML・CSS・JavaScirptの基本を学んでいけるのでWEBコーディングで収益を稼いでいきたい人にはちょうどいいですね。

メンターとのビデオチャット体験もできるのでとてもお得ですね!

無料体験でWEBコーディングがどういうものなのか、オンラインプログラミングスクールは自分に合うかどうか試してみることをおすすめします。

 

第二新卒での転職で仕事に行きたくない原因を解消

まだ新入社員という立場を活かして第二新卒枠で転職をして現状を改善するという手段もあります。

新入社員の頃から仕事に行きたくないと思ってしまっているぐらいなら、思いきって転職をすることを考えたほうがよいでしょう。

第二新卒とは?

就職してから1年~3年以内で就職活動することです。企業によって第二新卒枠で臨時的に募集をかける場合があります。

第二新卒なら最低限のビジネスマナー等は備えていて、かつ企業風土にも馴染みやすいので企業側からしても教育コストを下げられるため積極的に採用をしています。

30代・40代となると転職市場での自分の相場はどんどん下がっていきますが、まだ20代でさらに第二新卒の枠になるなら需要は多く、自分を積極的に売り出していくことが可能です。

第二新卒枠での求人も年々増えていますものね!

就職活動をしていたときはまだ社会経験もなくて自分がどのような仕事に向いているか分からなかったし、とりあえず内定を取るだけで精一杯でしたから、今の会社に合わず仕事でうまくいかなくても仕方ありません。

ですから今度は新入社員として働いた経験から自分に向いている仕事を自己分析し、転職することで今の辛い仕事から脱却していきましょう。


 今の仕事より全ての条件を上げる転職は不可能

転職をするといっても今の会社より全ての条件を上げていくことはできません。

給料も上げて、休日の日数も増やして、残業もなしで、仕事のやりがいも増やして・・・とはできないんですね。

ドラゴン桜の続編である転職エージェントを舞台にした漫画の『エンゼルバンク』のなかにも出てきますが、

転職は人生のリセットではなくてチューニング

なんです。

転職をするといっても自分の総合点が上がるような転職マジックがあるわけではないんですね。

自分の持ち点の中で人生を楽しめるようにパーツを組み替えていくことが転職であり、どの条件を優先して転職先を決めるかということが重要なんです。

ですから、

「自分が仕事に行きたくない理由は何なのか?」

「ストレスになっている原因は何なのか?」

をしっかり自己分析して、ストレスを減らして仕事をしていけるように調整(チューニング)して転職先を探していきましょう。


 結婚したいなら早期リタイアではなく転職を

早期リタイアは仕事が嫌いな人にとっては良い逃げ道になりますし、そうではなくても早期リタイアするというのはサラリーマンにとって一つの夢でもありますよね。

しかし早期リタイアを目指すと普通に結婚をして子供を作るのは難しくなります。

自分の生活費だけで一杯一杯ですし、早期リタイアを目指している・早期リタイア中の自分を認めて結婚してくれる人もそういないですしね。

ですから結婚願望があるなら転職をすることで現状を改善することを検討していきましょう。

 

転職エージェントを活用して自分に合った転職をしよう

「第二新卒で転職をしたいけど、また企業選びで失敗したらどうしよう・・・」

と不安なら、『転職エージェント』を利用しましょう。

転職エージェントなら、転職のプロのキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を完全無料でサポートしてくれます。


 転職エージェントを利用するメリット

  • 登録から採用まで完全無料で利用できる
  • 対面やメールなどで転職についての面談や相談ができる
  • あなたに合った非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接の日程や給料などを企業側と交渉してもらえる

転職へのアドバイスをもらいながら転職活動に必要なことは全てサポート・仲介してもらえるので、あなたは企業との面接に集中できるというわけです。

転職サイトなどには掲載されていない『非公開求人』を沢山持っていますので、あなたに合った求人をピンポイントで紹介してもらえます。

転職サイトの約10倍の求人数ですものね。

その企業がどのような人材を求めているのかが把握できるのも転職エージェントを利用する強みですね。


 転職エージェントは完全無料で利用できるので利用しないと損

転職エージェントへの登録から採用まで完全無料で、一切お金を支払わずに利用していくことができるんです。

どうして無料で利用できるんですか?!

転職エージェントは採用が決まった企業側から成功報酬として手数料を受け取っていくので、利用者はお金を一切支払わずに利用ができるわけです。

たしかに無料だと逆に不安・なにか裏があるんじゃないかと疑いたくなってしまいますが、転職エージェント側は『採用された年収の条件の〇割の手数料を企業から受け取る』『入社してすぐに採用者が退職した場合は手数料を企業に返金』となるため、

  • 転職エージェント側 = 利用者の条件に合う企業に採用されて、長く働いてもらうことで企業から手数料を稼ぎたい
  • 利用者側 = 無料で利用したい、自分に合う企業でさらに年収も上げたい

といった風にお互いの利害関係が一致するんです。

企業側にも、条件に合った人材を時期に関係なく採用できるというメリットがあるわけですね。

転職エージェントが企業から受け取る手数料は、決してあなたの年収から引かれるわけではありませんので安心して無料で利用できるというわけです。

 

転職エージェントを利用すればあなたの良い所を最大限に活かしてくれて、かつ面倒になってしまって途中で辞めてしまいやすい転職活動を最後まで続けやすくなります。

転職エージェントを利用するのはなんだか不安だと思うかもしれませんが、転職でまた企業選びに失敗して完全に仕事が嫌になってしまうことを防ぐためにも、転職エージェントを最大限に活用してまた一から社会人をやり直していきましょう。


 業界トップクラスの非公開求人数のリクルートエージェント

おすすめの転職エージェントは転職成功実績No.1である『リクルートエージェント』です。

業界トップクラスの求人数であり、一般向けには公開されていない非公開求人数が10万件という国内最大手の転職エージェントです。

「今すぐ転職したい!」という意思が強いなら今すぐ無料登録して実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けて転職活動を行っていくべきですね。

転職サイトである『リクナビNEXT』と一緒に登録しておくと便利ですよ。

 

今すぐ転職が不安なら転職サイトに登録だけでもしておく

転職は人生の大きな転換となるため、今の環境を変えたいという気持ちがあってもそう簡単には決断できませんよね。

しかし今すぐ転職する気がなかったとしても、とりあえず転職サイトに登録だけでもしておくことが大切です。


 転職サイトに登録するメリット

  • 完全無料で利用できる
  • 多くの求人数の中から自分で求人を選ぶことができる
  • 登録した後も自分のペースで転職活動していける
  • スカウト機能を使えば企業側の方から直接オファーが来る

転職サイトに登録だけしておけば、どのような求人があるのか確認することができますし、またあなたにあったおすすめの求人がメールで送られてきます。

そのような転職の求人情報をストックしておくだけでも、いざという時に転職という選択肢をとっていくことができるようになります。

 

いざ転職したいと思ったときに、1から全部調べていかないとなると面倒になってしまい転職を諦めてしまいやすいです。

ですので今は転職をする気がなくても、あらかじめ転職サイトに無料登録だけしておくことで将来の選択を増やしていくことが大切です。


 とりあえず登録するなら転職者の8割が登録しているリクナビNEXT

おすすめの転職サイトは転職者の約8割が利用している人気の大手転職サイト『リクナビNEXT』です。

掲載求人数が1万件前後ととても多く、そのうちリクナビNEXTにしか掲載されていない限定求人が85%もあります。

スカウト機能も優れており、登録&利用が完全無料なのでとりあえず登録しておいて間違いがない転職サイトですね。

5分程度で簡単に無料登録できるので、仕事に行きたくないと悩んでいる現状を改善していきたいという気持ちが少しでもあるなら登録だけでもしておくことで、転職への準備、またいざとなったら転職すればいいんだという精神安定剤にしていきましょう。

 

新入社員から貯蓄をすることで将来の選択肢を増やす

新入社員の頃から仕事に行きたくないと悩んでいるなら、思いきった行動を起こさないと問題の先送りをしているだけで解決は難しいです。


 仕事に行きたくないのを解決する方法

  • 30代・40代での早期リタイアを目標にして耐えていく
  • 自分に合っている仕事に第二新卒枠で転職をする
  • 本当に追い詰められた時のために、貯金や副業収入を増やしていく

入社した会社に対する不満ではなくて、仕事自体が苦痛だという人は30代~40代での早期リタイアを目標に貯蓄を始めれば、モチベーションもあがり何とか仕事を続けていくこともできるはずです。


 早期リタイアを目指さなくても貯金や副業収入を作る事は大切

さすがに早期リタイアまではする気はないという場合も、仕事が嫌なら新入社員の頃から貯蓄をしていくことは大切です。

今は早期リタイアする気がなくても、本当に仕事に追い詰められたときに貯蓄があれば早期リタイアをすることができます。

また仕事を辞めてしばらく自分を見つめ直す期間を作れるなど、貯蓄があることでいざという時の選択肢を増やすことができますからね。

仕事に追い詰められて、お金もないとどうしようもなくなってしまいますものね…。

 

またブログ運営やプログラミングで安定した副業収入を稼げるようになれば色々な場面で強いですよ。

早期リタイアからのセミリタイア生活での安定収入となりますし、

「楽な仕事に転職したいけど、年収が大幅に減って生活が苦しくなってしまうからどうしよう…」

と思い止まってしまう場面でも、副業収入があれば年収が下がってしまう転職も決断しやすくなりますしね。

もし仕事を続けているうちに、今の仕事を何とか続けていけそうとなった時も、副業収入があれば単純に生活水準を上がって幸福度をあげてくれますしね。

新入社員の頃から仕事に行きたくないと悩んでいるなら、貯蓄・副業収入をしていくことで将来の選択肢を増やしていきましょう。

 

仕事に行きたくないのに無理をして続けていると、いづれかは休日にもどこにも出掛ける気力がなくなくなり、鬱状態となってしまいます。

そうなる前に行動を起こしていくことで、たった一度の人生を棒にふらないようにしていきましょう。