セミリタイア

平日休みの職業って何があるの?自分に合う仕事を探して快適生活を送ろう

平日休みの職業は男性女性関係なく多い

「平日が休みだと思いっきり遊べて良さそうなんだけど、平日が休みの仕事ってどんな職業が多いんだろう?」

平日休みだとどこに行っても人が少ないし、ストレスもなく快適に遊べるので気持ちいいですよね。

 

今回の記事では平日休みの仕事について就職・転職するうえでの参考になるように紹介していきますね。


 今回の記事のまとめ

  • 平日休みの仕事ってどのような職業があるのか紹介
  • 平日休みのメリット・デメリットについて
  • 平日休みの職業の割合は〇〇%と結構多い
  • 泊まり勤務制の仕事だと自由な時間が多くてお得

平日休みの快適さを一度覚えてしまうと別の職業にはつけなくなってしまいますよ。

自分に合っている平日休みの職業を見つけて快適生活を送っていきましょう!

 

平日休みの仕事ってどんな業種?

土日祝日が稼ぎ時だったり、年中無休な職業が必然的に平日休みになりますね。

ただどの職業も平日のみの休みではなく、土日にも休みが入ってくる場合が多いです。


 平日休みの職業リスト

  • 販売業・接客業などのサービス業
  • 年中無休の仕事全般
  • 鉄道や航空などの交通系
  • 消防士・警察官
  • 工場勤務

ここにはあげていませんが、自分自身で休日を決められる自営業も平日休みの場合がありますね。

 

販売業・接客業などのサービス業

販売業、サービス業は平日休みの職業が多い

土日祝日が稼ぎ時となる販売業・接客業は平日休みがメインになります。


 平日休みになる販売業・接客業

  • 百貨店などのショップ販売員
  • 飲食店店員
  • 宿泊施設スタッフ
  • レジャー・アミューズメント施設スタッフ
  • 自動車のディーラー
  • ガソリンスタンド店員
  • 美容師
  • 不動産屋
  • 旅行代理店

主な職業をあげましたが、土日に遊びに出かけても開いているお店などは必然的に平日休みになるわけです。

販売・接客業だと土日祝日が稼ぎ時となるため平日の休みがメインとなりますが、会社によっては土日に休日が入る場合もあります。


 販売業で土日が休日になる場合のパターン

  • 隔週で土日に1日だけ休みが入る
  • 月に数回だけ土日に休みが入る
  • 土日は全く休めない完全平日休み

従業員の人数によっても変わってきますので、土日にも休みが欲しい場合はしっかり募集要項をみておくべきですね。

 

年中無休の職業(医療関係や保育園など)

年中無休な生活インフラは平日休み

曜日や繁忙期も関係なく、年中無休で私たちの生活を支えてくれる職業も平日に休みが入ってきます。


 年中無休で生活を支える平日休みの職業

  • 電力・ガス会社の設備・保安担当
  • 医療関係
  • 介護士
  • 葬儀屋
  • 運送・引っ越し関係

主にシフト制となり、土日・平日の両方に休日が入ってきます。


 条件によっては平日休みになる職業

  • 保育士
  • 警備員
  • コールセンタースタッフ

最近では土曜日も保育を行っている保育園がほとんどなため、保育士の場合は日曜と平日のどこかに休日という場合が多くなっています。

場所によっては日曜や祝日も開いている保育園もありますものね。

警備員やコールセンタースタッフは会社によっては完全土日休みの場合もありますね。

 

鉄道や航空会社などの交通系

鉄道系の職業は泊まり勤務がありおすすめ

鉄道、航空、バス、タクシーなどの交通系の営業職・乗務員だとシフト制で不規則な勤務になるため、平日や土日にバラバラに休日が入ってきます。

数か月先の休日が分からなく予定が立てづらいというデメリットもありますが、早めに有給の申請をしておけば休みを取りやすいというメリットもあります。

 

鉄道・航空会社の営業職・乗務員などは24時間勤務の3交代制となります。


 24時間勤務の3交代制とは?

泊まり非番休日泊まり非番休日

非番とは泊まり勤務の翌日朝に勤務が終了した日のことで、体を休めるための休養日となります。

勤務のローテーション次第で平日が休みにも、土日が休日にもなるわけです。

 

24時間勤務といっても休憩時間や仮眠時間も入ってきますが、長時拘束となり向き・不向きが大きく出るので注意しなければなりません。

ただし泊まり勤務だと翌日は非番となり、ほぼ1日が実質休日みたいなものになるので、自分の時間が沢山欲しいという人にはおすすめの職業でもあります。

 

消防士・交番勤務の警察官

平日休みの職業である警察と消防

交番勤務の警察官や消防士も主に24時間勤務での3交代制となります。

ですので平日・土日関係なくローテーションで休日が決まってきます。


 警察・消防の場合は非番でも呼び出しに対応できる体制が必要

泊まり勤務の翌日は非番となりますが、警察官や消防士の場合は非番でも非常時には緊急呼び出しされる場合があります。

非番の場合でも遠出せずに、いつでも呼び出しに対応できなければいけません。

非番は自宅や近場に出かける程度の身体を休める休養日としなければなりませんね。

 

二交代制・三交代制の工場勤務

交代制の工場勤務なら平日休みがある

工場勤務はシフト制となっているため、土日も稼働している工場の場合は平日にも休みが入ってきます。

工場勤務は主に2交代制か3交代制のシフト制となっています。


 工場勤務の2交代制と3交代制の違い

日勤準夜勤夜勤
2交代制9:00~21:0021:00~9:00
3交代制9:00~17:0017:00~1:001:00~9:00

どのようなシフト制になっているかは会社によって変わってきます。

日勤や夜勤などが週替わりとなりますので体調管理に注意しなければなりませんね。

 

平日休みの仕事のメリット・デメリット

平日休みだと、通常の土日が休みだと体感できないさまざまなメリットがあります。


 平日休みのメリット

  • どこも混雑していなく快適に遊べる
  • 平日料金で安く遊べる
  • 病院や行政サービスもいつでも利用できる

平日休みな職業は少ないですから、どこのレジャー施設や買い物などに行っても貸し切りに近い状態だったりと、快適に遊べるのが平日休みの大きなメリットですね。

旅行に行っても平日料金で交通費や旅館代等が安くなりますし、前もって予約をしなくても思い付きで旅行に行けてしまうのも平日休みならではです。


 平日休みのデメリット

  • 長期連休が取りにくい場合がある
  • 休日が不規則な場合がある
  • 土日が休みの友人と予定が合わない
  • 子供が大きくなった時に家族サービスしにくい

年中無休の仕事ですから、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆などの繁忙期が稼ぎどきな販売業やサービス業などは長期連休はほぼとれません。

ただし忙しくない閑散期だったり、繁忙期など関係ない業種なら人員との兼ね合いもありますが長期連休をとることもできます。

繁忙期を避ければ有給を消化しやすいところもありますしね。

 

平日休みといっても大抵の職業は土日にも休みがある

平日休みなら、同じく平日休みな友人を作ったり家族との向き合いかたも考えていかなければなりませんね。

しかし平日休みといっても、

  • 平日に1日休み、土日に1日休みというパターン
  • 週によって休日の曜日が変わってくるパターン
  • 不規則な勤務で平日と土日にランダムに休日が入ってくる

など完全に平日だけの休みではなく、土日にも休みが入ってくる場合が多いですね。

土日にも休みがある業種を選べば、平日休みと土日休みの両方のおいしい所取りができますよ。

 

平日休みのメリット・デメリットについては『平日休みのメリット・デメリットって?その魅力と対策について徹底解説』で詳しく紹介していますので、就職・転職の際の参考にしてください。

平日休みにしかできないこと
平日休みのメリット・デメリットって?その魅力と対策について徹底解説平日休みはどこに行っても混雑していなく快適な休日を送ることができおすすめです。そんな平日休みの職業に就く上でのメリット・デメリットについてと、失敗しないための対策法について紹介していきます。...

 

平日休みと土日休みの職業の割合(男性・女性別)

平日休みの人の割合は約37~40%になります。

平日休みな職業の人って結構多いんです。


 勤め人の休みの曜日(複数回答可)

全体5%4%6%4%3%48%63%
4%3%5%3%2%51%67%
6%6%7%6%5%45%57%

※NHK 2015年 国民生活時間調査より

休日が決まっていない人:33%(男:29%・女:38%』となります。

平日休みが少なく見えますが、休日が決まっていない人は不規則な勤務となり平日にも休みがある職業となりますので、その人たちもいれれば平日休みの割合が増えますね。


 仕事をしている曜日

平日土曜日曜
全体88%55%37%
91%55%39%
84%54%34%

平日休みの正確な数字はだせませんが、この2つの表から察するに平日休みの割合は37~40%程度と推測されます。

『自営業者』『販売業・サービス業』の平日休みの割合がとても高くなっています。

結構、平日休みの職業って多いんですね!

確かにこうして全体の休日のデータを見てみると、平日休みの割合も結構高く感じますね。

平日に外出するとそんなに平日休みの人が多いとは感じないのは、

  • 平日に1日休み、土日に1日休みというパターンが多い
  • 平日休みといっても休みが月曜~金曜の5日間に分散される

といった理由になります。

 

泊まり勤務の仕事は非番を含めて自由な時間が多い

泊まり勤務には仮眠時間がある

交通系や警察・消防の仕事などは泊まり勤務もあるので向き・不向きがありますが、非番(明け番)を活用すれば自由な時間が多い職業でもあります。

不規則な勤務にはなりますが平日・土日の両方に休みが入り、平日にたまたま連休が入り旅行などにもいきやすいというメリットもあります。

夜勤手当が貰えるっていうのも大きいですよね!

 

交通系や警察・消防などは24時間稼働していますが、工場のような交代制ではなく泊まり勤務がメインになります。

もちろん担当によっては通常の日勤勤務もありますよね。

泊まり勤務の次の日は非番となります。

午前中には仕事が終わりその日はフリーとなるので実質休日と同じように遊ぶことができるわけです。


 泊まり勤務のスケジュールの例

非番休み非番休み休み

実際には泊まり以外の勤務が入ってくる場合もありますね。

 

泊まり勤務といっても働き通しというわけでもなく、休憩時間や3~4時間の仮眠時間が入ってきます。

しかしそれでも24時間勤務だと疲労がだいぶ貯まるので、非番でも遊びにでかけるだけの余裕がないという人も多いです。

非番で家に帰ってから疲れているからと仮眠すると夕方になってしまいますものね…。

非番でも元気に遊びにでかけるだけの体力・気力がある人にとっては、非番・休日と続けば2連休みたいな感じになるため、

「自分の時間を沢山もって色々楽しみたい!」

という人には泊まり勤務の仕事は最高ですよ。

ただし、不規則な勤務になるので体調管理には気を付ける必要がありますね。

 

自分に向いている平日休みの正社員を見つけよう

平日休みの職業って全体の37~40%程度と結構多いものです。

土日でもあちこちで楽しく遊べたり、日々の生活が不自由なく送れるのも土日も働いたり、24時間働いてインフラを支えている人たちのおかげですからね。

 

平日休みだとさまざまなメリットがありますが、サービス・販売業が多かったり、泊まり勤務だったりなど特殊な職業が多かったりしますので働くにしても向き・不向きがあります。

シフト制勤務で休日が不規則な場合が多いですものね。

平日休みはとても魅力的ですが自分に向いていない職業を選んで失敗してしまわないように、しっかり業種を選定して平日休みを満喫していきましょう!