セミリタイア

時間は有限であるから悩んでいないでさっさと早期リタイアしたほうが良い

時間は有限であるから悩んでいないでさっさと早期リタイアしたほうが良いセミリタイアする時は、本当にこの資産でやっていけるのかみんな不安に思うものである。

私も想定していた退職時期より4年早めたので、資産的にはかなり不安がある。

しかし、それでも年内のセミリタイアを決意したのは、仕事が辛くてこれ以上続けていけないという理由と、

『時間が勿体ない!』

からだ。

お金はいくらでも稼げるが時間には限りがある

FIRE流行のキッカケとなった本で、この本の中の4%ルールが特に取り上げられているが、私がこの本のなかで印象に残っているのが、

お金はいくらでも稼げるが時間は有限である

ということだ。

お金は低年収だとしても働けば働くほどお金を稼ぐことができる。

50年、100年、200年と働けば(さらに資産運用すれば)誰でもお金持ちになれるのである。

しかし、それができないのは、

人間は寿命がある = 時間は有限

からだ。

要は『時間はお金より重い』のである。

早期リタイアを先延ばしにしていると貴重な時間を損している

セミリタイアする時に資金面が不安だからと、セミリタイア時期をあと1年…また1年と引き延ばしていってしまいやすいものだ。

しかし、そうしていると、お金では買えない『時間』を無駄に浪費してしまうことになるということを胸に置かなければならない。

お金持ちがいくらお金を使っても手に入らないのが寿命=時間なのだ。

漫画やアニメの敵キャラがよく不老不死を求めているが、それくらい時間って有限であり大切っていうことである。

せっかく早期リタイアするなら少しでも早く実行したい

セミリタイア後の資金面のことで慎重になることも大切だが、セミリタイアを先延ばしにしていると一番大切な時間をそれだけ無駄にしていることもしっかり考慮しよう。

お金がいくらあっても寿命はたいして延ばせないが、早期リタイアすればそれだけ何にも囚われない自由な時間を手に入れることができる。

せっかくセミリタイアするのだから、遊びまくるための時間を少しでも多く作っていくべきだ。