セミリタイア

もう転勤なんてしたくない!辛い仕事を辞めるための2つの方法を紹介

転勤が多く仕事を辞めたい

「転勤ばかりで結婚なんてまともにできない!」

「このまま転勤がずっと続くのかと将来が不安になる」

転勤が2年~3年おきにあるような業種だと生活がかなり限定されて普通の幸せを求めるのも難しいし、

転勤といっても全国転勤がある会社から比較的狭い範囲内での転勤になる場合がありますね。

 

私はもうすでに6回も転勤しており精神的に消耗しきってしまっています。

転勤による将来の不安をなくすためには、やはり仕事を辞めるしかありません。

 

今回の記事のポイントは

転勤で精神的に追い込まれたら転職・セミリタイアという選択肢を考える。

ということです。

いざというときに仕事を辞めるという選択肢を取れるようにするためには貯蓄が大切です。

 

大切な人生を転勤で棒に振らないように、追い込まれる前から準備をしていきましょう。

 

いつまた転勤になるかというストレスで憂鬱になりやすい

転勤が多い業種だといつ次の転勤を言い渡されるか分からず、常に不安がつきまといますよね。

そもそもなんで転勤が必要なのかな?

会社側からしたら頻繁な転勤でマンネリ化や不正を防止し社員のスキルアップを図る狙いがあるんでしょうが、社員側からしたら転勤は大きな負担となります。

 

安定した生活を送るためには同じ場所にずっと住むことってとても大切です。

スキルアップなどが目的だとしても転勤じゃなくて人事異動ですませて欲しいものですよね。

しかしそううまくはいかないものです。

 

転勤が多い仕事に就いていると

  • 今の職場がとても良い環境だけど、いつまでここにいられるか分からず不安
  • 今の職場の環境が悪くて転勤したいけど、さらに悪い環境に転勤になるかもしれず不安

と、どのような状況でも転勤にたいする不安は尽きません。

同じ職場に戻るということはほぼないため、地元には二度と戻れないということもありますしね。

 

転勤が多いと

  • マイホームを建てられない
  • 引っ越し代がかさむ
  • 長時間通勤
  • 結婚も難しい
  • 転勤のたびに仕事を0から覚えなおし
  • 人間関係も0から築きなおし
  • 既婚の場合、家族も帯同・もしくは単身赴任
  • 転勤のたびに仕事を0から覚えなおし

などの多くのデメリットもありますし、転勤が原因で仕事を辞めたい考えてしまいますよね。

 

転勤も覚悟して入社はしているはずですが、実際に転勤を繰り返しているうちにあまりにも転勤による生活への影響が強すぎて入社を後悔してしまうのは仕方ありません。

 

転勤が出世にも繋がらないし拒否も出来ない

転勤によるキャリアアップ

転勤がキャリアアップにともなうものであればまだ精神的には楽ですよね。

転勤を何回か重ねていくことで出世・自分のやりたい仕事をしていけるようになるのであれば転勤も我慢できます。

 

ただそうではなくスキルアップなどの名目でただ無闇に2年~3年おきに転勤が発生し、退職するまでそれが続いていくような状況では仕事へのモチベーションを保つことができません。

50代既婚のベテラン社員も同じように転勤をし続けている様子をみていると将来に何も期待をもてないですよね。

 

  • 転勤がしたくなくても転勤を断ることはできない
  • 既婚やマイホーム所持も関係なく遠方へ転勤

転勤の意思も関係なく、家庭環境さえも関係なく転勤はやってきます。

そのような状況を脱却するためにはやはり今の仕事を辞めるしかありません。

 

転勤で不安な毎日から脱却するために転職をする

今の転勤の多い仕事から脱却するためには転職がまず1番の選択肢になりますね。

 

転職するには大きな決断が必要となりますが、転勤の不安を常にもつぐらいならいっそのこと辞めてしまうほうが良いでしょう。

今の会社に無理をして居続けても状況は今後もいっさい変わりませんし、自分の大切な人生を棒にふってしまうのはもったいないです。

転職するのも新しい会社でやっていけるか不安だけど、転勤も結局同じようなものですよね。

 

転勤のない仕事に就くことができれば、安定・安心感のある今までとは違った人生送ることができます。

退職した場合は失業保険を受けることができます。

失業保険の給付を受けながら転職先を探せるっていうわけですね!

ただし転勤を理由に退職する場合でも『自己都合退職』扱いとなります。

仕事を辞める際は退職の理由で『自己都合退職』と『会社都合退職』に分類されます。

会社都合退職とは?

リストラ・定年退職や早期優遇退職制度など会社側の理由により仕事を辞める場合は会社都合退職となります

そのほかの自分の都合による退職は全て『自己都合退職』となるわけです。

 

自己都合退職と会社都合退職の場合で失業保険を受けられる期間が変わってきます。

また1日当たりの基本手当日額は最大7,810円となります。

基本手当日額は直近6か月の給与から計算されます。

失業保険の給付期間給付金合計(最大)
自己都合退職150日(5か月)約120万円
会社都合退職330日(11か月)約260万円

自己都合退職と会社都合退職とで大きな違いがでてきますね。

 

転勤を理由に退職した場合は最大5か月間失業保険を貰えるというわけです。

一か月あたり最大24万円の給付金が貰えるので、失業保険の給付期間は給付金だけで生活していくことが可能ですね。

平均的な給料の30代のサラリーマンが自己都合退職した場合は、失業保険120日・月17万円程度の給付を想定しておいたほうが良いでしょう。

 

突然の転勤を言い渡されてもし貯蓄がない状態で仕事を辞めてしまっても、失業保険を貰いながら転職先を探していくことが可能です。

転職活動で内定がもらえるまでの平均が1~3か月というデータがあります。

それなら自己都合退職による失業保険の給付期間中に内定が決まりますが、内定が決まっても入社日まで期間が開く場合があるので注意が必要ですね。

入社から給料日までも期間が開きますものね。

しかも、転勤のない転職先を探すとなるとなかなか決まらないかもしれません。

ですので、転職活動が長引いたときのことを考えて失業保険だけに頼らずに事前に貯蓄を貯めておきたいですね。

本当に追い込まれる前から準備しておくことが大切ですね!

生活費の3か月~6か月分は貯蓄しておきましょう。

 

しかし転職活動をしていても、今の仕事によっては他の業種にも使えるスキルじゃなくて転職先が見つからないかもしれません。

今と同じ業種になら転職が可能かもしれませんが、同じ業種だと今までと同じように結局転勤が多いかもしれませんよね。

 

そこで、仕事を完全に辞めてしまうという手段もあります。

 

転勤から逃げるためにはセミリタイア生活を目指す

転勤が多いことに悩まされているけど転職も難しいという場合は仕事を辞めてしまうのも最終的な解決策の1つになります。

完全に仕事を辞めてしまうと生活していくことができなくなってしまいますからセミリタイア生活が良いでしょう。

セミリタイアとは?

ある程度の貯蓄を貯めてから仕事を辞めて貯蓄の切り崩しと精神的・時間的余裕を持ちながらの収入で悠々自適な生活を送ることです

 

収入は大幅に減るため贅沢な生活はできませんが、転勤の不安もなく1つの場所で安定して過ごしていけるなら悠々自適な生活といえるのではないでしょうか?

既婚者ならセミリタイアはとても難しくなりますが、独身者ならセミリタイアに必要な資金も大幅に減るため現実的な範囲での貯蓄で仕事を辞めることが可能です。

 

転勤の多い仕事を辞めて安定した生活のためになら最低限の生活費でも暮らしていけるというのなら、30代で1500万~2000万円の貯蓄でもセミリタイア可能です。

平日のサラリーマン
セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた 団塊の世代の大量退職も進んで、人員不足という大義名分で一人一人の仕事の負担が大きくなるばかりですよね。 残業、残業…...

 

いくら転勤したくないといってももう少し余裕のある生活がしたいというのなら、40代で3000万円の貯蓄があれば大分余裕のあるセミリタイア生活を送れるようになります。

独身での老後生活
セミリタイアするためには貯金はいくら必要か?40代独身の場合を検証 「早く仕事を辞めたいけど貯金がいくらあれば良いのか分からない。」 「セミリタイアのために貯金を貯めたけど本当にこれでお金が...

 

私も実際に今の転勤の多い仕事を辞めてセミリタイアすることを目指して節約・貯蓄、セミリタイア後の収入の確保に努めています。

セミリタイア後の働き方としてはアルバイトが主な手段となりますが、それ以外にも

  • 在宅ワークで出来るブログ運営での広告収入
  • インデックス投資での資産運用で不労所得を作る

などでの収入を確保すると余裕をもったセミリタイア生活が送りやすくなります。

 

>>ブログで収入を稼ぐための方法を『ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】』でブログ初心者向けにひたすら詳しく解説していますので、セミリタイア生活のために月5万円以上のブログ収入を稼ぎたいというのなら参考にしてください。

ブログで月5万円の副業収入を稼ぐためのやり方・始め方を徹底網羅
ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】 「給料が少なくて生活に余裕がない…」 「副業で収入を稼いでみたいけど、なにもスキルがないし無理かな…」 ...

 

>>>インデックス投資については『インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明』をご参照ください。

インデックス投資で長期積立
インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!...

 

転勤生活が長く続くと自分が思っている以上に精神的に負担となります。

ですので、実際に仕事を辞めてセミリタイアしようとまで計画はしなくても、本当に追い込まれたときのことを考えて早めから少しづつでも貯蓄をしていきたいですね。

 

転勤が嫌で仕事を退職したいなら貯蓄が大切

将来のための貯蓄を貯める

転勤に悩んでいるなら貯蓄をしていきたいですね。

 

ある程度のまとまった貯蓄があれば追い込まれたときに

  • 仕事を辞めて転職先を見つけるまでの資金になる
  • 仕事を完全に辞めてセミリタイアするための資金になる

といった選択肢を選ぶことができますからね。

 

どうしても行きたくない転勤先を言い渡されたときに貯蓄が全くないと何も行動ができず言われるがままに転勤するしかなくなります。

転勤に悩んでいてこのまま今の仕事を続けていて良いのか?と仕事を辞めたいという気持ちが少しでもあるなら、まずは貯蓄をすることから始めていざというときのための準備をしていきましょう。