セミリタイア

転勤族の独身者ってどんな生活?転勤に振り回されないためのポイント

転勤族の独身の生活は寂しい

「就職・転職したい企業が転勤ありなところなんだけどどのような生活になるのか心配…」

転勤は色々な土地を経験できるというメリットよりデメリットのほうが圧倒的に多いです。

独身だと転勤を優先的にさせられてしまうのか、またどのような生活をしているのか不安になりますよね。

 

転勤が多い業種の独身族がどのような生活になるのかをしっかり把握せずに就職・転職してしまうと転勤に振り回された人生になってしまい何も楽しめなくなってしまいます。

 

今回の記事では独身の転勤族がどのような生活をしているのか紹介していきます。

今回の記事のまとめは以下の通りです。

  • 転勤族ならではの休日の楽しみかたを探すことが大切
  • 独身者も既婚者も関係なく転勤させられる

転勤の多い業種は家庭の条件など関係なく転勤を言い渡されます。

転勤をしたくなくてもつきまとってくるわけです。

しかし独身の転勤族ならではの休日の過ごし方を探していくことで転勤族でも楽しんでいくことができるようになります。

 

転勤族の独身者の生活を知り転勤をあらかじめ受け入れることで、自分のやりたい仕事をしていけるようにしましょう!

 

転勤族の一人暮らしの休日は寂しいか?

転勤族だと1人で完結するような趣味で休日を過ごすことが多いです。

自分から積極的に動かないと交友関係をもてないので必然とそうなりやすいのですが、それを寂しいと思う人もいるかもしれません。

 

転勤族だと大学時代など昔からの友人と休日を過ごすのいうのは難しいです。

転勤のたびに人間関係をリセットされ、知らない土地に飛ばされるわけですからね。

 

同じ職場に同期がいて趣味があえば一緒の休日を過ごすこともありますが、あくまで仕事仲間ですからあまり深い付き合いにはなりにくいです。

知らない土地で新しい人間関係を築こうと思っても待っているだけじゃ出会いが全くないから難しいですね。

確かに0の状態から友人を作っていくのって難しかもしれないですね…。

 

地方に転勤すると楽しめるものが少ないため、どのような土地に転勤しても楽しめる趣味を作っておくことが大切です。

  • ウォーキング・ジョギング
  • 読書
  • ゲーム
  • ネットサーフィン
  • ネットでのスポーツ観戦
  • 定額動画配信サービス視聴

などならどのような土地でも楽しめるし、お金もかからない趣味なためおすすめです。

お金のかからないおすすめの趣味については以下の記事をご参考にしてください。

老後にお金のかからない趣味
老後のためのお金のかからない趣味11選【悠々自適な生活のために】定年退職後の退屈な生活をどう過ごすかが悠々自適に過ごせるかどうかの分かれ道です。収入の少なくなる老後でも気軽に始められて生涯遊べるお金がかからない趣味11選を徹底公開します。趣味に没頭する事で認知症予防をし楽しい老後人生を送りましょう。...

 

何も楽しめるものがないと、パチンコ・競馬などのギャンブルや酒にハマってしまう人がとても多いので注意が必要ですね。

 

私はスノボを趣味としていましたが転勤先によってはスキー場までいきづらくなって楽しめなくなってしまった時期がありました。

場所が限定される趣味は避けたほうが良いってことですね!

転勤が多い仕事に就いていると、どうしても一般的なサラリーマンと同じように休日を過ごしていくことが難しい場合があります。

 

転勤族の休日は社会人サークルへの参加がおすすめ

1人だと寂しいというのならスポーツを通して出会いを作るというのもおすすめです。

知らない土地でもSNSや掲示板などを活用すればスポーツの初心者用の集まりなどに参加していくことも可能ですよ。

 

おすすめの社会人サークル募集サイトです。

全国各地でさまざまなスポーツのサークルがあるので自分に合ったサークルを選ぶことができます。

 

一人で社会人サークルの中にいきなり入っていくのは怖いと思うかもしれませんが、社会人サークルに入る人って

  • スポーツを一緒にやれる仲間がいない
  • 休日に何もすることがなくて退屈

などなど、同じような悩みをもって参加している場合が多いので溶け込みやすいですよ。

どうしても不安というのなら、できたばっかり・これから作りますよという新しいサークルを狙うと気軽に参加しやすいのでおすすめです。

 

室内でできるスポーツは小学校などの体育館を借りて使用する場合が多いです。

  • フットサル
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 卓球
  • バドミントン

などの室内スポーツですね。

小学校などの体育館はかなり安く借りることができるため、人数で割れば一人一回当たり300円~500円で参加できるのでかなり安上がりな趣味になります。

女性や初心者でも参加しやすいのが良いですよね!

昔に比べて参加するまでの過程もとても楽になり、コストもとてもやすいので転勤族で休日が寂しいときは社会人サークルに参加すれと良いですね。

 

個人参加型フットサルなどの常設プログラムでのスポーツ参加

また、私は趣味としてフットサルをやっていましたが、フットサル場で知らない人たちが特定の時間に集まってフットサルをするという個人参加型フットサル(通称:個サル)に参加してました。

 

個サルの特徴は以下の通りです。

  • その場に集まった人達でチームを組み試合を楽しむ
  • 週に数回開催
  • 2時間程度
  • 1回1000円~2000円

通常の個サルには経験者が多いですが、未経験用のフットサルクリニックも同じように開かれているので初心者や女性も気軽に参加しやすいものもあります。

フットサルクリニックだとワイワイやれるので仲良くなりやすいですね。

 

知らない土地でも気軽に参加できますし、同じ趣味をもつものたちが集まりますから気が合い交流を続けていきやすいです。

社会人サークルと違って、もし駄目そうならすぐ辞められるのも良いですね。

SNSを利用しなくてもこういう個人でも参加しやすいプログラムを探せば結構見つかりますね。

もしそれでも気の合う仲間が見つからなくても、気軽にスポーツを楽しめて休日の寂しさもなくなるのでおすすめですね。

 

定期的に環境と人間関係をリセットされてしまいますから、そのような環境でも腐らず楽しんでいくために

  • 新しい土地でも友人関係を築いていく手段の確立
  • どのような土地でも楽しめる趣味をもつ

といった2つの手段でやっていきましょう。

 

独身・既婚関係なく転勤させられる

既婚者の転勤による引っ越し

独身者だから優先的に転勤させられるということはなく、既婚者も同じように転勤を言い渡されます。

 

むしろ既婚者のほうが転勤をさせられやすいですね。

結婚すれば守るものができますから、遠方に転勤になっても仕事を辞めるわけにはいきませんからね。

マイホームを長期ローンで組んで建てたならなおさらですね。

マイホームを建てた直後に転勤を言い渡され、泣く泣く単身赴任をするというケースもあるため注意が必要です。

結婚してからも転勤させられ続けるのは嫌ですね・・・。

企業による場合もありますので、

  • 結婚後の転勤の頻度はどうなっているのか?
  • 出世すれば転勤はなくなるのか?

といった転勤についての企業研究をしっかり行うべきですね。

 

独身寮・社宅の福利厚生の手当てがあれば持ち家も関係なく転勤

会社によっては、独身寮や社宅が完備されている場合があります。

独身寮や社宅の福利厚生が完備されていると余計に独身・既婚者関係なく遠方転勤させられますね。

持ち家があっても転勤させられますものね。

 

独身寮・社宅の平均家賃は以下のようになります。

  • 独身寮 = 平均10,000~15,000円
  • 社宅 = 平均20,000円

水道光熱費が使い放題のケースもあります。

独身寮・社宅なら安い家賃に水道光熱費ですませられますし、食堂がついていて便利な場合がありますね。

水道光熱費が使い放題で食堂もあれば至れり尽くせりですね!

しかし独身寮だと風呂やトイレが共用の場合もあるため注意です。

また独身寮や社宅だと職場の人との付き合いがあるため完全なプライベートを作りにくいといったデメリットもあります。

 

転勤が多い仕事だと最大5割程度の家賃補助(住宅補助)がでる

また転勤が多い業界だと家賃補助が出る場合が多いですね。

転勤する場所などにもより補助額は変わってきますが、おおよそ家賃の5割程度が補助として出る場合が多いのではないでしょうか?

 

独身寮や社宅、家賃補助などの福利厚生があって便利だなと思いますよね。

しかしそれらの福利厚生があることによって、独身者でも既婚者でも関係なく転勤させますよということなので注意が必要です。

転勤がある仕事を選ぶならどのような条件でも退職するまで転勤がつきまとってくると考えなければ失敗してしまいますね。

 

転勤族は社内結婚や生涯独身の割合が高い(男女問わず)

転勤族だと友人だけでははくパートナーを探すのにも苦労します。

 

遠方に転勤になってしまうと別れ・遠距離恋愛となってしまいますしね。

転勤のたびに人間関係がリセットされてしまいますから出会いの場がないです。

パートナーを探すなら友人作り以上に積極的に動く必要がありますね。

ただ転勤を繰り返しているうちにそのような気力がなくなってしまいがちです。

 

積極的に動いてパートナーを探すにしても結婚までいくまでにまた転勤となってしまうこともありますし、転勤への理解が高くないと結婚まで結びつきません。

転勤族の婚活って大変そうですね…。

そういうことから、転勤族だと社内結婚がとても多いですね。

  • 出会いの場が限られてくる
  • 転勤への理解が高い

といった理由があります。

しかし女性側が結婚後も今の仕事を続けたいという意思がある場合はとても難しいですね。

 

そのため独身のままでいる社員も私の会社だと多いです。

  • 転勤に疲れていて自分からパートナーを探す気力がない
  • 結婚後の転勤による家族への影響を考えてしまう
  • 転勤への理解があるパートナーを探すのが難しい

などの理由があがりますね。

 

結婚の意思が強いなら、

  • 結婚後の転勤が少ない企業を探す
  • 転勤の範囲が狭い企業を探す
  • 自ら積極的にパートナー探しを頑張る

など就職・転職前の企業研究・転勤にも負けない行動力がポイントとなります。

 

転勤族での独身者でも十分楽しみはある

 

独身だから頻繁に遠方へと転勤させられんじゃないかと不安に思うかもしれませんが、独身だからと転勤が多くなることはありません。

それなら安心ですね!

いえ決して安心できることなわけではなく、独身でも結婚後でも平等にいつ転勤を言い渡されるか分からないということです。

そのため転勤のたびに人間関係がリセットされてしまい悩まされがちになってしまいますね。

 

転勤に振り回されて人生を棒に振ってしまわないようにするためにも、

  • 新しい土地でも交友関係を築いていく手段の確立
  • どのような土地でも楽しめる趣味をもつ

といった行動をおこしながら転勤族ならではの楽しみかたを作っていくことが大切です。

 

転勤がある仕事に就くということはデメリットのほうが圧倒的に多いです。

転勤生活に楽しみが見いだせないと仕事を辞めたいとなってしまいます。

転勤が多く仕事を辞めたい
もう転勤なんてしたくない!辛い仕事を辞めるための2つの方法を紹介転勤を理由に仕事を辞める若者が増えています。しかし転勤族だとまともな幸せをつかむことはできません。転勤から解放されるためには会社を辞めることが必須です。転職やセミリタイアという選択肢を取れる様に貯蓄をしていきましょう。...

 

しかし転勤族なら転勤族ならではの楽しみ方をしていくこともできるので、自分のやりたい仕事である・転勤の先に自分のやりたいことがあるなら諦めずにそこを目指してきましょう!