セミリタイア

趣味で将棋を始めよう!お金をかけずにいつでも楽しめる方法を紹介

将棋を趣味にするメリット

「将棋って地味・おじさん臭い」

「将棋って1人じゃ楽しめなそう」

将棋自体は日本国民みんなが知っているボードゲームです。

ただ将棋や囲碁のボードゲームって地味でおじいちゃんなどが遊ぶ趣味というイメージが強いですよね。

 

しかし中学生でプロとなった藤井聡太棋士の活躍や、将棋をテーマにした漫画『3月のライオン』などの影響もあり2017年になり一気に将棋の人気も増えました。

 

そこで将棋と囲碁の『参加人口の年代別構成比』を比較してみます。

将棋囲碁
10代11.1%7.9%
20代10.6%10.8%
30代11.8%10.4%
40代15.9%6.5%
50代12.3%12.3%
60代16.0%12.3%
70代22.2%48.8%

(データ元: レジャー白書2018より)

囲碁はやはり70代が半数近くを占めていますね。

しかし、将棋は10代~70代の全年齢層に人気が出てきています。

 

今やおじいちゃんだけではなく若い年齢層にも人気が出ている将棋です。

将棋を趣味にすれば一生楽しめるゲームですので退屈に悩まされることがなくなりますよ。

 

将棋を趣味として始めれば、

  • お金がかからず一生楽しめる
  • 1人でもネット将棋や詰将棋で気軽にどこでも楽しめる
  • 将棋の観戦だけで楽しめるようになる

の様なメリットがあります。

将棋ほどコスパの良い趣味はありません。

 

今回は将棋を趣味にしたくなるメリットについて詳しくお伝えしていきます。

 

将棋初心者にも始めやすいボードゲーム

 

囲碁と比べて将棋は初心者にも始めやすいです。

 

将棋は9×9マスの81マスの中でそれぞれが8種20個の駒を持ち相手の陣地を攻める王を取るゲームです。

8種類の駒の動きを覚えないといけないため初めは取っつきにくいと感じるかもしれません。

確かにそれで将棋を始めるのを断念してしまいました…

 

しかし駒の動きさえ覚えてしまえば、自分の王を取られない様に守りながら相手の王を取って勝利するという分かりやすいルールで、有利・不利が分かりやすいというのが将棋の良い所です。

自分で遊ぶ時だけではなく、観戦する場合にもゲームの流れが分かりやすいというのは大きいメリットですね。

 

その点、囲碁は19×19の361マスもあります。

1種類の碁石を交互に置いていくだけなので動きは覚える必要はありませんが、囲碁は陣地取りゲームです。

将棋と比べて囲碁はゲームの途中で有利・不利が分かりにくいんですね。

囲碁はとても奥深いゲームですが、囲碁の面白さが分かるまでがとても長いというデメリットがあります。

 

人気のボードゲームと言ったら麻雀もありますが、麻雀こそ役や点数計算など覚える物がおおく敷居が高いですね。

 

将棋は難しそうというイメージがありますが、実はとても分かりやすくシンプルで取り組みやすいゲームです。

将棋を始めたばかりの初心者でも終盤まで気を抜けない熱い駆け引きが出来る面白さが将棋にはあるんですね。

 

ネット将棋でいつでも気軽に対戦できる【無料】

ネット将棋を楽しむ若者

「けど将棋がしたくても将棋を指せる相手がいない」

そんな悩みも今はもう不要です。

 

確かに昔は将棋を打つためには、

  • 町の将棋道場に行く
  • 将棋仲間を作る

などが必要でした。

 

しかし現在は『ネット将棋』が台頭してきたため、誰でもいつでもインターネット上で気軽に将棋が打てるようになりました。

 

昔からネット将棋自体の存在自体はありましたがパソコンでしか遊べなかった上にパソコン自体があまり普及していませんでしたね。

しかし現在は、

  • パソコン
  • タブレット
  • スマホ

と携帯端末でもネット将棋が出来るようになったことでネット将棋人口も爆発的に増え、かつどこでも将棋を出来る様になりました。

 

主なネット将棋サービスは以下の物ですね。

  • 将棋倶楽部24
  • 将棋ウォーズ
  • Yahoo!モバゲー
  • ハンゲーム

他にも沢山のネット将棋サービスがあります。

基本は無料でプレイできますが、無料だと1日の対局数に制限がある場合がありますので注意。

 

またネット将棋では1ゲームが長くなり過ぎないように時間制限ルールを設定することもできます。

  • 10秒将棋(10秒以内に次の手を打たないと負け)
  • 30秒将棋
  • 3分切れ負け(ゲーム中の持ち時間3分が切れたらその時点で負け)
  • 10分切れ負け

など様々なルールがあります。

移動時間や昼休みなどのちょっとした手持ち時間に気軽に遊べるって言うのがありがたいですね。

1ゲームが長くなりすぎると疲れてしまうので助かるシステムですね

 

実力に応じてランク付けされますし、匿名で打つこともできますので、初心者で下手だから恥ずかしくて打てないという悩みもネット将棋なら解決されますね。

 

詰将棋は簡単なルールでいつでも楽しめる

 

将棋には詰将棋と言う楽しみ方もあります。

詰将棋って何ですか・・・?

盤面の配置・持ち駒があらかじめ決まっており、そこから相手にたいし王手のみをし続けて相手を詰んだら勝ちと言う問題形式のパズルゲームみたいなものですね。

 

詰将棋は、

  • 新聞
  • 雑誌
  • テレビ
  • PCゲーム
  • スマホアプリ

などの媒体で詰将棋の問題が紹介・遊べるようになっています。

 

詰将棋は、自分の1手によって相手がどう動くかを先読みし相手を詰ませる問題ですので将棋の終盤での読みを上げることができますし、単純にパズルゲームとして楽しむこともできますね。

 

盤面を頭の中に入れてしまえば仕事中でも考える事ができますし、片手間に楽しむことができます。

仕事に影響が出ない様に注意ですね!

 

ちょっとした片手間に、

  • 将棋の実力を上げる事ができる
  • パズルゲームとして楽しめる

この2つを得られる詰将棋と言う別の楽しみ方もあるのが将棋のメリットでもありますね。

 

プロ棋士の観戦だけでも楽しめる

 

ネット将棋の普及によって将棋で遊びたいときにいつでも遊べるようになりました。

しかし将棋を打つのって頭を使うし、ゲームが終わるまで気が抜けないので、ずっと将棋を打ち続けるのも疲れてしまいますよね。

暇な時間が沢山あるから長時間将棋を楽しみたいけど、確かに疲れがそうさせてくれないですね…

 

そんな時も将棋なら、スポーツの様にプレイするだけじゃなくて観戦でも楽しめる事ができるんですね。

 

プロ棋士の対局・将棋情報番組を観戦するためには、

  • NHK 「将棋フォーカス」
  • Abema TV 「将棋チャンネル」
  • ニコニコ動画 「将棋公式生放送」
  • 将棋アプリ 「将棋連盟公式 将棋連盟ライブ中継」
  • CS放送 「将棋プレミアム」

以上の様なテレビ・インターネット・スマホアプリでの観戦方法があります。

 

将棋は盤面をみて初心者でも有利・不利がなんとなくでも分かりやすいですし、

  • プロ棋士による解説もついて状況を理解しやすいし勉強になる
  • 終盤になっても逆転の可能性があり、目が離せない刺激感
  • 好きな戦術のプロ棋士が出来れば応援にも身が入る

と、スポーツ観戦と同じように楽しむことができるんです。

プレイせず観戦専門になってしまう人もいるぐらいですものね。

 

将棋を趣味にすると、

  • プレイしても楽しい
  • 観戦しても楽しい
  • お金もかからない

というメリットがあり、1日中将棋だけで楽しむことができます。

時間があり余る老後にも良い趣味ですね。

 

将棋はお金のかからない一生遊べる趣味

 

将棋は昔こそは敷居が高いゲームでしたが、現在はネット将棋の普及によって若い世代・将棋初心者でもとても取り組みやすい環境になりました。

 

ネット将棋なら無料から始める事ができます。

これ程、お金がかからないのに時間も潰せて楽しめる趣味ってなかなかないですよね。

  • 旅行
  • ゴルフ
  • ショッピング
  • スキー・スノボ
  • スポーツ全般

人気の趣味はどれもお金がかかるし、支払ったお金に対する時間はとても短いです。

ジョギングやウォーキングもウェアだとかシューズ代がかかりますものね。

その点、将棋ほどコスパの良い趣味はないでしょう。

 

将棋は、

  • お金をかけずに始められる
  • ネット将棋でどんな場所でも・短い時間でも気軽に楽しめる
  • 詰将棋やプロ棋士の観戦など様々な楽しみ方があって飽きない
  • 一度はまれば生涯楽しめるゲーム

など様々なメリットがあります。

 

是非、将棋を趣味にして生涯楽しく生きていきましょう!

 

将棋以外でもお金のかからない一生遊べる趣味11選を以下の記事で紹介していますので是非ご参照ください。

老後にお金のかからない趣味
老後のためのお金のかからない趣味11選【悠々自適な生活のために】定年退職後の退屈な生活をどう過ごすかが悠々自適に過ごせるかどうかの分かれ道です。収入の少なくなる老後でも気軽に始められて生涯遊べるお金がかからない趣味11選を徹底公開します。趣味に没頭する事で認知症予防をし楽しい老後人生を送りましょう。...

 

将棋を好きになるためのおすすめ漫画

漫画『3月のライオン』は、幼いころに全てを失った少年が将棋を通じて人間性を取り戻していく優しさあふれるストーリーです。

その世界観・登場キャラクターにとても癒されますし、プロ棋士たちの心情を深く描いており、読み進める事で登場キャラクターも将棋自体も好きになってしまいますね。

モモちゃんが可愛すぎますよね!

将棋を趣味として始めようかどうか迷っているかたは『3月のライオン』を一度読んでみる事をおすすめします。