セミリタイア

早期退職を後悔しないポイント!セミリタイア生活でお試ししてみよう

失敗に落ち込む男性

早期退職ってとても夢のある言葉ですよね。

早期退職をしたいと考えている方の中でも、

  • サービス残業残業で仕事をもうしたくない。
  • 給料は少ないのに責任だけ増してきた。
  • 人間関係に疲れた
  • 旅行や趣味の時間がもっと欲しい。
  • 悠々自適な生活を送りたい
  • 遺産相続や割増退職金でまとまった資産が入るので仕事を辞めたい。

等など様々な理由があると思います。

そんなこんなでいざ早期退職して自由な時間を手にいれた時、初めの数ヶ月はそんな自由な時間を満喫出来るかもしれません。

しかし時間が経つうちに、

「あれ?何か違うな」

早期退職を後悔してしまうケースも見られます。

早期退職した後に仕事を辞めた事を後悔しても、元の会社にも戻れないし、再就職先も見つからないかもしれません。

そこで、早期退職を後悔しないための3つのポイントが、

  1. あなたが求めている事は早期退職しないと出来ない事なのか見つめ直す
  2. セミリタイアという手段も考える
  3. 早期退職後の生計をシミュレーションする

です。

一度きりの人生、後悔しないように計画的にいきましょう。

 

遺産相続などで早期退職した場合は失敗しやすい

 

早期退職して後悔してしまうのってどのようなケースが多いのでしょうか?

早期退職を後悔する理由として、

  • 早期退職後の出費が思っていたより多く資金が不足
  • 収入がないため自由に使えるお金は少なく悠々自適な生活とはほど遠い
  • 時間が余りすぎて何をして良いか分からない
  • 人との関わりが無く自分の存在価値が分からなくなった

などが挙げられます。

 

遺産相続などでまとまった資産が入ってきたため早期退職をした場合は後悔しやすいですね。

割増退職金や遺産相続などでまとまったお金が手に入ったことにより早期退職に入った場合は、老後破産となってしまう恐れもあります。

大金を手にしているのだから老後破産とは無縁じゃないの?

そう思うかもしれませんが、まとまったお金が急に手に入った方はまず

生活レベルを落とせない

これです。

まとまったお金が手に入ったとしても無限に使えるわけではなくあくまでお金は有限です。

早期退職して収入が無くなったならなおさらですね

なので早期退職後に毎月いくら使用していけるかをシミュレーションしなくてはいけません。

節約して早期退職資金を貯めた方は実際に生活レベルを落として長い間節約生活をしているはずです。

そのため早期退職後も同じように節約生活を出来るので問題はないでしょう。

しかし、まとまったお金が入った方は一度上げた生活レベルを落とすというのは思っている以上に難しいものです。

目の前には一見いくら使っても無くならなそうな程の大金があるからなおさらですね。

悠々自適な生活を送りたくて早期退職したのに生活レベルを落とさないといけない。

「こんなはずじゃなかった」

と早期退職したことを後悔してしまうでしょう。

早期退職後の老後破産を防ぐためには、自分の資産で早期退職後に毎月使用出来る金額を割りだし、その生活費で生活できるのかしばらく実際に実行してみるのが良いですね。

その生活がストレスに感じるようなら早期退職はあなたには向いていないということです。

 

なんとなくまとまったお金が入ったから・仕事をせずに遊びまくりたいという軽い感じで早期退職してしまうときっと会社を辞めたことを後悔してしまうでしょう。

早期退職には向き・不向きな性格があります。

自分が本当に早期退職をするべきなのか向き合わなければなりません。

そこで実際どのようなタイプが早期退職に向いているのでしょうか?

  • 何もしないことを暇と感じないし、むしろ楽しめる
  • 決まったお金の中でやりくりして些細な楽しみを探すのが好き
  • 仕事をしなくてさえすむのなら楽しいことがなくても良い
  • 自分の好きなように生きれるなら周囲からどう思われようが気にしない

上の様な方たちは早期退職生活を楽しめるかもしれないですね。

逆にこれらの事が気になる、無理というあなたは早期退職をして後悔してしまう可能性があります。

 

本当に早期退職が必要なのか?転職で対応出来ないのか検討する

退職届辞表

早期退職する事によって、

自分が何をやりたいのか・やりたくないのかを明確にする

これは重要です。

あなたが早期退職に求めているものは、

  • 仕事を続けながらでは出来ないことなのか?
  • 転職で解決出来ないのか?

を考えるべきですね。

自由な時間が沢山できれば旅行や趣味をもっと楽しみめるのにという欲求があるとします。

しかしそれは仕事でストレスがかかっていて自由な時間も制限されている中でのいっときの幸せだからこそ旅行や趣味なので楽しめているのではないですか?

旅行や趣味がストレス解消のものとなっていた場合、ストレスの無い環境になってしまうと楽しめなくなってしまうということもあります。

仕事を辞めてまでやりたい趣味なのかを判断する力が大切みたいですね
毎日の晩酌や、休日も一日ゴロゴロするのが贅沢を感じて楽しめるのも仕事のおかげなのかもしれないですね

 

また、仕事をすること自体が嫌いなわけではなく、現職場での悩みなら転職をすることで解決出来る問題ではないか?

検討してみることですね。

 

一度完全にリタイアしてしまうと再就職が難しくなってしまいます。

収入がなくなり資金が尽きて老後破産とならないために、あなたの求めているものが早期退職しなければ手に入らないものなのか良く考えなくてはなりません。

 

早期退職よりセミリタイアを選ぶメリット・デメリット

暇を弄ぶ人

早期退職には向き・不向きがあり、後悔してしまうケースがあります。

そこで早期退職のデメリットを解決してくれるのがセミリタイア生活です。

セミリタイアとはフルタイムで働くのではなく、余裕のある中で負担の少ない仕事・日数である程度の収入を稼ぎながら生活をすることです。

セミリタイア生活のメリットは、

  • 生活が楽になる
  • 旅行や趣味等に使えるお金が増える
  • 人との関わりを持てる
  • ほどよいストレスと自由な時間

と早期退職のデメリットも解決してくれます。

セミリタイア生活でほどよく仕事と付き合っていく事で、自由な時間の大切さも改めて感じることが出来るでしょう。

 

また、セミリタイア生活で仕事をしている内に新しい事に気づくかもしれません。

  • セミリタイア生活をしている内にもっと仕事がしたくなってきた
  • 自分のやりたい仕事が見つかった

この様な時にもセミリタイア生活で多少の仕事を継続していたなら、完全なリタイア生活をしていた時よりも社会復帰もしやすいはずです。

会社を辞めた後もある程度の収入を得ていくセミリタイア生活なら早期退職よりも少ない資金で会社を辞める事が出来ます。

なおセミリタイアのデメリットとしては、

  • 完全な自由を手にしてはいない
  • 収入をあてにして早期退職より少な目の資産で会社を辞めるケースが多いので働き口が無くなった時に老後破産の恐れ

が挙げられますね。

セミリタイア、早期退職それぞれのメリット・デメリットがあります。

いきなり早期退職で完全リタイアするのではなく、一度セミリタイア生活を始めてみて、あなたには仕事が必要だと感じたら仕事の量を増やす・再就職先を探す。

もっと自由な時間が欲しかったら完全リタイアをするというのも良いと思います。

いきなり完全リタイアするのではく、セミリタイアという段階を経て自分の求めている事を探すことも大切です

 

【健康寿命】早く早期退職しておけば良かったと後悔しないために

 

資金面で早期退職を後悔しないためには、早期退職後の資産シミュレーションをしっかり行いましょう。

退職後にかかる出費を全て把握する事が重要です。

  • 国民健康保険
  • 国民年金
  • 賃貸料金・固定資産税・修繕費
  • 保険費用
  • 医療費
  • 介護・葬式費用

退職後には様々な税金と、臨時出費がかさむ場合があります。

これらの必要経費類と、自分が毎月どの程度の生活費で暮らせるかを把握しシミュレーションを行う事が早期退職で失敗しないためにはかかせません。

 

また早期退職をすると受給できる年金額も少なくなります。

早期退職して国民健康保険に切り替えた場合どの程度の年金を受給出来るのか把握しておきましょう。

早期退職後は国民年金を全額免除した方がお得な場合もありますので以下の記事を参考にして下さい。

老後生活を守る
セミリタイア後には国民年金を全額免除してインデックス投資がお得?セミリタイア後の国民年金の支払いは大きい負担です。しかし全額免除が可能なら全額免除した方がお得な計算になりました。浮いたお金で資産運用して安定した老後資産を得ましょう!...

 

また、『逃げ切り計算機』という、現在の資産で何歳まで生きれるか計算できるシミュレーターはとても便利です。

早期退職後の資産シミュレーションとして活用していきましょう。

逃げ切り計算機と、退職後の出費関係については以下の記事を参考にして下さい。

貯蓄が無い2
老後破産?しっかり計算して防いでいきましょうセミリタイアに踏み切れないって人も多いんじゃないでしょうか?老後破産にならないためにセミリタイア後の支出をしっかり計算していきましょう。...

 

楽しい退職後の生活を送るためには健康はかかせません。

しかし、健康寿命は以外と短いです。

健康寿命とは?

健康に問題がなく日常生活を送れる寿命のことです

健康寿命の定義についてと平均寿命の違いについては以下の記事で詳しく説明していますのでご参照ください。

健康寿命とは
健康寿命とは何か知っていますか?平均寿命との違いについて解説します日本は平均寿命の延伸にたいして健康寿命が追い付いていなく差が激しくなっています。自立した生活が出来なくなる不健康期間が長くなるという事で今後老後リスクが増してくるので健康寿命を延ばす取り組みをしていきましょう。...

 

男性だと平均寿命が80歳。

健康寿命が72歳と言われています。

2016年時点での男性・女性の健康寿命は以下の通りです。

男性女性
健康寿命72歳75歳

(出典:厚生労働省 第12回健康日本21(第二次)推進専門委員会資料より)

今後65歳定年になり65歳まで働くと7年間しか健康的な日常を送れない事になってしまいます。

(もちろん個人差はあります)

家庭があり働かざるを得ないなら致し方ないですが、これじゃ何のために定年まで働き尽くしたのか分からなくなりますよね。

早期退職するなら健康な状態で長く楽しみたいですよね

もっと早く早期退職していれば良かったとならない様にしっかり退職後の事をシミュレーションをした上で早めの決断をしたい所です。

いきなり早期退職が怖い場合も、セミリタイア生活を一度挟むことで自分を見つめなおす期間を作ることが出来ます。

また、会社を辞めた後もある程度の収入を得ていくセミリタイア生活なら早期退職よりも少ない資金で会社を辞める事が出来るのが大きいですね!

 

記事まとめ
  • 早期退職した事を後悔しないように
  • 早く早期退職しなかった事を後悔しないように