ブログ運営

WordPress SimplicityからJINへのメリット

worpress

 

WordPressには様々な無料・有料テーマがあります。

テーマにより全然違ったブログに様変わりするのがWordPressのメリットでもありますね。

デザインや機能性が自分に合ったテーマを見つける事で、ブログの記事の更新も楽しくなるし、PV数のアップにも繋がります。

私は最初にWordPressでブログを始めた際は、無料テーマのSimplicity2を使用していました。

Simplicity2も無料とは思えないほど様々な機能がついている素晴らしいテーマです。

シンプルが故に色々いじっていく楽しさがあるのがSimplicity2です。

 

ただ、色々いじるのは初心者にも難しいですよね。

そこでおすすめなのが有料テーマの「JIN」です。

  • CSSとか良く分からない、いじるのが怖い
  • とにかく記事を書くことに集中したい
  • けどブログのデザインはおしゃれにしたい
  • PV数も上げてGoogleアドセンスで稼げるようになりたい

JIN」はこの様な事を思っているあなたに是非ともおすすめ出来る有料テーマです。

ただテーマの価格が14,800円という高めの設定価格なので、ブログをこれから始める方・始めたばかりの方には敷居が高いかもしれません。

私はSimplicity2で一か月程ブログ運営して、その後JINに変えています。

始めからJINでやっていれば良かった

というのが一番の感想です。

そう思う理由が、

  • SEOに強い
  • 回遊性を上げる仕組みが作られていてPV数アップ効果
  • ブログの記事を増やしていく事にのみ集中できる。
  • ブログへのモチベーションを上げる事が出来る

以上の4点です。

JINでブログ運営していれば、Googleアドセンス収入で元を取るのもそう難しくはないと思います。

私はJINに変更してからまだ二週間ですが、変更してからJINのテーマ代の1/3をGoogleアドセンスで稼ぎだしています。

これはバズったおかげもありますが、JINに変えたことでSEOに強くなりバズったのだと思います。

そう考えると、JINってとてもコスパの良い有料テーマだと感じます。

 

ブログの記事を書くことに集中させてくれるとてもおすすめなWordPressテーマのJIN。

今回の記事では、Simplicity2からJINに変更するメリット・デメリット・注意点を紹介していきます。

Simplicity2からの変更ではないあなたにも参考になると思いますのでご参照下さい。

 

SimplicityからJINに変更する5つのメリット

SEOに強い

SEOに強いとは聞いていましたが、そんなにすぐに効果を実感できるのか?

と疑問視していました。

SimplicityからJINに変えた時にはまだブログを開設してから一か月ちょっとというのもあり、Googleからの検索流入は毎日0~1件でした。

まぁ、大体こんなもんですよね。

ほぼTwitterとブログ村からのアクセスに頼っていた状況でした。

しかし、有料テーマのJINに変更してから少し経つと、Googleからの検索流入が毎日10~30件にまで増えました。

また噂のGoogle砲を受ける事が出来、大きくバズる事が出来ました。

Google砲とはGoogleアプリのおすすめ記事にピックアップされる事です

まぁ、ドメインパワーが少しづつ上がってきている部分もあると思うので、全部がJINに変更したことによるSEO効果とは言い切れませんね。

しかし、ここまで大きく変わったのは、やはりJINのおかげだと思います。

Googleからの検索流入を増やすのはアクセス数を安定させるポイントなのでこれだけでもSimplicityからJINに変更して良かったなと感じます。

 

回遊率が上がるピックアップコンテンツ・コンテンツマガジン

JINの素晴らしい所がこのブログ内の回遊率を上げてくれるピックアップコンテンツとコンテンツマガジンです。

この二つのシステムによって、ブログ内の別の記事も読んでもらいやすくなり、PV数アップに繋がります。

こんな便利なシステムがCSSをいじる必要もなく、簡単なカスタマイズ画面での設定で出来てしまうのがJINの凄い所です。

さらにピックアップコンテンツとコンテンツマガジンのデザインもおしゃれというのがまた素晴らしいですね。

 

ピックアップコンテンツ

 

ピックアップコンテンツは記事の上に重要な記事を固定表示する事が可能です。

jinピックアップコンテンツ

私はまだピックアップコンテンツを有効活用出来ていませんが、まとめ記事や、ブログを知ってもらうための記事などを固定表示しておくと良いですね。

とても目立つのでクリック率も上がります。

 

コンテンツマガジン

 

jinコンテンツマガジン

トップページに新着記事だけではなく、任意の三つのカテゴリーをタブ表示出来る様になります。

一見地味に思えますが、回遊性アップにとても良いんですね。

ページの憑依が無いため、様々なカテゴリーの記事一覧を見てもらいやすくなり、クリック率も上がります。

特にサイドバーのないモバイルでとても力を発揮します。

 

モバイルファーストに作られている

現在、ブログを見る方の6割以上がスマホなどのモバイル端末です。

そのため、モバイル端末で見ている方のニーズに対応していく事が望まれます。

これがモバイルファーストです。

Googleもスマホサイトをページ評価の基準にしていくと発表しています。

  • モバイル端末でのブログの見やすさ
  • モバイル端末でのブログの表示の速さ

この二点が重要になってきますね。

この二点を最適化する事でユーザービリティが上がり、Googleでの検索順位も上位表示を狙いやすくなります。

 

モバイル端末でのブログの見やすさ

 

テーマjinモバイル表示

JINだとスマホでブログを見る際も、記事一覧の大きさも最適化されていてとても見やすいです。

さらにスマホでもピックアップコンテンツとコンテンツマガジンが回遊性を高めてくれます。

このモバイルでも見やすく回遊性を高めてくれるのが私がJINを選んだ理由の一つでもあります。

 

モバイル端末でのブログの表示の速さ

 

PageSpeed Insights』というモバイルページとパソコンページの表示速度を計測できるサイトで実際に比較してみます。

simplicityモバイル速度

【Simplicity】だとモバイルページの表示速度は76点。

評価はMediumとなり、モバイルに最適化されているとは言えないですね。

 

jinモバイル速度

【JIN】で計測してみるとモバイルページの表示速度は94点。

評価はGoodとなり、JINはモバイルにまさに最適化されていますね。

 

これからさらにモバイルファースト重視になっていく上で、結果からも分かるようにJINはとても頼もしいテーマです。

 

デフォルトで見やすい行間幅・改行幅

ユーザーに見やすい・読んでもらうための記事にするためには、行間幅・改行幅の最適化はかかせません。

それについては『WordPress JIN での行間・改行幅の変更!最適サイズは?』の記事でも説明しました。

行間幅・改行幅が詰まっているとパッと見ただけで読む気が失せてしまい、せっかく良い記事を書いても読んでもらえなくなってしまいます。

CSSをいじれば行間幅・改行幅を変える事が出来ますが、初心者からするとCSSはあまりいじりたくないですよね。

しかし、JINなら始めから行間幅・改行幅が最適化されているんです。

JINユーザーの記事が読みやすいのってこの行間幅・改行幅の最適化のおかげも大きいですね。

 

行間幅・改行幅をさらに細かく調整したいならCSSの設定をいじる必要がありますが、そこは個人の好みも入ってきますね。

JINでの行間幅・改行幅のCSSの設定の仕方は以下の記事を参照して下さい。

wordpressテーマ
WordPress JIN での行間・改行幅の変更!最適サイズは?WordPress「JIN」での行間・改行幅の変更の仕方を紹介します。読者に読んで貰える記事を作るためにも行間・改行幅の設定は重要です。...

 

見やすくおしゃれなボックスデザイン

 

JINのおしゃれなデザインを支えているのが『ボックスデザイン』です。

Simplicityや他のテーマだと、ボックスデザインを使用するためには、

  1. CSSにボックスデザインのコードを追加
  2. ショートコードで呼び出す

という手間がかかります。

一度CSSにコードを追加すれば、後はショートコードで呼び出すだけですが、マージン(余白)を調整しないと記事の中でズレが生じてしまう場合があります。

その点、JINならデフォルトで21個のボックスデザインが用意されており、ブログに最適化されているためズレ等も生じません。

ボックスデザインを呼び出すときも、

jinボックスデザイン

ボックスデザイン一覧から使いたいボックスデザインのコピーボタンを押し、テキストに張り付けるのみです。

ショートコードとか良く分からない初心者の方でも視覚的に簡単にボックスデザインを使用する事が可能となっています。

視覚化されており、なおかつ簡単に貼れて、ズレも生じないという優れものです。

ボックスの色もカスタマイズ画面で簡単に変えられるのが便利で良いですよね

 

『AddQuicktag』というショートコードを簡単に呼び出せるようになるプラグインに、良く使うボックスデザインのショートコードを登録しておけば呼び出しがさらに速くなります。

 

SimplicityからJINに変更する2つのデメリット

 

今度はSimplicityからJINに変更するデメリットを上げていきます。

といってもそこまでデメリットにはならないんですけどね。

 

AMP非対応

JINはAMPに対応していません。(2018年8月現在)

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略で、GoogleとTwitter社が主に共同開発しているモバイル向けに高速表示するための仕組みの事ですね。

AMPのメリットって何ですか?

Google・Twitter社があらかじめWEBページをキャッシュする事で表示速度を上げる仕組みになっており、モバイルでのブログの表示速度が4倍になると言われています。

Googleは現在の所、

「AMP対応している記事を優先的に検索の上位表示する事は無い」

と言っています。

しかし、モバイルでの表示速度が上がる事でユーザービリティが上がり、結果的に検索の上位表示を狙いやすくなるという事はありますね。

 

 

AMP対応させるにはAMP HTMLで構成しなければいけないので、

  • テーマがAMPに対応している
  • プラグインでAMPに対応させる

どちらかの手段が必要になります。

ただ、プラグインでAMPに対応させると様々なエラーが出やすいので、エラーを一つ一つ解決出来る方でないとおすすめ出来ません。

 

そこでテーマがAMPに対応しているかどうかですが、SimplicityはAMP対応ですが、JINはAMP対応していません。

AMP対応させるとJavaScriptが大幅に制限されてしまうため、AMPに対応させるとJINのせっかくのおしゃれなデザインや機能が無駄になってしまう恐れがあります。

デザイン性や回遊性を重視した機能性がJINの最大のメリットであり、AMPも現状そこまで重視するものではないので、JINがAMP非対応というのもそこまでデメリットにはならないかもしれないですね。

ちなみに、JINの開発者のひつじさん(@hituji_1234)は、今後AMP対応について検討すると言っています。

AMPプロジェクトの今後の開発状況次第ではJavaScriptの問題も解決して、JINがAMPに対応する日も来るかもしれないですね。

 

パソコンのブログ表示速度が遅い

PageSpeed Insights』でモバイルでの表示速度を計測しましたが、SimplicityよりJINの方が圧倒的速さを誇りました。

JINがモバイルファーストを重視しているって事ですね。

その反面、JINはパソコンでの表示速度が遅いです。

simplicityパソコン表示速度

【Simplicity】だとパソコンの表示速度が78点となっており決して高くありません。

 

jinパソコン表示速度

【JIN】だとパソコンの表示速度が64点となりSimplicityよりさらに遅くなりました。

 

この様にJINはモバイルファーストでモバイルでの表示速度は最高に早いですが、反面パソコンでの表示速度が遅いです。

Simplicityの時より無駄な画像を使わないで、画像も圧縮しているんですがこのような結果になりました。

ただ、JINはパソコンでの遅い表示速度を補っても余るデザイン性・機能性があるため私はそこまで気にしてはいません。

モバイルファーストの現状でモバイルの表示速度は最高の速度を出していますしね。

 

SimplicityからJINに移行する際の注意点

 

最後にSimlicityからJINに移行する際の注意点を挙げていきます。

JINに移行するなら早ければ早いほど良いです。

記事数が増えた後だとそれだけ移行後の作業が面倒になる場合があるますからね。

 

Simplicityのブログカードを使用していた場合

Simplicityにはデフォルトでブログカードが使用できるようになっています。

simplicityブログカードの例

 

(出典:Simplicity)

ブログカードとは上の画像の様にリンクしたいURLを入力する事で、サムネイル画像・タイトル・ディスクリプションと自動的に表示してくれる便利な機能です。

とても便利な機能でプラグインを入れずにデフォルトで使用できるのはとてもありがたいのですが、これってSimplicityでしか使用できないんですね。

なので、Simplicityのデフォルトブログカードで全てリンクしていた方は、テーマ移行すると使用していたブログカードが全て表示がおかしくなります。

記事数が多いと修正するのにかなりの作業量が必要になってしまいますね。

 

同じようにブログカードを作る『Pz-LinkCard』という有名なプラグインがあります。

このPz-LinkCardプラグインでブログカードを使用していた方は、プラグインを引き継げばそのままブログカードが有効になりますのでテーマ移行がとても簡単です。

あらかじめSimpicityからテーマ移行する予定なら、

  • ブログカードプラグイン『Pz-LinkCard』を使用する
  • テキストリンクを使用する

以上の二点をおすすめします。

 

アイキャッチ画像のサムネイルのサイズが統一されているか

記事一覧のタイトルの横に表示されるアイキャッチ画像のサムネイルってありますよね。

Simplicityの時はこのアイキャッチ画像のサムネイルのサイズなど気にしなくても自動的に正方形に整えて表示してくれました。

しかし、JINの場合だとこのサムネイル画像のサイズ比率を統一しておかないと、記事一覧のサムネイル画像の表示がバラバラになってしまいます。

テーマjinでサムネイルを揃えていない場合

Simplicityの時のサイズ比率を揃えていないサムネイル画像をそのまま使用すると、上記画像の様に記事一つ一つのサイズがバラバラになって統一感が出ません。

 

テーマjinサムネイル画像統一

サムネイル画像を全て16:9の比率に揃えると上記画像の様に統一感が出ます。

JINにテーマ移行する事を決めているのでしたら、事前にサムネイル画像を16:9の比率の比率に統一しておくとテーマ移行が楽になります。

 

メタディスクリプションの設定

メタディスクリプションとは、SEO対策の一つで、Googleの検索結果にコンテンツの概要を表示する内容です。

120文字以内でコンテンツの概要を説明し、検索画面結果でのクリック率を上げるための大切なものです。

『All in One SEO Pack』という有名なプラグインで内部SEO対策をしていたなら、プラグインを引き継げばJINに移行してもメタディスクリプションが引き継がれます。

しかし、Simplicityには優秀な内部SEO対策がしてあるので、『All in One SEO Pack』を使用する必要って無いんですよね。

『All in One SEO Pack』を使用せず、Simplicityの内部SEOでメタディスクリプションを作成していると、それがテーマ移行の際に仇となってしまうんです。

  1. JINに移行する前にメタディスクリプションを全記事分コピーしておく
  2. JINに移行後、メタディスクリプションを全記事にコピーしていく

という泣ける作業が待っています。

 

JINは集客・収益化に優れたコスパの良いテーマです

 

以上、SimpcilityからJINに移行する際のメリット・デメリット・注意点を挙げてきました。

気づいたら7000文字越えとなってしまいました。

私のブログ運営方針は長く検索され続ける記事を量産し続けるロングテール狙いです。

なのでこの記事をこれ程長くしたのは、WordPressの有料テーマJINはこれからもアップデートされ続け、皆に愛され続けるテーマになるという対する期待の表れという事ですね。

 

無料テーマのSimplicityも癖が無く管理者を育ててくれる良いテーマです。

自分で色々いじたいと言う方にはSimplicityはおすすめのテーマです。

ただ今は同じ作者が作成した、Simplicityの上位互換といえるCocoonがあるので、今から無料テーマで始めたいならCocoonがおすすめです。無料とは思えないほど機能が揃っています。

 

しかしJINはほとんど自分でいじらなくても、集客・収益化に優れた有料テーマです。

集客・収益化するために必要な事はJINにあらかじめ揃っており、自分はブログの記事を量産していく事に集中していくのみです。

そう考えると、14,800円という価格設定も決して高くないですよね。

長くブログ運営を続けるならJINはとてもコスパの良いテーマです。

ブログ運営を長く続けられるか不安です

その様なあなたにも、JINのおしゃれなデザイン、デザイン着せ替え機能などでブログ運営を続けるモチベーションが自然と上がってきます。

JINによってPV数が増えてくれればもう楽しく辞められないはずです。

 

ちなみに私がSimplicityからJINにテーマ移行する決め手となったのは、

  1. デザイン全般がとにかくおしゃれ
  2. ピックアップコンテンツ・コンテンツマガジンによる回遊率
  3. モバイルファースト

以上の3点です。

何故最初からJINでブログを始めなかったのか後悔しているほどです。

 

ブログ運営を長く続けるためにも、ぜひ有料テーマの「JIN」を検討してみて下さい!

wordpressテーマ
WordPress JIN での行間・改行幅の変更!最適サイズは?WordPress「JIN」での行間・改行幅の変更の仕方を紹介します。読者に読んで貰える記事を作るためにも行間・改行幅の設定は重要です。...