セミリタイア

仕事辞めたいと3年目で思った場合の対処法!転職やセミリタイアを考えよう

仕事に悩む男性

会社に入社して3年目って節目の年となりますよね。

意気揚々と入社して1年目、2年目とガムシャラに仕事を頑張り、3年目となると周りが見えてくるようになります。

「仕事が嫌い」

「今の仕事が自分には合わない、仕事を辞めたい・・・」

と考えるようになるのも入社3年目あたりでしょう。

 

今回の記事では入社3年目の時点でもう仕事を辞めたいと思うようになってしまった場合どうすれば良いかお伝えしていきます


 記事のまとめ

  • 自分がどのようなタイプなのか自己分析する
  • 転職という選択肢を考える
  • アーリーリタイアしてのセミリタイア生活を考える
  • 将来の選択肢を増やすための貯金を始める

の4つをテーマにお伝えしたいと思います。

入社3年目で人間関係の疲れで仕事を辞めたいと感じる

入社3年目となると仕事への緊張感もとけてきて人間関係の疲れを感じるようになってきます。

人間関係に疲れて会社を辞めたいと思うぐらい辛い現状から抜け出すためには、ただ我慢を続けるのではなく積極的に行動を起こしていかなければなりません。


 入社3年目は丁度マンネリ化して不満が貯まる時期

入社1年目は何事にも新鮮味があるし、仕事を覚えるために緊張感を持って仕事に臨むます。

入社2年目は仕事も少しづつ覚えてきて、後輩社員も入って来るので後輩社員の育成に当たる場合もあります。

入社3年目となると仕事も大分覚えてきて人間関係にも慣れてきてマンネリ化してくる時期です。

入社3年目となると周りが良く見えてくるようになります。

そうすると、先輩社員や上司に対しての不満が貯まってきます。

 

だいたい人間関係ってどこの職場でも一緒です。

  • 職場の会話も口を開くと仕事の愚痴か誰かの悪口
  • 飲み会でもひたすら誰かの悪口

暇があれば人の足の引っ張り合いばかりです。

そこら辺の足の引っ張り合いが特にひどい職場もありますね。

 

定期異動・転勤がある職場なら新しい職場に移れば職場環境が良くなるかもしれません。

しかし異動がない職場だとずっとその環境で我慢しないといけないため将来に不安が残ります。

定期異動がある場合も、現在が良い職場環境でも異動次第で悪い環境になってしまう恐れがありますね。

人間関係は仕事を辞めたくなる大きな原因の一つです。


 入社3年目で仕事を辞めたい時の3つの対処法

  • 転職エージェントを利用して自分に合った企業に第二新卒枠で転職
  • アーリーリタイアを目標にすることで仕事を頑張れるようにする
  • 今すぐ行動を起こせなくても貯蓄を始めることで将来の選択肢を増やす

転職もアーリーリタイアも思い切った決断が必要となりますが、まだ入社3年目という若さがあるためさまざまな選択肢を取ることができます。

現状を改善していくためには若さを活かして積極的に行動していく、もしくは貯蓄をしっかりしていくことで将来の選択を増やしていけるようにしましょう。

 

仕事や人間関係で辞めたいと思っているなら転職しよう

会議の様子

サラリーマンにも様々なタイプが存在します。

  • 周りとうまく付き合っていきながら虎視眈々と出世を目指したい
  • 転職も視野にいれて積極的にキャリアアップしていきたい
  • 趣味などのため、とりあえず無難に仕事をして給料を貰いたい
  • とにかく仕事を嫌いだけど生活のために仕方なく続ける

などなど様々ですね。

入社1年目、2年目だととりあえずガムシャラに仕事を頑張ると思います。

しかし、3年目となると仕事にも余裕が出来て周りが見えてきて、自分がどのようなタイプなのかも少しづつ見えてきます。

 

様々なタイプがいますが、大きく分けると

仕事人間なのか、そうじゃないのか

ですね。

仕事にやりがいを感じているのか、仕方なく仕事をしているのかというのが少しづつ見えてきます。

 

入社3年目となると様々な悩みがでてくる時期でしょう。

仕事自体が嫌いなタイプの人も、入社3年目だとどの程度のレベルの仕事嫌い人間かまではまだ把握できていないと思います。

  • 残業や休日出勤ばかりで自分の時間がとれない
  • 職場の人間関係に疲れた
  • きつい仕事ばかり押し付けられる
  • 責任だけ重くなり給料は増えない
  • 転勤が多い仕事なので将来が不安

このような仕事なり人間関係問題で仕事が嫌になっているなら、仕事が辛い時期を我慢して乗り越えたり、転職をすることで解決できる問題かもしれません。

ただ転職と言っても

  • せっかく就職活動を頑張って入社したのに辞めて無駄にしたくない
  • 転職先探しで苦労したくない
  • 転職先が見つかってもまた同じ事で悩むかもしれない

など新たな問題が出てきますよね。

転職は人生の転換となりますので大きな判断が必要となります。

ただ本当に仕事が辛いと悩んでいて、仕事を変えないと解決できない問題なら転職と言う選択肢も考えた方が良いですね。


 入社3年目で会社を辞めるなら第二新卒で転職しやすい

入社3年目までなら第二新卒として転職活動をする事も可能です。

第二新卒とは?

大学卒業して1年未満~3年で転職・就職活動する事です。企業によって第二新卒枠で募集をかける場合があります。

経験を積むことでスキルアップして転職に活かせる業種は別ですが、そうでないならまだ年齢的にも若く第二新卒を狙える入社3年目は転職を考える転換期となりますね。

入社3年目なら最低限のビジネスマナーなども習得しているため教育コストを下げられ、かつ新しい企業風土にも馴染みやすいため、企業側も積極的に第二新卒の採用をしているわけです。

 

第二新卒での転職で失敗しないためには転職エージェント

転職をして今の辛い仕事から抜け出したいとは思っても、転職活動って一人で活動すると色々やることがあって面倒だし、転職先選びで失敗しないか不安でなかなか行動できないですよね。

そのような面倒な作業を代行してくれ、転職先選びもサポートしてくれる『転職エージェント』を利用することで転職活動を成功させていきましょう。


 転職エージェントを利用するメリット

  • 登録から採用まで完全無料で利用できる
  • 対面やメールなどで転職についての面談や何でも相談ができる
  • あなたに合った非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接の日程や給料などを企業側と交渉してもらえる

あなたの転職活動が成功するように転職のプロであるキャリアアドバイザーがトータルサポートしてくれるわけです。

ハローワークや転職サイトなどには公開されていない『非公開求人』に申し込めるのは転職エージェントに登録したときのみです。

あなたの条件に合った企業をキャリアアドバイザーが公開・非公開求人の中から紹介してくれますので転職先選びに失敗する確率を減らすことができます。

あなたが企業の求めている人材かも考慮して紹介してくれますしね。

仕事をしながら忙しい間をぬっての転職活動ってとても大変だし、誰にも相談できなくて不安で挫折しやすいんです。

ですから転職エージェントを利用することで面倒な作業や交渉、企業選びをサポートしてもらうことであなた自身は企業との面接に集中していくことが転職を成功させる鍵です。

転職エージェントを利用することで転職へのモチベーションもあげていきやすいですし、利用は無料ですから本気で転職を考えているなら利用しないと損ですよ。


 業界トップクラスの非公開求人数のリクルートエージェント

おすすめの転職エージェントは転職成功実績No.1である『リクルートエージェント』です。

業界トップクラスの求人数であり、一般向けには公開されていない非公開求人数が10万件という国内最大手の転職エージェントです。

「今すぐ転職したい!」という意思が強いなら今すぐ無料登録して実績豊富なキャリアアドバイザーのトータルサポートを受けて転職活動を行っていくべきですね。

転職サイトである『リクナビNEXT』と一緒に登録しておくと便利ですよ。

 

3年目で転職は早いと思うなら転職サイトに登録だけしておく

会社を辞めたいという気持ちはあるけど、

「まだ入社3年目だしもう少し頑張ってみたい」

「転職したいけど自分がやりたい仕事・求めている条件がよく分からない」

というのなら、まずは転職サイトに無料登録だけでもしておくことが大切です。

転職サイトに登録してどのような求人があるか確認しておくだけでも、転職のために自分に必要なことのために今後行動していけるようになりますからね。

今後スムーズに転職活動をしていくためにも今から行動していくことが大切なんですね。


 転職サイトに登録するメリット

  • 完全無料で利用できる
  • 多くの求人数の中から自分で求人を選ぶことができる
  • 登録した後も自分のペースで転職活動していける
  • スカウト機能を使えば企業側の方から直接オファーが来る
  • 自己分析ツールを使用できる

転職サイトに登録してあなたに合った求人情報をストックしておくだけでも、いざという時に転職という選択肢を取れるようになります。

いざ転職したいと思ったときに1から全部調べていかないとなると面倒になってしまい転職を諦めてしまいやすいですからね。

ですので今は転職をする気がなくても、あらかじめ転職サイトに無料登録だけしておくことで将来の選択を増やしていくことが大切です。


 とりあえず登録するなら転職者の8割が登録しているリクナビNEXT

おすすめの転職サイトは転職者の約8割が利用している人気の大手転職サイト『リクナビNEXT』です。

掲載求人数が1万件前後ととても多く、そのうちリクナビNEXTにしか掲載されていない限定求人が85%もあります。

スカウト機能も優れており、登録&利用が完全無料なのでとりあえず登録しておいて間違いがない転職サイトですね。

5分程度で簡単に無料登録できるので、とりあえず登録しておき自分に合った求人をストックしておくことで、いざというときに転職という選択肢を取れるようにしていきましょう。

 

仕事を辞めてアーリーリタイア(セミリタイア)

仕事や職場の環境に関係なく本当に仕事が嫌いなタイプだとしたら、仕事を辞めない限りそのストレスから解放されることはないでしょう。

その様な人にアーリーリタイアしてからの『セミリタイア生活』という道があります。

セミリタイア生活とは貯金を貯めてから定年退職前に会社を辞め、時間的・精神的余裕を持ちながらわずかな収入も得ていくことですね。

セミリタイア看板
セミリタイアとは?早期退職やアーリーリタイアとの意味の違いは何?セミリタイアとは完全リタイアとは違い、仕事を辞めても時間的余裕を持ちながら収入を得ていく方法です。インデックス投資で不労収入を得る事で安定したセミリタイア生活を送る事が出来るでしょう。...

 

わずかなアルバイト収入や在宅ワーク収入や不労収入などを稼ぎながらで生活をする事ができますので、仕事嫌い人間でもストレスから解放されて生活していく事が可能です。

 

まぁしかし、入社3年目で自分の仕事のタイプが少しづつ分かってきたとしても、セミリタイアするほど仕事が嫌いなのか判断するのにはまだ早いです。

入社10年目あたりになってくると自分の仕事のタイプがはっきり分かる時期となります。

ただ入社10年目あたりで自分が本当に仕事が向いていないと分かってセミリタイアの道を考えてそこから資金を貯めてもセミリタイア資金が貯まるまで長い月日が必要となってしまいます。

そのため、入社3年目で自分が仕事が嫌いなタイプなのかもしれないと思ったら、セミリタイアのための資金を貯め始める事をおすすめします。

セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた』の記事でも紹介していますが、20代からコツコツ貯金と貯めて1500万円~2000万円のセミリタイア貯金を貯める事ができたら30代でセミリタイア可能です。

平日のサラリーマン
セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた 団塊の世代の大量退職も進んで、人員不足という大義名分で一人一人の仕事の負担が大きくなるばかりですよね。 残業、残業…...

セミリタイアのための資金を貯めても、完全にセミリタイアを実行するのは不安と思うかもしれません。

しかしセミリタイアのために貯めた資金があるなら、仕事を辞めてしばらく自分を見つめなおすための資金として使う事も出来ます。

そこで自分のやりたい事が見つかれば良いですし、仕事から離れてのストレスのかからない生活が自分には合っているとなったらそのままセミリタイアに入るということもできます。

セミリタイア資金が貯まったころには、仕事面での悩みは解決したとなっても貯金があれば何かと使えますから決して無駄にはなりません。

どこかの偉い人がお金は命より重いって言っているぐらいですもんね

貯金があることでさまざまな選択肢が出ますよね。

貯金が全くないといざ行動したいとなった時に何もできない恐れがあります。

とりあえず将来のための貯金を貯める事から始めてみて、将来の選択肢を増やしておきましょう

 

入社3年目から会社辞めたいならまずは貯蓄から始めよう

将来の計画

仕事環境や人間関係が最悪でも一つの会社で定年まで勤めあげるのが美徳だという意識が今も日本人の頭に根強く植え付けられています。

しかし、仕事がするのが嫌なのにストレスをかかえながら無理をして仕事をしていると次第に心が折れて鬱病になってしまうかもしれません。

仕事人間ならそのような辛い時期を乗り越えて出世することが出来れば全て報われるかもしれません。

 

しかし根っからの仕事が嫌いな人間からしたら環境を変えない限り、そのストレスからは逃げられないでしょう。


 仕事が辛い状態から抜け出す方法

  • 仕事の負担が少ない所に転職する。
  • 30代でアーリーリタイア(セミリタイア生活)するための資金を貯める。

などの対応策が必要です。

転職を考えるなら早めの若いうちが良いです。

しかし入社3年目程度だとまだまだ自分がどうしたいのか分からないので踏ん切りがつかないと思います。

そのため、やはり将来の選択肢を増やすための貯金を貯める事から始めてみませんか?

貯金を貯めながら、自分がどの様なタイプなのか自己分析して将来像をしっかり考えていきましょう。