セミリタイア

セミリタイア生活と言える?貯金なしで仕事を辞める事は可能かを検証

鬱病のサラリーマン

ある程度貯金を貯めてから仕事を辞めるのが理想だけど、今の仕事を続けているとそのうち精神崩壊してしまいそう。

貯金は0円だけど今すぐ仕事を辞めたい。

サラリーマンの生活に疲れ切っている方も多いのではないでしょうか?

 

30代・40代で仕事を辞めるなら、2000万円~3000万円ほどの資金を貯めて時間的・精神的余裕を持ちながらの僅かな収入を稼ぎながら生活していくセミリタイア生活がおすすめです。

 

貯金無しでも、今の仕事を辞めて失業保険を受け取りながら次の転職活動をするならまだしも、仕事の一線から離れたいというのはなかなか無謀です。

しかし、仕事のストレスで鬱病になってしまったり、休日も仕事の事で不安になってしまって何もする気が起きないという状況になってしまうと何も楽しいことがない人生になってしまいます。

そのような生活を我慢しながら続けるぐらいなら、貯金無しでもいっそのこと仕事を辞めてしまうのもいいかもしれません。

 

今回の記事では、貯金無しの状態から仕事を辞めても老後破産せずにセミリタイア生活を送ることが出来るのかを検証してみます。

(独身・一人暮らしの設定です)

結果からいうと、セミリタイア生活ほど時間的余裕は作れませんが、サラリーマン時代と違って精神的な余裕を作り新たな人生を送る事が可能です。

 

貯金0円での退職はセミリタイア生活と言えるのか?

 

セミリタイア資金を貯めてからの通常のセミリタイア生活なら、月数万円程度をアルバイトなどで稼ぐだけでも生活することが可能です。

 

40代独身でセミリタイアする場合はセミリタイア資金が3000万円もあれば可能

あわせて読みたい
独身での老後生活
セミリタイアするためには貯金はいくら必要か?40代独身の場合を検証 「早く仕事を辞めたいけど貯金がいくらあれば良いのか分からない。」 「セミリタイアのために貯金を貯めたけど本当にこれでお金が...

 

とにかく最低資金で30代でセミリタイアしたいなら1500万円~2000万円の資金で可能

あわせて読みたい
平日のサラリーマン
セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた 団塊の世代の大量退職も進んで、人員不足という大義名分で一人一人の仕事の負担が大きくなるばかりですよね。 残業、残業…...

 

さまざまな臨時支出に対応したり、老後の事を考えると大きなセミリタイア資金はどうしても必要となります。

上記の記事の1500万~3000万円でセミリタイア可能というのも生活費を最低限で計算していますしね。

 

それでも仕事を今すぐ辞めたくて貯金無しでセミリタイア生活に入るのなら、日々の生活費を丸ごとアルバイトで稼ぐ必要がありますね。

そうするとほぼフルタイムでアルバイトをしなければいけないかもしれません。

けどそれってセミリタイア生活って言えるんですか?

確かにセミリタイア生活とは言えないかもしれないですね。

セミリタイアではなく一般的にはフリーターと呼ぶかもしれません。

 

しかし、就職せずずっとアルバイト暮らしをしている完全なフリーターとは違い、一度サラリーマンを経験した上で、

  • ストレスから解放されたい
  • もっと人間らしい生活を送りたい

という気持ちから、精神的余裕を持ちたくて仕事を辞めているわけです。

精神的・時間的余裕を持ちながら生活していくセミリタイア生活のうちの半分の精神的余裕を持っての生活になりますね。

そう考えると、セミセミリタイア生活と言えなくはないかもしれません。

新しい言葉ですね

 

アルバイトをする上で社会保険には加入する

保険証

貯金無しでセミセミリタイア生活では主にアルバイトで生計を立てていく事となるので、その際には社会保険の加入条件を満たしているのかしっかり確認するべきですね。

ほぼフルタイムでアルバイトで稼ぐことになると思うので社会保険には図らずとも加入する事になると思います。

 

社会保険の加入条件は

  • 1週間及び1か月の労働時間が正社員の4分の3以上

もしくは、

  1. 1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上
  2. 月額賃金が88,000円以上(年収105.6万円以上)
  3. 1年以上の勤務が見込める
  4. 従業員が501人以上(※)
  5. 学生ではない

以上の5つの条件を満たしていれば社会保険に加入する事が可能です。

2017年4月から従業員が501人以下でも社会保険の加入することについて労使でも合意されていれば加入が可能です

 

アルバイトで月15万程度稼いだら、社会保険料は約2万円程度になります。

少ない賃金から2万円も引かれるのは厳しいと思うかもしれませんが、健康保険と厚生年金保険料が会社と折半になるのはとても大きいです。

健康保険と厚生年金に加入できることで

  1. 医療費が3割負担に
  2. 高額療養費制度により所得に応じた自己負担上限額で医療費が収まる
  3. 老後の厚生年金の受給額が増える

3つもメリットがあります。

高額な医療費がかかった時のお助けとなる高額療養費制度については以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
入院費の不安
セミリタイア後に保険は不要?高額療養費制度を活用しましょう高額療養費制度って知っていますか?この制度を活用すれば、民間の医療保険費を毎月支払い続けるのは勿体ないと思うはずです。高額療養費制度を知ることで公的医療保険の元を取っていきましょう。...

 

社会保険に加入したくない場合は年収を105.6万円未満に労働時間を抑制する必要があります。

また社会保険に加入しない場合は、

  • 国民健康保険
  • 国民年金

この2つの加入義務があり支払いをしなければいけません。

 

国民健康保険はお住まいの自治体により保険料が変わってきます。

アルバイト収入で年100万程度なら大体月7,000円前後でしょうか。

国民健康保険計算機で自治体による国民健康保険料の計算が出来るのでご利用ください。

国民健康保険は前年度所得に応じて保険料が決められるので、会社の負担が無くなる分、退職翌年は大きな保険料負担となるため注意

 

国民年金保険料は全額支払う場合は月16,340円です(2018年現在)

アルバイト収入が年122万円以下なら国民年金保険料の全額免除が可能です。

全額免除することで実質負担額は0円となりますが、国民年金保険料を半額納めたこととなります。

国が税金で半額負担してくれるんですね

国民年金保険料を全額納付した方が良いか、全額免除した方が良いかは以下の記事で検証していますので是非ご参照ください。

あわせて読みたい
老後生活を守る
セミリタイア後には国民年金を全額免除してインデックス投資がお得?セミリタイア後の国民年金の支払いは大きい負担です。しかし全額免除が可能なら全額免除した方がお得な計算になりました。浮いたお金で資産運用して安定した老後資産を得ましょう!...

 

社会保険に加入しなくても国民年金保険料を全額免除しない限り、社会保険に加入している場合と税金の負担額はほとんど変わりません。

社会保険に加入せずにすむように労働時間を調整してしまうと給料が減ってしまい毎月の生活が苦しくなってしまうので、しっかり働いて社会保険に加入するのが一番ですね。

社会保険に加入することで、会社が厚生年金保険料を半額負担してくれますし、厚生年金に加入していれば国民年金にも一緒に加入していることになりますしね。

 

アルバイトもいつまで続けられるか分かりません。

老後の生活が大きなリスクとなりますので、社会保険には必ず加入して老後のリスクを少しでも減らしたいところです。

今の仕事を辞めてアルバイトで収入を稼ぐ際には必ず社会保険には加入して老後のリスク対策をしていきましょう。

 

アルバイトが出来なくなった時のリスクを避けるためにも不労収入を得る

 

若いうちはアルバイトの働き口も沢山あり、体力もあるので働き先が見つからなくて困る事は少ないでしょう。

しかしいつまでも同じように働き続けられるとは限りません。

50代・60代となってくると働き口も少なくなってきますし、精神的・体力的にも大変な働き口しか見つからないかもしれません。

 

アルバイトで生計を立てているとボーナスもありませんしなかなか貯金が貯められず、何か大きな臨時支出が発生した時に対応できないというリスクも発生します。

 

その様なリスクにも対応していけるように、毎月のアルバイト収入を最低限の生活費より少し多めに稼いでインデックス投資で少しづつ積立していきましょう。

インデックス投資なら投資初心者でも無理がない余剰資金で長期積立していく事で平均5%程度の利回りを得る事ができる投資手段です。

勝手に分散投資してくれるし、ほとんどほったらかし積立しているだけで良いのがポイントですよね!

アルバイトで生計を立てながら、毎月1万円、出来れば2万円ぐらいでも積立していけば良い老後資産となるでしょう。

 

30年間積立を続け平均利回り5%だったとすると、

  • 毎月1万円積立 ⇒ 元本360万円の所を830万円
  • 毎月2万円積立 ⇒ 元本720万円の所を1,650万円

これだけ大きな資産を形成することが可能です。

30年後に一括で現金化せずに、毎月必要な金額を年金みたいに取り崩していけば、資産運用を継続しながらの取り崩しとなりますので、さらに運用益は大きくなります。

 

毎月の自動積立設定さえしてしまえば後は何もせずに資産運用が出来て、毎月取り崩していく際も、SBI証券の『定額自動売却サービス』を利用すればまさしく不労収入ですよね。

老後破産を防ぐためにも、インデックス投資を活用した不労収入を得る事はとても大切です。

 

老後資産形成のためのインデックス投資については以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
お金を育てる
セミリタイアにはインデックス投資で老後が安泰?投資で一攫千金を狙ったら破綻するだけだ!投資=ギャンブルというイメージを覆す投資方法が実はありました。...

 

副業としてブログ運営収入でも稼ぐ手段を作る

 

アルバイトだけで生計を立てるのはやはりリスクが大きくなります。

複数の稼ぐ手段を作ることがリスク分散となりますね。

その1つが1つ前で紹介したインデックス投資での不労収入となります。

 

そしてもう1つがブログ運営でアフィリエイトやGoogleアドセンス収入を稼ぐことです。

貯金無しでセミセミリタイア生活をしているとほぼフルタイムでアルバイトをすることになりますが、残業もないですし精神的余裕も出来ているはずです。

それが目的のセミセミリタイア生活ですものね

なので、ブログ運営も無理がない範囲であれば継続出来るでしょう。

ブログ運営で稼ぐことは決して簡単ではありませんが、長期的に継続さえ出来れば月1万円~2万円程度なら稼ぐことが出来るはずです。

 

ブログ運営で一生懸命頑張って月1万円~2万円って少ないって思う人もいるかもしれません。

時給に換算するととても低い時給になりますしね。

しかし、ブログ運営は在宅ワークで好きな時間に作業が出来るというメリットもあります。

また、稼ぐ事だけじゃなく、

  • 承認欲求
  • 人との繋がり
  • 老化防止・認知症対策

など様々なメリットがあります。

それらのメリットのついでに月1万円~2万円程度の収入を稼げると思えば大きいですよね。

ブログ運営で稼いだ収益をインデックス投資に積立すればさらに大きな資産となります。

 

セミセミリタイア生活にブログ運営はおすすめです。

 

セミリタイア生活においてのブログん運営収入については以下の記事で解説していますのでご参照ください。

あわせて読みたい
積み重ね
セミリタイア後に安定したGoogleアドセンス収入を得る二つのポイント安泰なセミリタイア生活のためには、Googleアドセンスによるブログ収益化を図る事が大切です。セミリタイア者だけの二つの武器を使う事で安定したブログ収入を得られるようにしていきましょう。...

 

貯金無しでも思い切ってセミリタイアしてみよう

人生は色々な選択肢がある

貯金無しで仕事を辞めてのセミセミリタイア生活いかがでしょうか?

ほぼフリーター生活と変わらない感じですが、サラリーマンに挫折してからのセミセミリタイア生活なら、また再就職してサラリーマンに戻ることがない様に節約や副業の方も頑張れるんではないでしょうか?

本当に今の仕事に行き詰まっているなら、貯金無しでも思い切って仕事を辞めて新しい人生をスタートすることも考えてみた方が良いですね。

 

ただ、出来れば『セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた』の記事でもお伝えしているように、最低1500万円のセミリタイア資金を貯めてからの完全なセミリタイア生活がおすすめです。