セミリタイア

セミリタイアするためには貯金はいくら必要か?40代独身の場合を検証

独身での老後生活

「早く仕事を辞めたいけど貯金がいくらあれば良いのか分からない。」

「セミリタイアのために貯金を貯めたけど本当にこれでお金が足りるかどうか不安で仕事を辞めるに辞められない。」

早く会社を辞めてセミリタイア生活に入りたくても資金面での不安がつきまといますよね。

そうすると、

あと1年・・・

あと1年・・・

とセミリタイアに入るのを先に延ばしてしまいます。

 

そこで今回は40代独身がセミリタイアする場合の必要貯金額を算出しました。

その結果、

40代独身なら貯金が3000万円あればセミリタイア可能

という結果に至りました。

しかし、このセミリタイアのための必要貯金額も条件によって前後してきます。

 

そこで今回の記事では、

  1. 独身と既婚の場合の必要セミリタイア資金の違い
  2. セミリタイアのためのインデックス投資による資産運用

の2つをポイントに、何故貯金3000万円でセミリタイア可能なのかをお伝えしていきたいと思います。

 

30代でセミリタイアしたい場合は以下の記事をご参照ください。

平日のサラリーマン
セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた 団塊の世代の大量退職も進んで、人員不足という大義名分で一人一人の仕事の負担が大きくなるばかりですよね。 残業、残業…...

 

独身がセミリタイアする難易度を既婚の場合と比較

 

独身なら自分自身が資産・収入に応じた節約生活を送れるなら後は両親の説得さえ出来ればセミリタイア生活に入ることが可能です。

しかし、既婚や子持ちだと家族のセミリタイアへの理解・節約への協力も必要ですし、相手方の両親の理解も必要になりますよね。

子供の教育費などまとまった金額が必要にもなりますので既婚の場合は独身に比べてセミリタイアの難易度が上がります。

既婚でのセミリタイア生活ならアルバイトで週3~4日働くようになる場合が多いんじゃないでしょうか?

 

独身者なら既婚者よりも少ない資金でもセミリタイアが可能となるため、セミリタイア後の稼ぐ金額も少なくすみ、時間的余裕を作る事が出来るはずです。

 

セミリタイア後の住居問題も独身なら自由が効きます

セミリタイア後の住居をどうするかはセミリタイアのための必要な貯金額考えるうえで大きな問題です。

住居は大きく分類すると3パターンでしょうか?

  • マイホームを購入
  • 両親から家を相続予定
  • 賃貸で過ごしていく

既婚ならこれからマイホームを購入、もしくは長期ローンを支払い中という場合が多いですよね。

しかしマイホームを購入して35年ローンなど長期ローンを組んでのセミリタイアでは多くの収入が必要となり、セミリタイア生活とは程遠いかもしれません。

家を両親から相続出来るならそのような心配はないですね。

しかし、持ち家の場合、固定資産税やリフォーム代・修繕費などの臨時支出があるので注意しなけらばなりません。

 

「いや、家など相続できない、自分で何とかするしかない。」

という場合も、独身であるなら賃貸でも過ごしていく事が可能でしょう。

都会だと家賃だけで平均8万円程度必要になってしまいますが、ほどほどの地方の市街地を選べば家賃3万~4万程度でも悪くない条件の物件に住むことが可能です。

市街地であれば買い物や病院も困らないですしね。

独身であるという身軽さ・フットワークを活用して住居問題を解決していきましょう。

 

セミリタイア生活のマイカー問題

マイカーを持つかどうかで年間生活費が大きく変わってきます。

軽自動車でガス代等を抑えたとしても年間生活費が平均20万円変わってきます。

既婚子持ち田舎住みならマイカーがないと生活が難しいでしょう。

しかし、独身で極端な田舎ではないならマイカー無しでも生活が可能です。

以下の記事でも紹介しているように電動アシスト自転車を活用したり、市内循環バスやタクシーを適時利用すればマイカー代年間20万円を節約することが可能です。

電動アシスト自転車
電動アシスト自転車での田舎のセミリタイア生活について考察してみた 一家に一台は欲しい自家用車。 しかし、田舎生活では一人一台 これが当たり前です。 駅にいけばすぐに電車に乗れて...

 

しかし独身でも両親の面倒を見る場合、両親が高齢になってくると車で病院への送迎をしたりなど考えなければなりません。

そのような場合のためにマイカー資金を確保しておかないといけない場合があります。

 

独身なら自身の老人ホーム代を確保しておきたい

独身の場合は生涯一人身となりますから自分が高齢になった時の自身の介護問題をどうするかということも考えておかなければなりません。

  • 高齢で身体が不自由になった
  • 認知症

などなど、一人では日常生活を送れなくなってしまった時に、介護してくれる人がいない独身において深刻な問題です。

そのような時のためにあらかじめ

  • 特別擁護老人ホーム
  • 有料老人ホーム

に入居できる資金を確保しておかなければなりません。

 

特別養護老人ホームと有料老人ホームの『毎月に必要な金額の平均』、『入居時に必要になる一時金』は以下の通りです。

月額費用平均入居一時金
特別養護老人ホーム10万~15万0円
有料老人ホーム15万~30万0円~数千万円

(地域・要介護度によって変わってきますので参考程度に)

既に年金受給できる年齢であれば年金を老人ホーム代に充当させる事も可能ですが、セミリタイア者は年金受給額も少ないため年金だけでは到底支払いが出来ません。

そのような時にアルバイト収入に頼ったセミリタイア生活を送っていると老人ホームに入居する事が出来ないですよね。

そこで、

  • セミリタイアに入る前に自身の老人ホーム代を生活防衛資金として確保しておく
  • 不労収入を作っておく

以上の2つの手段が必要となります。

不労収入を作る手段としては、不動産投資や株式投資など様々な手段がありますが、セミリタイア者におすすめなのがインデックス投資です。

老後資産を形成するのにインデックス投資はとても向いています。

 

独身セミリタイアならインデックス投資で老後資産を

投資で資産形成

独身でセミリタイアならインデックス投資で老後資産を形成するのをおすすめします。

セミリタイアに入る前に余剰資金でインデックス投資に毎月自動積立をし資産形成しておきましょう。

セミリタイアに入る前にインデックス投資で資産運用をする事で、

  • セミリタイアに入る年齢を数年早める事が可能
  • 不労収入となり自身の老人ホーム代等にも対応が可能

以上の様な2つのメリットが出来ます。

 

インデックス投資は短期間で大きく稼ぐ投資手段ではありません。

20年~40年と長い期間を資産運用する事で稼ぐ投資方法です。

株式100%なら平均5%~7%程度の利回りを得る事ができます。

 

独身でセミリタイアを目指す方にインデックス投資が特におすすめな理由が、

  • セミリタイア者なら数十年後先の老後資産として資産運用
  • 独身者ならまとまった支出が少ないため余剰資金で積立を継続しやすい

以上の2つとなります。

独身者なら余剰資金でインデックス投資への積立をしやすいので大暴落時の下落にも耐えやすくなります。

インデックスファンドの暴落時にもパニック売りせずに耐える方法については以下の記事で紹介していますのでご参照ください。

暴落で破産
暴落する株を手放さないためには?買い時と思える様になる4つの方法インデックス投資で資産形成するためには大暴落の時にどう耐えるかです。過去チャートと生活防衛資金を確保しての余剰資金での積立が大きなポイントとなります。暴落時を積立するチャンスと考え大きな利回りを得ていきましょう。...

独身でセミリタイアを目指す方にはインデックス投資を最大限に活用できるはずです。

 

資産運用をすれば貯金3000万円でセミリタイア可能

 

さて、ここまで独身者ならではのセミリタイアのポイントについてお伝えしてきました。

独身であるなら生活費も少なくすむし、自分次第でいくらでも自由が効くので資産・収入に合わせた節約生活がしやすいです。

そのため、既婚者と比べ独身者はセミリタイア資金も少なめでセミリタイアに入る事が可能です。

そこで、独身でセミリタイアに入るための必要な貯金額を3000万円としました。

細かい条件としては、

  • 40代
  • 地方の賃貸アパート暮らし
  • マイカー(軽自動車)持ち

とします。

3000万円の内訳としては、

  • 2000万円をインデックス投資で資産運用
  • 1000万円を生活防衛資金

としました。

インデックスファンドで2000万円を資産運用していた場合の40代でセミリタイア後の取り崩しシミュレーションしてみます。

40代セミリタイアシミュレーション

モーニングスターのシミュレーターより)

平均利回りを5%と想定して、セミリタイア後50年間資産運用しながら取り崩していくとすると、毎月9万円(税引前)を取り崩すことが可能です。

インデックス投資の毎月9万円の取り崩しと、不足分をアルバイト(週1~2日)やブログ運営などの在宅ワークで稼ぐ事で毎月の生活費はなんとかなりそうです。

ブログ運営収入を稼いでのセミリタイア生活については以下の記事を参考にして下さい。

ネットで稼ぐ人
雑記型のロングテールSEO戦略で月2万円のアドセンス収益を目指すGoogleアドセンスでの収益が上げづらいと言われている雑記型ブログですが、ロングテールSEO戦略で長期的に継続していく事で月2万円の収益を上げられるようにしていきます。...

 

年金受給年齢が今後何歳からになるか分かりませんが、68歳~70歳程度からセミリタイア者でも少ないながらも受給が始まるでしょう。

年金の受給が開始されたらもっと生活に余裕が出てきます。

また、インデックス投資による不労収入と年金により自身の老人ホーム代も大分賄えるようになりますね。

足りない分は生活防衛資金からも賄うことが可能ですし、生活防衛資金によって他の臨時支出類にも対応する事が可能です。

3000万円なら頑張れば貯金してセミリタイア出来る気がしてきました!

 

ここでは40代独身でのセミリタイアに必要な貯金を3000万円としましたが、条件によってもちろん必要額は変わってきます。

  • 持ち家(相続)か賃貸か
  • マイカーを持つかどうか
  • 親の介護は必要かどうか
  • 生活防衛資金をどの程度余裕をもって持つか
  • 悠々自適なセミリタイア生活をしたいのかどうか

この辺の条件に合わせてセミリタイアのための貯金額を調整しましょう。

節約生活で行くなら2500万もあればいけると思います。

 

しかし、セミリタイア資金をさらに2000万円まで落としてしまうと生活防衛資金を減らしてリスクを持ちながら生活するか、週3~4日程度のアルバイトが必要になるでしょう。

週3~4日もアルバイトをするなんて、いまいちセミリタイア感が薄くなりますね・・・

せっかくセミリタイアするのですからもっと時間的余裕を持っていきたいですね。

 

仕事もいつまでもあるとは限らない!不労収入を稼ごう

砂時計

独身であるなら少ない資金でセミリタイアに入っても比較的若い年齢のうちはアルバイトなどの収入で対応出来ます。

しかし高齢になってくると働きたくてもアルバイト先が見つからなくなったり、もしくは身体的な問題で働く事が難しくなってくるでしょう。

アルバイト収入に頼ったセミリタイア生活の計画は良くありません。

高齢になった時のリスクを減らすためにインデックス投資などで不労収入を確保しておきたいですね。

インデックス投資なら、

  1. 毎月の自動的に積立していける
  2. 年金のように毎月必要な金額を自動で取り崩し可能

と、まさしく不労収入となりますね。

インデックスファンドから自動取り崩ししてくれるのはSBI証券のみですよね!

年金が受給できるまでは、インデックス投資による不労収入とそれを補う程度のアルバイトやブログ運営収入を稼ぐことがおすすめです。

 

将来の事を考えると資金面でどうしても不安になり仕事を辞めたくても辞められない気持ちは分かります。

しかし、男性の健康寿命は平均72歳です。

(2016年 厚生労働省 第12回健康日本21(第二次)推進専門委員会資料より)

健康寿命については以下の記事で解説しています。

健康寿命とは
健康寿命とは何か知っていますか?平均寿命との違いについて解説します日本は平均寿命の延伸にたいして健康寿命が追い付いていなく差が激しくなっています。自立した生活が出来なくなる不健康期間が長くなるという事で今後老後リスクが増してくるので健康寿命を延ばす取り組みをしていきましょう。...

 

時間は有限なのです。

仕事を辞めたいと思ったなら後は思い切りだけです。

仕事を辞めた後の資金面に不安になっている気持ちを、自分の大切な時間を仕事に一刻一刻奪われている現状に対して向けなおしたら、また考えかたも変わって来るのではないでしょうか?

 

記事まとめ

40代独身なら貯金3000万円からセミリタイア可能。インデックス投資で資産運用しながら少しのアルバイトやブログ運営収入で不足分を補っていきましょう