セミリタイア

セミリタイアを30代で実現するためには貯金はいくら必要か計算してみた

平日のサラリーマン

団塊の世代の大量退職も進んで、人員不足という大義名分で一人一人の仕事の負担が大きくなるばかりですよね。

残業、残業…

休日出勤…

ボーナスカット…

どんどん働きづらい環境になり、このままで良いのかと将来への不安がつのるばかりです。

 

転職するにもスキルも無いし、結局どこに転職しても将来への不安は消えないし、出来れば仕事自体を辞めてのんびり暮らしていきたい。

けど仕事を辞めて暮らしていけるだけの貯金もないし・・・

そんな将来が不安で仕方ない20代・30代サラリーマンの方も多いのではないでしょうか?

30代だと貯金も少ないし、これから貯金を貯めるにしても給与が少ないから多くは貯めれませんよね。

「しかし少しでも早く仕事を辞めたい!」

「30代でセミリタイアしてやるんだ!」

という気持ちを大切に、どうすれば30代でセミリタイア出来るかお伝えしていきたいと思います。

 

ポイントは

  • インデックス投資で不労収入を作る
  • ブログ運営収入で稼ぐ手段を作る

の2つです。

 

30代でのセミリタイア資金は1500万円~2000万円

 

30代でセミリタイアするための資金を1500万円~2000万円とします。

以下の記事では40代独身でのセミリタイア資金は3000万円必要としました。

独身での老後生活
セミリタイアするためには貯金はいくら必要か?40代独身の場合を検証 「早く仕事を辞めたいけど貯金がいくらあれば良いのか分からない。」 「セミリタイアのために貯金を貯めたけど本当にこれでお金が...

 

30代でセミリタイアするなら40代でセミリタイアするより多くの資金が必要になるんじゃないですか?

確かにそうなんですが、安泰なセミリタイア資金を集めるより仕事を辞めてセミリタイアしたいという意思を重視しています。

30代で大きなセミリタイア資金を貯めようと思っても限界があります。

20代の時は給料も少ないし、30代になってようやく給料が上がってきたという所で仕事を辞めたいというわけですからね。

20代・30代サラリーマンの平均年収は、

  • 20代平均年収 250万円~350万円
  • 30代平均年収 450万円~500万円

といったところです。

ここからさらに税金が引かれ、生活費を差し引いて貯金を貯めようと思ってもあまり大きな金額を貯金する事ができません。

 

30代サラリーマンの平均貯金額はどれくらいか知っていますか?

30代での平均貯金額は589万円

(金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平29年調査結果より)

このデータをみて焦ってはいきません。

平均値は一部の裕福層の資産に引っ張られているため通常より多い金額になっているんです。

実際に近いデータは『中央値』になり、30代の貯金額の中央値は83万となります。

しかも40%の人は貯金がないというデータなんですね。

 

平均値と中央値の違いについては以下の記事をご参照ください。

30代の平均貯金額は
30代の平均貯金額が83万円て本当?今から貯蓄を始めても遅くはない30代の平均貯金額は83万円となっています。30代で貯金がなしだからいって焦る必要はありません。しかし今後大きな支出が必要となりますので無理がない節約法・インデックス投資やiDeCo等の資産運用で貯蓄を始めていきましょう。...

 

資金3000万円~4000万円貯めてセミリタイア生活に入るのが理想ですが、

  • 入社した時点からすでにセミリタイアを視野に入れて貯金してました
  • 残業代も含めて高給だったけど忙しすぎて使う暇がなかった

という人たち以外は現実的なセミリタイア資金ではないですよね。

「残業代も含めて高給だったけど忙しすぎて使う暇がなかった」という方がいきなりセミリタイア生活に入ると時間が余り過ぎて何をしていいか分からないとなってしまいやすいので注意です

平均年収450万~500万程度なら、手取り340万~380万程度になるでしょう。

年間生活費を100万円に抑えて、毎年240万~280万円を貯金していきたいですね。

もし現在の貯金額は0円だとしても、6年~8年で1500万~2000万円のセミリタイア資金を貯める事が可能です。

30代平均貯金額の500万円があれば4年~6年で貯められます。

年間生活費を100万円に抑えるってなかなか難しいですね

ただ、年間生活費100万円以内に抑えてセミリタイア資金を貯める事が出来たなら、セミリタイア後も継続して節約生活が送れます。

そうすれば少ないセミリタイア資金でも安定した生活が送れるし、生活シミュレーションもたてやすいですね。

 

入社5年目の27歳から、30代に入ったあたりで仕事を辞めたいと考える人が多いでしょう。

そのため30代のうちにセミリタイアに入るためには1500万円~2000万円の資金が現実味がありますね。

 

さて、実際に資金1500万円~2000万円で30代でセミリタイアすることは可能なのでしょうか?

 

セミリタイア後の生活のために不労収入を作る

お金を資産運用する

30代でセミリタイアに入るためには不労収入を作るのをおすすめします。

というより不労収入は必須です!

 

逃げ切り計算機』でセミリタイア後の生活シミュレーションをしてみます。

現在の年齢35歳
現在の貯蓄額2000万円
年間利息0%
年金支給開始までの年間支出額50万円
年金受給開始後からの年間支出額50万円
年金受給開始年齢70歳
受給年金の月額6万円
年間インフレ率1%
受給年金額のインフレ連動「しない」
の条件でシミュレートします。

年間生活費を100万円とし50万円をアルバイトなどの収入で稼ぐと想定し、年間支出額を50万としました。

現在(2018年)の30代では年金受給額は68歳~70歳になっているでしょうし、厚生年金の加入年数の関係で年金受給額も少なります。

年間インフレ率も1%に設定しました。

セミリタイア後のインフレのリスクについては以下の記事で紹介していますのでご参照ください。

貯金失敗
迫るインフレ!早期退職後の資産運用が必要な理由50歳5000万円持ち家ありでは老後破産してしまう。その存在がインフレ率です。早期退職するにあたってどう影響していくのかみていきましょう...

 

その結果…

試算の結果、あなたは、68歳までは生きられそうです

年金受給年齢までも資金が持たないですね。

何か大きな支出が発生した時に対応する事も到底出来ません。

年間50万程度のアルバイト収入ではなくもっとアルバイトの日数を増やせばセミリタイア破産とはなりませんが、セミリタイアのポイントは、

  • 時間的余裕
  • 精神的余裕

の2つです。

週4日~5日もアルバイトをしなくてはいけない状況だとセミリタイア生活とは程遠くなってしまいます。

 

そこで不労収入を作る必要があるんですね。

 

インデックス投資での不労収入がおすすめ

不労収入には不動産投資などがありますが、おすすめなのがインデックス投資です。

インデックス投資のポイントが、

  • 長期運用する事で平均利回り5%~7%(株式100%の場合)
  • リスクを分散出来る
  • ほったらかしに出来る

となります。

仕事を辞めた後の資金として長期間運用出来るセミリタイア者にとってインデックス投資はとても向いていますね。

 

SBI証券の『投資信託定期売却サービス』なら毎月指定金額を自動的に売却してくれます。

インデックスファンドから毎月年金のように生活費が振り込まれてくるわけです。

まさしく不労収入ですね。

 

ただ、セミリタイア資金を全額インデックスファンドに投資しては何か臨時支出があった時にインデックスファンドから取り崩さなければいけなくなります。

また、大暴落があったときに不安になりインデックス投資を辞めてしまうかもしれません。

そこで生活防衛資金として500万円は確保しておきたいですね。

生活防衛資金をしっかり確保しておくことで、

  • 臨時支出にも対応出来るようになりインデックス投資を長期運用可能
  • 大暴落時の不安解消になりパニック売りせずにすむようになる

以上のような2つのメリットがあります。

セミリタイア後のためにインデックス投資をするなら生活防衛資金は必ず用意しておきたいですね。

生活防衛資金については以下の記事で詳しく紹介していますのでご参照ください。

余剰資金を貯めておく
生活防衛資金はいくら必要か?インデックス投資での場合を検証してみたインデックス投資をする場合、生活防衛資金を用意する事で長期積立を継続する事ができ、また大暴落時には耐える事が可能になります。セミリタイア者の場合は生活防衛資金が多めに必要になりますので注意です。...

 

30代でセミリタイアするためのインデックス投資シミュレーション

実際にセミリタイアのためにインデックス投資を始める際のシミュレーションをしてみます。

 

まず1500万円の資金でセミリタイア』する場合。

1000万円をインデックス投資、500万円を生活防衛資金として確保するとします。

30代でセミリタイアして90代まで毎月不労収入として取り崩していく場合、毎月いくら取り崩せるか?

平均利回りを5%と想定します。

1000万インデックス投資

モーニングスターのシミュレーションを使用)

毎月4.4万円(税引き前)をインデックスファンドから取り崩し可能となります。

年間100万円生活ならアルバイトで毎月5万円程度、週2日働けば生活可能です。

 

次に2000万円の資金でセミリタイア』する場合。

1500万円をインデックス投資、500万円を生活防衛資金として確保するとします。

1500万インデックス投資

毎月6.6万円(税引き前)をインデックスファンドから取り崩し可能となります。

年間100万円生活ならアルバイトで毎月3万円程度、週1日働けば生活可能です。

少ない資金でも意外とセミリタイア生活できるんですね!

週1日~2日程度のアルバイトで生活できるなら、まさしく時間的余裕のあるセミリタイア生活らしいですよね。

 

セミリタイアのために貯金を貯めている段階でインデックス投資に毎月自動積立していきましょう。

実際の所はセミリタイアに入るまでに6年~8年ほど毎月積立をして資産運用をしているので、うまくいけばセミリタイアに入る頃には少し資産が増えているかもしれません

 

しかしこれは年間100万円生活と想定したシミュレーションですので、もっと余裕のある生活資金で暮らしたいとなるともっと収入が必要となります。

ただこれ以上アルバイトの日数を減らすと時間的余裕がなくなります。

セミリタイア生活とは程遠くなってしまいますね。

そこでおすすめなのがアルバイトと在宅ワークの組み合わせです。

 

アルバイトと在宅ワークの組み合わせで生活費を稼ぐ

 

セミリタイア生活中の生活費を稼ぐためにアルバイトの日数をむやみに増やしてしまうと、時間的余裕がなくなりセミリタイアらしさが無くなってしまいます。

若いうちはアルバイト先も簡単に見つかるかもしれませんが、あまりアルバイトに頼っていると年を重ねるうちに、

  • 働き口が見つからない
  • 自身の体力・身体的にアルバイトが厳しくなってくる

というリスクがあります。

セミリタイアらしい時間的・精神的余裕を作りながら、リスクを分散する手段としてアルバイトと在宅ワークの兼業をおすすめします。

 

在宅ワークの種類としては主に、

  • ブログ運営により収入を稼ぐ
  • クラウドソーシングで様々な仕事を受注して稼ぐ

の2つがあります。

おすすめなのがブログ運営で収入を稼ぐことです。

ブログを書くだけでお金になるんですか?!

広告によって収入を稼ぐことが出来るんですね。

  • 紹介した商品を買ってもらう事で報酬が貰える成果報酬型のアフィリエイト
  • 広告をクリックしてもらうだけで報酬が貰えるGoogleアドセンス

主に以上の2パターンです。

誰でも簡単に稼げるっていうわけでは決してありませんが、セミリタイアするならその体験談を記事のネタにする事ができます。

ブログで月10万とか100万~とか稼いでいる雲の上の人たちもいるので

「自分なんかじゃブログで稼ぐなんて無理!」

と始めから諦めてしまいがちです。

しかし、はっきりとした目的意識をもち継続してブログ運営をしていれば月2万~3万円を稼ぐ程度なら難しくはないんじゃないでしょうか?

 

当ブログの運営方針については以下の記事で紹介していますので是非ご参照ください。

ネットで稼ぐ人
雑記型のロングテールSEO戦略で月2万円のアドセンス収益を目指すGoogleアドセンスでの収益が上げづらいと言われている雑記型ブログですが、ロングテールSEO戦略で長期的に継続していく事で月2万円の収益を上げられるようにしていきます。...

 

締め切り等もなく、空いた時間帯にマイペースで更新していけますのでアルバイトをしながらも時間的余裕・精神的余裕を保ちながら収入を稼いでいけるブログ運営。

ブログ運営で月2万~3万円も稼ぐことが出来たらセミリタイア生活の大きな支えになりますよね。

もう少し稼げればアルバイトもせずにインデックス投資とブログ運営だけで生活するのも夢ではありません。

 

ブログ運営だけでそこまで稼ぐのはなかなか難しいかもしれませんが、

  • アルバイト
  • インデックス投資での不労収入
  • ブログ運営収入

という3つの稼ぐ手段を作っておけばリスク分散となり安心したセミリタイア生活を送れるようになりますよね。

3本の矢うんぬんってやつですね

 

とりあえずセミリタイア資金を貯める事から始めよう

コツコツ貯金を貯める

30代でセミリタイアだと十分なセミリタイア資金が集められず悠々自適なセミリタイア生活とはいきませんね。

1500万~2000万円程度の少ない資金でセミリタイアして失敗しないのか?と不安になると思います。

しかし、今の仕事の将来に不安があり、仕事が苦痛でセミリタイアしたい!という気持ちがあるなら、セミリタイア資金を貯めるための貯金をまず始めてみてはいかがでしょうか?

現在の貯金額は0円だとしても、年間生活費を100万以内に抑えれば6年~8年で1500万~2000万円のセミリタイア資金を貯める事が可能

とこの記事でお伝えしました。

6年~8年って本当長い期間だと思います。

その長い期間をセミリタイアのために節約生活を続け貯金をする事が出来るなら、相当セミリタイアへの意識が強いというわけです。

セミリタイア後も同じように強い意思で節制を継続して失敗せずに生活できるはずです。

確かにどうしてもセミリタイアしたいっていう気持ちが大切かもしれないですね

 

もしセミリタイア資金が貯まった後もまだセミリタイアに入る事が不安であったとしても、

「仕事が本当に嫌になったらセミリタイア資金もあるしいつでも仕事を辞められる」

と思えば、

「もう少し頑張ろうかな?」

とセミリタイア資金が仕事を頑張るための精神安定剤代わりとなりますね。

そんなこんなやっているうちに、安心してセミリタイアに入れるだけの資金が貯まっているかもしれません。

 

とりあえずセミリタイア資金を貯める事から始めてみませんか?

  • 自分がセミリタイア生活でどの程度の年間生活費が必要とするのか?
  • 自分は本当にセミリタイアしたいのか?

自分を見つめなおす良い期間になるはずです。

 

記事まとめ
  • 1500~2000万あれば30代でセミリタイア可能
  • セミリタイア生活はアルバイト+インデックス投資+ブログ運営収入の3つの稼ぐ手段を作る
  • とりあえず悩む前にセミリタイア資金を貯める所から始めよう