節約

リボ払いで無駄な手数料支払ってませんか?今すぐ借金地獄から抜け出そう

クレジットカード地獄

クレジットカードって現金を持ち歩かなくても支払いが出来るし、ポイントもつくしでとても便利ですよね。

現在、様々なクレジットカードが出ており、年会費永続無料や、ポイント高還元率なものなど、各社色々なサービスで競っております。

クレジットカードは今じゃ一人一枚は最低持っているんじゃないでしょうか。

複数枚持って使い分けている場合もありますよね。

しかし、クレジットカードは便利な反面、怖い面もあります。

それは『リボルビング払い』です。

通称リボ払いですね。

リボ払いの実質年率は大体15%となっております。

便利だからといってリボ払いで支払いをしていると、貯金がいつになっても貯まらないどころか破産しかねません。

クレジットカードの利用状況によっては手数料だけで年に十数万円~も支払っている可能性がありますからね。

私もその様な人間でしたが、今では借金地獄から抜け出し貯金を積み重ねる事が出来ています。

リボ払い地獄から抜け出すポイントは

  • クレジットカード利用明細と家計簿を利用する
  • 固定費の削減で繰り上げ返済する

の二つです。

リボ払い地獄を抜け出すために、どうすれば良いか見ていきましょう。

 

リボ払いは消費者金融からお金を借りるのと同じ様な事です

消費者金融
リボ払いって分割払いとどう違うんでしょうか?

リボ払いって言葉は聞いたことがあっても良く把握してない方も多いのではないでしょうか?

まず、リボ払いと分割払いの違いは

  • 「分割払い」 買い物の時点で支払い回数を決める
  • 「リボ払い」 毎月の支払額限度をあらかじめ決めて、限度額を超えた分を翌月以降に持ち越す

分割払いは、一つの支払いにたいして分割にするかしないか決めて支払いをするので、しっかりクレジットカードでの毎月の支払い状況を把握して分割の回数等を決めていかないといけません。

そうしないとクレジットカードの支払いが多くなってしまい、支払いが出来ないという状況に追い込まれる場合もあります。

 

反面、リボ払いだとあらかじめ毎月の支払額の限度額を、「1万円まで」「3万円まで」「5万円まで」など自分の支払い能力に合わせて設定する事が出来ます。

そうする事で、自分の毎月の支払い能力以上の買い物をしてしまった場合も、自動的に限度額を超えた分は翌月以降に持ち越しとなります。

とても便利なサービスですね。それならとりあえずリボ払いにしておいたほうが良いんじゃないですか?

確かに、小遣いが厳しい時などもリボ払いで翌月に持ち越してしまえば助けられて便利ですが、リボ払いはとても怖い部分もあります。

翌月に支払いを持ち越した分も、その翌月も支払額がリボ払いの設定額を超えてしまうと、さらに翌月と持ち越しとなってしまいます。

その様に、自分の銀行口座の残高の支払い能力に関係なく、支払いを持ち越し続けられてしまうため、気づいたらクレジットカードのショッピング枠の限度額に達していたって言う事に陥りやすいんですね。

 

  • リボ払いの実質年率は15%程

どうですか?高いと思いますか?安いと思いますか?

  • 消費者金融の実質年率は元金が10万~100万の時で18%

消費者金融からはお金は借りてはいけないという意識の方も多いと思いますが、リボ払いと消費者金融の金利の差は3%しかないんです。

リボ払いだと、その月に支払えない分を簡単に翌月以降に持ち越し出来てしまいますが、リボ払いで持ち越した分は借金です。

この意識の薄い方が多いのではないでしょうか?

消費者金融の金利と比較すると、リボ払いの怖さが分かってきました・・・

気づかないうちに、例えばクレジットカードの限度額100万円まで使用してしまうと、1年間に手数料だけで15万円近くも支払うことになってしまいます。

私もこのリボ払い地獄に陥ってしまい、クレジットカード限度額の100万~150万円近くまで常に使用し、夏・冬のボーナスはクレジットカードの支払いに充てる。

そしてまたクレジットカード限度額まで買い物を続ける。

というのと10年近く続けたため、リボ払いの手数料だけで150万円以上は払ってきたと思います。

こんな事をしていたら貯金なんて貯まるわけないですよね。

もし途中で仕事を失っていたら返済も出来ずに途方に暮れていたかもしれません。

リボ払いのサービスを利用していると、クレジットカードのショッピング枠の金額が自分の貯金だと勘違いしてしまうんですね。

 

リボ払い地獄から抜け出しましょう

家計簿を楽しみながらつける人

リボ払いの地獄から抜け出すにも、もうすでに泥沼にハマっているとなかなか抜け出すことが出来ません。

ショッピング枠を100万円以上使用していると、毎月リボ払いで4万円を支払いにあてても、手数料を引かれた3万2千円程度しか返済していない事になりますからね。

その状態から抜け出すためにはまず

  • 毎月のクレジットカードの使用額を、リボ払いの返済額より減らす

当たり前ですが、返済額より使用額の方が多ければいつになっても手数料を支払い続ける事になりますからね。

使用額が4万円、返済額が4万円だからとりあえず増えはしなかったから良いかなと思っているとリボ払いの罠にはまっています。

返済額から手数料が引かれますから、実際はその分負債が増えてしまってるわけです。

  • 返済額 - 手数料 - クレジット使用額 =

この計算式がプラスになっていないといけないわけですね。

そのためには、

  1. クレジットカードの利用明細を必ず確認
  2. 家計簿などで娯楽費の支出を把握

この二点が重要です。

昨今では、Amazonや楽天ショッピングなど欲しい物が何でも揃っており、さらには翌日には商品が届くという素晴らしい時代になっていますが、ここにクレジットカードがあるとボタン一つで購入出来てしまうので、リボ払いの罠にハマってしまいがちです。

今月あといくら利用出来るのか?

今月いくら使用してきたか?

ネットショッピングでこの二点を把握せずにクレジットカードを使用して買い物をしてしまうため、自分の支払い能力以上に買い物をしがちです。

一括でのクレジットカードでの支払いなら、翌月末に大きな金額の支払いに困り、二度と同じような事がないように反省するケースもあるでしょう。

しかし、リボ払いだと本当にリボ払いの泥沼にハマるまでそれに気づかずに散財を続けてしまいます。

それを防ぐために、クレジットカードの明細確認と、家計簿での娯楽費の支出の把握が重要です。

 

クレジットカードの明細確認と家計簿での支出管理

 

クレジットカードの利用明細は通常は郵送で送られてきますが、WEB利用明細サービスを利用するのが良いでしょう。

いつでもクレジットカードの利用状況を確認できるので便利です。

※ただ利用の反映にタイムラグがあるので注意です。

無駄な利用がないか確認しましょう。

月会費や年会費で無駄に支払いを続けてしまっているものなども見つける事が出来ます。

また、娯楽費の利用はクレジットカードだけではなくもちろん現金での支払いの部分もあります。

なので、クレジットカードの利用明細だけに頼らず、家計簿も併用する事で、毎月の娯楽費の使用額を目標額を超えないようにコントロールしましょう。

家計簿を付けるのがめんどくさいっていう方には、『長期的な節約を継続するには家計簿「おカネレコ」がおすすめ!』の記事でも紹介した「おカネレコ」という家計簿スマホアプリがおすすめです。

シンプルで簡単に使えるため、娯楽費の入力程度なら負担にならずに続けられるはずです。

それなら続けられるかもしれません

私もそうでしたが、リボ払い地獄に陥る様な方は、自分の支払い能力を無視した無駄遣いがとても多いため、クレジットの明細を確認・家計簿の使用の二点を使用した支出管理を行う事で、無駄遣いを減らすことが出来るはずです。

 

固定費の削減で無理がない繰り上げ返済が出来ます

 

無駄遣いを大幅に減らして、どんどん繰上返済していきましょう。

返済が伸びる程、高い金利を支払う事になってしまいますからね。

無駄遣いを大分辞めても返済が追い付かないような時は、生活費の節約も必要となってきますが、食費や電気代などの流動費の節約はなかなか難しいです。

リボ払い地獄にハマっているような方ならなおさらですね。

そこでおすすめなのが固定費の削減です。

  • 保険関係
  • 月会費・年会費がかかる不必要なサービス
  • スマホを格安SIMに
  • 自動車の維持費

などなど、一回削ってしまえば何もせずにずっと節約になるものから削ると楽です。

 

 

 

今まで手数料で引かれていた分をインデックス投資へ

毎月積立

娯楽費を管理して、固定費も削っていけば、ボーナスでの返済も含めてリボ払い地獄から抜けられるはずです。

一度、リボ払い地獄を抜ける事が出来れば、私みたいにその後も支出を管理し貯金を増やしていく事も可能だと思います。

毎月数千円のリボ払いの手数料を採取され続けるのは悪手です。

節約ぐせがついてリボ払い地獄から抜けられたなら、今まで手数料として採取されていたお金をインデックス投資に回してみてはいかかがでしょうか?

 

 

「投資なんてしたらまた採取される側に回ってしまうんじゃないの?」

と思える様なら、あなたはもうリボ払い地獄にハマる事はないでしょう。

インデックス投資なら毎月100円からでも積立出来ますし、

  • 低コスト
  • 長期積立
  • 分散投資

この辺を意識して長期保有する事で、元々手数料で消えていたお金ならリスクも小さく資産運用が出来るはずです。

少ない金額から初めて、もう少しリスクを取っても大丈夫かな?

って思ったら積立金額を増やせば良いだけです。

 

リボ払い地獄からいち早く抜け出し、将来に向けて資産運用していきましょう!