セミリタイア

セミリタイアシミュレーションは余裕を作りすぎてしまいやすいもの【見直しが大切】

セミリタイアシミュレーションは余裕を作りすぎてしまいやすいもの【見直しが大切】私はあと数か月後には仕事を辞めてセミリタイア生活に入るが、本来だったら4年先のつもりだったのを急遽大幅に短縮した。

資金面的にはかなり不安だが、今もし後4年働こうと思っても精神的に絶対無理だ。

ギリギリのセミリタイア計画を立てたつもりでも資金に余裕があるもの

仕事を続けていくことが本当に辛くなって、これからの仕事のことを考えるとどうしようもなく不安になる毎日だった。

そんなだから今年中のセミリタイアに決めたわけだけど、正直、セミリタイア資金にはかなり余裕がない状態となる。

初めにセミリタイア資金をシミュレーションしてから何度か修正をしてきて、なるべく最短でのセミリタイアができるように計画してきたつもりだ。

しかし、今回改めてシミュレーションし直してみたが、そこからも、

「もっと資金を削ってもセミリタイアできる!」

となったから4年早めてのセミリタイアとなった。

仕事を辞めるということはやはりとても不安なことであるから、切り詰めてるつもりでも大分余裕のある資金シミュレーションをしているということだ。

仕事が辛いならもう一度セミリタイア計画を立て直してみよう

そういうことで仕事を辞めるまで残り数か月でそれを精神安定剤代わりに仕事を頑張ってはいるが、それでも1日、1日の仕事で大きく精神を消耗して辛い。

こんな状態まで追い込まれていたのに後4年も続けるセミリタイアシミュレーションを立てていたのは今考えると本当にありえないことだ。

完璧に立てた計画だと思っていても、どこか余裕・保険のかけすぎた計画であったりする。

だから、本当に仕事が辛くてセミリタイアしたいと思っているなら、今一度シミュレーションをし直してみるべきだ。

セミリタイア資金を減らすのは不安が増えるが、

資金が減る不安 = 仕事を続けていく辛さ

と天秤の高さが一緒になるベストな所を見つけ直して一刻も早く仕事を辞めて、夢のセミリタイア生活に入るべきである。