働き方

仕事どうでもいいと適当になっているならセミリタイアという選択肢を

仕事どうでもいいと適当になっているならセミリタイアという選択肢を

「なんか仕事を頑張っても疲れるだけだし、もうどうでもいいや・・・」

会社では上司には怒られ正当な評価をされなかったり、人間関係に疲れたりと、長年そんな状態で仕事を続けていると、もうどうでもいいから適当に仕事をやっていこうとなってしまいますよね。

そんな状態で仕事をなんとか頑張っていこうとは思ってもうまくはいかないものです。

ですので、この記事では、もう仕事なんてどうでもいいと感じているあなたに、今の状態を乗り越えてその後の人生をうまくやっていける方法を紹介していきますね。

記事のまとめ

鬱病となってしまう前に行動を起こそう
仕事は割りきってプライベートを充実させる
いっそのこと仕事を辞めてセミリタイア生活

人生は仕事だけではありませんから、仕事のことは割りきって楽しく過ごしていけるようにすることが大切です。

仕事がどうでもいいという精神状態が続くと鬱病になりやすい

仕事がどうでもいいとなる理由は、

  • 自分の仕事が正当評価されない
  • ブラックな職場で体力・精神的にすり減っている
  • 職場の人間関係が疲れる
  • 今の仕事にやりがいを全く感じられない
  • 元々仕事をするのが嫌いで仕方ない

などなど、人それぞれです。

仕事がどうでもいいという精神状態に一度なったら、仕事が苦痛でしかなくなり、時間がたつのも遅く感じるようになります。

そうなると精神的にすり減っていく一方になってしまい、余計仕事がどうでもいいとなってしまう悪循環に陥って鬱になってしまいやすいです。

うつ病になる原因の4割は仕事の影響という統計が出ています

そんな精神状態からまた仕事を頑張ろうという状態に戻すのは非常に難しいです。

心は消耗品で回復には2倍以上の時間が必要だっていいますものね。

ですから、うつ病となってしまう前に、仕事を割りきれるように、または環境を変えていくことが大切なわけです。

仕事がどうでもいいならプライベートを充実させていく

仕事がどうでもいいという精神状態にまでなってしまったら、あとは仕事は適当にこなして休日を充実させていくことだけに取り組んでいくのもありですね。

  • 好きなことを仕事にしている
  • 仕事の達成感が堪らない
  • 出世してもっと金銭欲求・承認欲求を満たしたい

という人なら、仕事で辛いことはもちろんあるでしょうが、きっと充実した人生を送ることができるでしょう。

しかし、仕事が嫌い・嫌になったというあなたからしたら、仕事はストレスでしかありませんよね。

人生の3分の1は仕事の時間となり、仕事が苦痛だと無駄な時間を過ごしていると感じてさらに鬱になってしまいやすいですが、されど3分の1です。

残りの3分の1のプライベートな時間を充実させることができれば、十分に楽しい人生ということができるでしょう。

人生の残り3分の1は睡眠時間ですしね。

ですから、仕事がどうでもよくなったら、仕事のことは生きていくために最低限のお金を貰うためのものだと完全に割りきっていきましょう。

仕事がうまくいってないと、休日も仕事のことばかり考えてしまい、家に閉じ籠りがちになってしまいやすいです。

しかし、そうなると、余計悪循環に陥ってしまいますから、休日を思いっきり楽しむことに集中することですね。

  • ジョギング・ランニング
  • サイクリング
  • スキー・スノボ
  • 旅行

などなど本気で取り組める趣味を作ってみましょう。

とくに体を動かすスポーツなどは仲間ができたり、自分の成長によって承認欲求が得られたりと充実感を得られやすいのでおすすめです。

仕事のことも忘れて取り組みやすいですしね!

休日の遊び疲れは仕事の時間に落とすぐらいの意識をもつぐらい休日を充実させられれば、良い意味で『仕事はどうでもいい』となりますよ。

仕事がどうでいいなら辞めてセミリタイア生活もあり

仕事はもうどうでもいいというのなら、思いきって仕事を辞めて『セミリタイア生活』を送るという手段もあります。

セミリタイアとは?

ある程度の貯蓄を貯めてから仕事を辞めて貯蓄の切り崩しと精神的・時間的余裕を持ちながらの収入で悠々自適な生活を送ることです

セミリタイア生活なら、責任感や負担が少ないアルバイトを週1~3日程度したり、ブログ運営やクラウドソーシングなどの在宅ワーク収入を稼ぎながら気軽な生活を送っていくことになります。

あまり定期収入を稼がなくても沢山遊べるだけの貯金を貯めてからセミリタイアしようとすると、いつになっても仕事を辞められません。

ですので、人生100年時代を生活していけるだけの最低の貯金でセミリタイアすることになります。

セミリタイアする年齢にもよりますが2000万~5000万円ほどの貯金が目安になりますよね。

ですから、ほとんど仕事をする時間がないとはいっても、お金を贅沢に使って遊びまくる悠々自適なリタイアにはなりません。

セミリタイアは精神的に悠々自適な生活

けれど、セミリタイア生活なら、仕事や人間関係のストレスがなく、時間に追われることもありません。

なので、ストレス発散のためにお金を使うようなこともなくなりますし、お金を使わなくても意外と楽しめていけるものです。

お金がなくても楽しめる趣味もたくさんありますしね!
老後にお金のかからない趣味
老後のためのお金のかからない趣味11選【悠々自適な生活のために】定年退職後の退屈な生活をどう過ごすかが悠々自適に過ごせるかどうかの分かれ道です。収入の少なくなる老後でも気軽に始められて生涯遊べるお金がかからない趣味11選を徹底公開します。趣味に没頭する事で認知症予防をし楽しい老後人生を送りましょう。...

とはいえ、セミリタイア生活にはとても向き・不向きがでます。

仕事がどうでもいいといった状態が続き、

「仕事から解放されてのんびり暮らしたい」

といった気持ちが強いならセミリタイアを検討してみるのもよいでしょう。

セミリタイア資金を貯めるために10年前後かかってしまうかもしれませんが、セミリタイアという目標ができれば今の仕事もそれまでなんとか頑張ろうという気持ちになれますよ。見出し 今の仕事しかないと視野を狭めてはいけない

仕事がどうでもいいとなったら思いっきった行動をしていくことが大切です。

記事のまとめ

鬱病となってしまう前に行動を起こそう
仕事は割りきってプライベートを充実させる
いっそのこと仕事を辞めてセミリタイア生活

仕事が嫌だと感じたまま我慢して続けていると、精神的に病んでしまい、次第には生きている意味も分からなくなってしまいます。

ですから、今の仕事からの逃げ道を作ることで、今の仕事だけにとらわれずに今後の人生をうまくやっていけるようにしましょう。