節約

貯金がない20代って普通?今からでも始められるお金を貯める方法を紹介

貯金がない20代からでも貯蓄する方法

「20代のサラリーマンの人ってみんなどれくらい貯金しているんだろう?」

「20代だと年収も低いし自分が貯金ができないのも仕方ないよね」

20代で働き始めたばかりだと、色々とお金を使い込んでしまい貯金が全くできないですよね。

今回の記事では、20代の平均的な貯金額、また20代からどのようにしたら貯金していけるようになるかお伝えしていきます。


 記事のまとめ

  • 20代からでも貯蓄を自動化していくことで貯蓄を増やしていきやすい
  • 転職で年収を上げることで貯蓄をしていくという選択肢も持とう

20代だから貯金ができないと言い訳しているといつになっても結局貯金ができません。

貯金があれば今後の人生の選択肢が増えますので、人生を裕福にするためにも貯金をする努力をしていきましょう。

貯金ができる体制を作ることができれば、お金が増えていくのが楽しくなっていきますよ。

 

20代前半・後半の平均貯金額・中央値っていくら?

20代の半数以上がまったく貯金ができていません。

しかしそんな中でもしっかり貯金ができている人も多いので安心してはいけませんね。


 20代の平均貯金額

20代の平均貯金額

(金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査【単身世代調査】(平成30年))

20代の平均貯金額は128万円となっています。

貯金がない人って全体の45.4%もいるんですね。

結構みんな貯金していると思うかもしれませんが、『平均貯金額』というのは、単純に全体の貯金額から人数で割った金額になるんです。

そのため一部の裕福層の資産に大分データを上に引っ張られてしまい、あまり正確な数値とはいえません。

 

そこで実際の一般層の貯金額を知りたいなら『中央値』を見る必要があります。

『中央値』というのは、貯金額順に全体を並べた時に丁度真ん中の人の貯金額になります。


 20代の実際の貯金額に近い中央値はいくら?

20代の貯金額の中央値 = 5万円

20代の約半数近くの人が貯金がないため、貯金額の中央値も5万円ととても低くなっています。

しかし同じ20代の貯金額をみて決して安心してはいけません。

20代で貯金が100万~1,000万円ある人が全体の24.5%もいて、少ない年収の中からもしっかり貯蓄していっている人も多いわけです。

貯金できる人と、貯金できない人で両極端なわけですね。

 

20代で貯金ができないなら30代・40代になっても貯金できない

給料の手取りも少ない20代だと貯金がなかなかできないですが、20代からでも貯金をしていくという意識がないと、いつになっても貯金できるようになりません。


 20代の平均年収(男女別)

年齢階層全体
20~24歳279万243万262万
25~29歳393万318万361万

(出典:国税庁 平成29年分民間給与実態統計調査より)

月収にすると17万~24万円程度で、手取りだと13万~17万円程度になりますね。

この少ない手取りの中から貯金をしていくのは確かに厳しいですが、その中からでも生活費のやりくりをして貯金ができる状態を作っていかなければなりませんね。


 34歳以下(単身世帯)の毎月の平均生活費

品目月額
食費45,000円
住居費25,000円
水道光熱費6,000円
保険・医療費3,000円
交通・通信費25,000円
家具・家事用品3,000円
衣服費6,500円
教養娯楽費19,000円
その他(交際費等)25,000円
合計157,500円

(総務省統計局:家計調査年報(家計収支編)平成29年より)

毎月の生活費は実家暮らしなのか一人暮らしをしているか、また住んでいる地域で大きく変わります。


 20代からの年間手取り収入からの貯蓄割合(ボーナス含む)

貯蓄割合
20代15%
30代14%
40代13%
50代11%
60代8%
全体平均12%

(金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査【単身世代調査】(平成30年))

※貯金ができていない人のデータは含まれていません。

ボーナスからは32%を貯蓄にあてていますので、毎月の手取りからは約10%を貯蓄にあてていることになります。

20代で貯金ができている人は毎月1.3万~1.7万円を貯蓄していることになりますね。

20代で一人暮らしをしていると生活費のやりくりだけでも厳しいですが、毎月2万~3万円ほどは貯金していく努力をしていきましょう。

ボーナスはできるだけ貯金にあてたいですね。

生活費の中から固定費の削減をするだけでも毎月2万~3万円程度は節約していきやすいのでおすすめです。


 固定費の節約が継続しやすくて簡単

  • 携帯会社を格安SIMに
  • 自動車の維持費
  • 生命保険・医療保険
  • 新聞代
  • クレジットカードの年会費
  • 月額制のあまり利用していないサービス

ここら辺の固定費を削減していけば毎月2万~3万円程度の節約が可能です。

食費や光熱費の節約を長期継続していくのはとても難しいですが、固定費の節約なら一度余計なものを削ってしまえば継続していきやすいためおすすめです。


 実家暮らしなら毎月最低5万円を貯蓄

実家暮らしだと生活費として家に3万~5万円ほど入れるケースが多いですね。

一人暮らしより圧倒的に生活費を少なくしていけるので毎月5万円の貯金を目標にしていきたいですね。

実家暮らしだと余裕ができてしまうことで逆にお金を使いすぎてしまいやすいので、一人暮らしをしている気持ちでその分のお金を毎月貯金していきましょう。


 30代からも余裕のない中からも貯金をしていくことが必要になる

20代で余裕の少ない給料の中から貯金をしていくというのは苦しいですが、それは30代になっても40・50代になっても変わりません。

結婚をしたら住宅ローンを支払いながらも、子供の将来のための教育資金を貯めていかなければなりません。

子供が独立したあとも両親の老後の面倒をみていきながら、自分達の老後資金を貯めていかなければなりません。

 

年収が増えていっても決してお金に余裕のある中では貯金をしていきにくいわけです。

ですから20代で給料の手取りが少ないとしても、限られたお金の中から支出を制限しながら貯金をしていく意識が今後のためにも必要になってくるわけです。

 

20代からでも貯蓄していくためには自動化が大切

20代からお金を貯めていきたいなら、お金を自動的に貯蓄していけるようにするべきです。

ただ銀行の預金口座に預けているだけでは気づかぬうちに支出のほうが多くなって貯金がしていけません。

また貯金が貯まったとしてもお金に困ったときに簡単に使えてしまうと貯金がなくなってしまいますからね。


 お金を貯めていきやすくするポイント

  • 先取り貯金で強制的に貯金
  • 投資信託での資産運用
  • iDeCoでの老後資産形成

無理がない程度の貯蓄金額を設定して毎月自動的にお金が引かれていくようにし、残ったお金でやりくりしていくようにしていきましょう。

 

先取り貯金で強制貯金

どうしても貯金ができないという人は、『先取り貯金』で強制的に貯金をしていきましょう。

先取り貯金とは?

給与が銀行口座に振り込まれたら貯金額を即座に別の口座に移してしまい使えなくしてしまうことです。
お金を使ってしまう前に先取りしてしまうことで貯金ができない人でも強制的に貯金ができるようになります。

貯金額を給料から先取りしてしまえば、残ったお金の中から毎月の生活費をやりくりしていくしかないので、

「お金があればあるだけ無駄遣いしてしまうし、節約も長続きしない…」

というあなたでも先取り貯金なら貯金をしていくことができるようになるというわけです。


 先取り貯金をするときの注意点

先取り貯金をするときはクレジットカードの利用に注意しなければなりません。

給料から貯金額を先取りして口座に残ったお金でやりくりしていこうとしても、クレジットカードを使用しては口座残高以上の出費をできてしまいますからね。

毎月のクレカの支払い額を定額にするリボ払いもありますしね。

そうすると貯金ができないばかりか、リボ払いで借金が増えていってしまう可能性があります。

リボ払いはとても便利ですが、年間金利も15%程度と消費者金融でお金を借りているのと同じなので注意が必要です。気づかないうちにとんでもない利息を支払っていることになります。

ですのでクレジットカードは使用せず現金のみで支払っていくのが理想ですね。

クレジットカードをどうしても使用するなら家計簿をつけて支出管理がかかせませんね。


 デビッドカードはカードでの支出管理する上で便利

支出管理しながらカードでの買い物をしたいというのなら、『デビッドカード』を使用するという方法もあります。

デビッドカードはクレジットカードと同じように支払いができます。


 デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードクレジットカード
支払い方法即時引落翌月引落
支払い回数1回のみ1回 / 分割 / リボ
入会審査なしあり

クレジットカードとの違いは、デビッドカードで支払いすると購入金額が即銀行口座から引き落としされるんです。

銀行口座の残高以上の買い物をしてしまうことを防げるので、先取り貯金との相性がとてもいいというわけです。

1か月のカードの利用額を3万円までとか制限できるデビットカードもありますのでとても便利ですよね。

このように貯金ができない人は、貯金・節約するための便利なアイテムを使用していくことも大切です。

 

おすすめのデビッドカード、また固定費の削減方法などについては『生活水準を下げるための6つの節約術を公開!人生を豊かにするために』で詳しく紹介していますのでご参考にしてください。

生活水準を下げるための6つの節約術
生活水準を下げるための6つの節約術を公開!人生を豊かにするために 「将来のために貯蓄したいけど全くできない・・・」 「転職や定年退職で収入が下がってしまうが今のままでは毎月...

 


 先取り貯金を自動化することが継続のコツ

先取り貯金を長期間継続していくためには先取り貯金することに手間をかけないようにするということです。

ただでさえお金を使うことを我慢して先取り貯金をしていくのに、別の口座に移すことに毎月手間が必要になっしまうと面倒になってしまいすぐに辞めてしまいますからね。

確かに面倒なことって続かないですよね…。

ですので、毎月自動で先取り貯金できるようにするのが長続きさせるポイントとなります。

先取り貯金を自動化させるためには住信SBIネット銀行の『定額自動入金サービス』をおすすめします。

 

住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスで先取り貯金の自動化

ネット銀行である住信SBIネット銀行の『定額自動入金サービス』を利用すれば、毎月自動的に先取り貯金をしていくことが可能です。


 住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスの特徴

  • 他行の口座(本人名義)から住信SBIネット銀行(本人名義)へ毎月自動入金
  • 入金手数料無料
  • 毎月30ポイントのスマプロポイントを獲得

貯金したい金額を貯金用口座に毎月自動的に振り込みしていきたい人にとても便利なサービスです。

主な都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行などに対応していますから、住信SBIネット銀行の口座を無料で開設するだけで利用が可能です。


 定額自動入金サービスを利用しているだけで年間360円が手に入る

『定額自動入金サービス』を利用しているだけで自動的に毎月30ポイントのスマプロポイントを獲得できます。

1スマプロポイント = 1円

で交換できるので、『定額自動入金サービス』を利用しているだけで年間360円が手に入るんですね。

0.01%の普通預金金利で360万円を1年間預けていたときの金利と同じ金額をポイントで獲得できるんですからとてもお得ですね。


 目的別口座に貯金を振り分けていくことも可能

住信SBIネット銀行なら定額自動入金サービスで自動先取りした貯金を、『目的別口座』に振り分けることが可能です。


 住信SBIネット銀行の目的別口座の特徴

  • 最大5つまで無料で利用可能
  • 口座ごとに任意の名前を付けられる
  • 目標期間・目標金額を設定可能
  • 目標の達成率を確認できる

と住信SBIネット銀行の口座を持っているだけで無料で利用でき、目的ごとの資産形成のサポートをしてくれるのが『目的別口座』です。

マイカー用・マイホーム用・教育資金用などに細かく分けられて達成度も確認できるから貯金のモチベーションが上がりますよね!

住信SBIネット銀行は貯金していくためのサービスが充実していますから貯金用口座としてとてもおすすめです。

 

住信SBIネット銀行についてもっと知りたい方は『住信SBIネット銀行のメリット・デメリット!貯金用として優れている2つの理由』をご参考にしてください。

住信SBIネット銀行のメリットデメリット
住信SBIネット銀行のメリット・デメリット!貯金用として優れている2つの理由 さまざまなサービスが充実しているネット銀行も沢山あってどこのネット銀行を選んで良いのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は...

 

20代からの投資信託での長期運用で貯金を貯める

投資信託で資産運用をしていけば、少ない積立金額でも20代という若さを活かして長期運用で安定した利益を稼いでいけるのでおすすめです。

投資初心者でも10年~20年以上の長期運用していくとこで安定した利益を稼げるのがインデックス投資です。


 インデックス投資とは?

インデックス投資は1つの企業に投資するのではなく、市場全体に分散投資をすることでTOPIXや日経平均などの市場の平均値との連動を目指していきます。

けれど平均値を目指していたら利益がでないんじゃ…?

世界経済は長期的にみると右肩上がりなので、インデックス型の投資信託(インデックスファンド)に投資し長期運用するだけで経済成長の恩恵を得て利益を得られるんです。

インデックス投資では個別株式・FX・仮想通などのように短期間で大きお金を増やすことはできませんが、長期運用をしていけば平均利回り3~7%が期待できます。

銀行の預金金利が0.01~0.1%程度ですからとても大きな利回りですね!


 平均利回り7%で運用した場合の利益額

月1万積立月2万積立月3万積立
5年12万24万36万
10年55万110万165万
15年140万280万420万
20年280万560万840万
25年500万1,000万1,500万
30年860万1,720万2,580万

積立額が少なくても、平均利回り7%で運用できると大きな利益となります。

短期間ではほとんどお金を増やすことはできませんが、インデックス投資は長期運用すればするほど複利効果で利益が大きくなっていくというわけです。

20代という若さを活かして長期運用していけばこれだけの利益を稼いでいくことができるわけです。

インデックス投資は毎月100円からでも始めることができますので、はじめは1万円など少ない金額から積立を始めて、慣れてきたら積立金額を増やしていくといいですね。

投資初心者だと下落へのリスク耐性が低いですから、リスク耐性を少しづつあげていくためにも少ない金額から積立を始めるのがいいですよね!


 投資信託で運用するなら出口戦略が大切

投資信託で運用していくなら、どのようにして売却して利益を得ていくか?という出口戦略をあらかじめたててから始めることで暴落にも対応していくことが可能となります。

まとまったお金を使いたくて売却しようと思っていたタイミングで大暴落がきてしまっては、売却ができない・売却しては損してしまいますからね。

売却の時期をあらかじめ5年~10年ほどの余裕をもっておくなど、暴落があっても回復を待つ期間を作ることが必要ですね。

20代からの投資信託での運用方法、詳しい出口戦略については『投資信託なら20代から始めても稼げる?安定した利益をえるコツを紹介』で解説していますのでご参照ください。

20代からの資産運用は投資信託がおすすめ
投資信託なら20代から始めても稼げる?安定した利益をえるコツを紹介20代からの資産運用に悩んでいるあなたに。20代という強みを生かした投資信託での運用法を紹介します。ポイントは出口戦略をたてたうえでの長期積立になります。この記事を読めば安定した将来の利益を稼げるようになりますよ。...

 

老後資産のためならiDeCo(イデコ)での運用

老後のための資金を貯めていきたいという意識があるなら、個人型確定拠出年金のiDeCoでの運用をおすすめします。

iDeCoは節税効果を受けながら投資信託で毎月自動積立で老後のための資産運用がしていけます。

 

現在20代だと老後には年金受給開始年齢が70歳以上になっている可能性が高いですし、年金受給額も少なくなって年金だけでは生活できないかもしれません。

老後破産せずに安泰な老後生活を送るためには、自分自身で老後資産を形成していかなければなりません。

けれど今現在も貯金できていないのに、40年以上も先のために貯金をしていくなんて不可能に近いですよね。

「老後のための貯金はしていきたいけど、自分にはできそうにない…」

というあなたでもiDeCoを利用すれば着実と老後資金を貯めていきやすいようになっているんです。


 老後のための貯金ができない人にiDeCoがおすすめの理由

  • 少ない掛金でも長期積立していくことで大きな利益を稼げる
  • 掛金は60歳まで引き出せない
  • 掛金が全額所得控除となり大きな節税効果を受けていける
  • 毎月の掛金の限度額があるため無理な投資にならず長期運用しやすい

iDeCoに拠出したお金は、引き出したくなっても60歳になるまでは引き出しができないので、確実に老後資金を貯めていけるというわけです。

サラリーマンなら毎月の掛金も23,000円までと制限されていることで、余剰資金のなかでの投資となりやすく長期的に継続していきやすくなります。

大きく稼ごうと無理して投資してしまうと、生活も苦しくなるし暴落時の下落幅に耐えられなくて、長続きしませんものね。

それにiDeCoなら暴落があっても狼狽売りすることもできず60歳までほったらかしにするしかありません。

そのため強制的に長期運用ができるので、低コストなインデックスファンドで運用さえしていれば少ない掛金でも大きな利益を稼ぐことが可能です。


 iDeCoに毎月2.3万円を積立していった場合の節税額合計

積立年数iDeCoでの総積立額iDeCoによる節税効果合計
10年276万82.8万
15年414万124.2万
20年552万165.6万
25年690万207万

通常の投資信託ではなくiDeCoでの運用をするメリットはこの大きな節税効果にもありますね。

また投資信託の売却時には利益分から20.315%の税金が差し引かれてしまいますが、iDeCoなら一定額までは受取時の税金が非課税となるのも大きいです。

利益が丸ごと自分の手に入ってくるわけですね!

ただし受取金が非課税になる条件は複雑なため注意しなければなりません。

iDeCoについて、また60歳以降の損しない受け取りのしていき方については『iDeCo(イデコ)の損しないやり方は?メリット・デメリットを徹底網羅』で詳しく解説していますので是非ご参照ください。

iDeCoの損しないやり方とはメリット・デメリットを徹底網羅
iDeCo(イデコ)の損しないやり方は?メリット・デメリットを徹底網羅 「年金は将来どうなるか分からないし老後が不安…」 「老後資金を貯めたいけど、お金をすぐに使ってしまってなか...


 老後資金の形成のためならiDeCoが1番

老後のための貯蓄をしていきたいという意思があるのなら、iDeCoで積立していけば老後生活の大きな助けとなりますので、とりあえず月1万円からでも始めてみましょう。

 

貯金がないなら20代でも転職で年収を上げていく

20代でも転職で年収を上げて貯金を

20代という若さと身軽さを活かして思いきって転職することで、年収をあげて貯金をできるようにするという方法をとっていくのもいいですね。

 

大学の就活のときには就職浪人とならないように就職先を見つけるだけで精一杯で、自分のやりたい仕事に就けた人って少ないのではないでしょうか?

そもそも自分がやりたい仕事が分からなかったですね…。

自分のやりたい仕事に就いたつもりだったけど、働いているうちに自分がやりたい仕事はこれじゃないと気づく場合もありますしね。

実際に働いているうちに気づいた本当に自分がやりたい仕事に転職して、充実した仕事ができるように・年収を今よりあげて貯金がしていけるようになったら最高ですよね。

20代の平均年収である262~361万円だと頑張っても年間100万円程度しか貯金していけませんが、転職で年収450万~500万円にアップすれば趣味などを楽しみつつも200万円ほど貯金していくことが可能となりますからね。

 

まずは転職サイトに登録しておくだけでもいい

といっても転職は人生の大きな転換となるため、「転職して年収を増やして貯金をしていきたい」という気持ちがあってもそう簡単には決断できませんよね。

しかし今すぐ転職する気がなかったとしても、とりあえず転職サイトに登録だけでもしておくことが大切です。


 転職サイトに登録するメリット

  • 無料で利用できる
  • 多くの求人数の中から自分で求人を選ぶことができる
  • 登録した後も自分のペースで転職活動していける
  • スカウト機能を使えば企業側の方から直接オファーが来る

転職サイトに登録だけしておけば、どのような求人があるのか確認することができますし、またあなたにあったおすすめの求人がメールで送られてきます。

そのような転職の求人情報をストックしておくだけでも、いざという時に転職という選択肢をとっていくことができるようになります。

 

転職したいと思ったときに1から全部調べていかないとなると面倒になってしまい転職を諦めてしまいやすいです。

ですので今は転職をする気がなくても、あらかじめ転職サイトに無料登録だけしておくことで将来の選択を増やしていくことが大切です。


 とりあえず登録するなら転職者の8割が登録しているリクナビNEXT

おすすめの転職サイトは転職者の約8割が利用している人気の大手転職サイト『リクナビNEXT』です。

掲載求人数が1万件前後ととても多く、そのうちリクナビNEXTにしか掲載されていない限定求人が85%もあります。

スカウト機能も優れており、登録&利用が無料なのでとりあえず登録しておいて間違いがない転職サイトですね。

 

今すぐ転職したいなら転職エージェントでサポートを受ける

「年収をあげるために今すぐにでも転職をしたいけど、自分で求人を探したりなど転職活動をしていくのは不安でなかなか動き出せない・・・」

というのなら、『転職エージェント』を利用しましょう。

転職エージェントなら、あなたの転職活動を転職のプロがサポートしてくれます。


 転職エージェントを利用するメリット

  • 登録から採用まで完全無料で利用できる
  • 対面や電話で転職についての面談や相談ができる
  • あなたに合った非公開求人を紹介してもらえる
  • 面接の日程や給料を企業側と交渉してもらえる

転職へのアドバイスをもらいながら転職活動に必要なことは全てサポートしてもらえるので、企業との面接に集中できるというわけです。

転職エージェントは登録から採用まで全て無料なので利用しないと損なわけですね。

 

就職活動のときに精神をすり減らしながらやっと今の会社に入ったのに、誰にも相談できず1人で転職活動していかないといけないのは厳しいですよね。

就職活動のときは学校や友達と相談もできましたしね…。

ですから、転職エージェントの力を最大限に借りることで転職を成功させて無事に年収をあげることができれば安いものです。

「転職したいのに1人での転職活動が不安・・・」というなら転職エージェントを活用していきましょう。


 業界トップクラスの非公開求人数のリクルートエージェント

おすすめの転職エージェントは転職成功実績No.1である『リクルートエージェント』です。

業界トップクラスの求人数であり、一般向けには公開されていない非公開求人数が10万件という国内最大手の転職エージェントです。

「今すぐ転職したい!」という意思が強いなら今すぐ無料登録して実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けて転職活動を行っていくべきですね。

転職サイトである『リクナビNEXT』と一緒に登録しておくと便利ですよ。

 

20代でお金がない不安な状態から脱却しよう

20代だと年収も低いし、色々遊びたいからなかなか貯金をすることができませんよね。

しかし頑張って貯金をしていけば今後のさまざまなライフプランでも役にたちます。

また今の仕事が辛くなったときも貯金があれば、自分を見つめなおす期間を作ってから再就職したり、早期リタイアという選択肢を取ることができるようになりますしね。

貯金があれば人生の選択肢が増えますよね!


 20代でも貯蓄をしていくポイント

  • 先取り貯金で強制定期に貯金していく(自動化すると長続きしやすい)
  • 20代という若さを活かして投資信託での長期運用で安定した資産形成
  • iDeCoを活用しての老後資産形成

20代でもしっかり貯蓄していくことはできますので、人生を豊かにするためにも貯金を自動化して少しづつ積み立てるようにしていきましょう!