税金

セミリタイア後に保険は不要?高額療養費制度を活用しましょう

入院費が心配

高額療養費制度って知っていますか?

この制度を活用すれば、民間の医療保険費を毎月支払い続けるのは勿体ないと思うはずです。

みなさんせっかく公的医療保険に加入しているのに、医療費の3割自己負担しか使用していなければ勿体ないですよ。

高額療養費制度を知ることで公的医療保険の元を取っていきましょう。

公的医療保険については、『退職直後の壁!国民健康保険料を抑える2つのポイント』を参照ください。

 

高額療養費制度の自己負担っていくら?

問診

公的医療保険ってやはり高いですよね。

絶対加入しないと駄目なんですかー?

国民皆保険制度』と呼ばれていて、国民全員いずれかに加入しないと駄目なんです。

しかし待ってください。

加入しないと駄目というか、加入してその制度をしっかり活用しないと損なんです!

え?そうなんですか?!

その正体が、『高額療養費制度』です。

健康保険や国民健康保険に加入していれば、病院での診察、手術、入院代等は3割負担になる事は誰でも知っているはずです。

しかし、大きな手術、長期入院となると大金が必要になってしまうため、皆さん民間の医療保険等に加入されていると思います。

高額療養費制度がどういうものかと言いますと、

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

上限額は、年齢を所得に応じて定められています。
いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

(出典:厚生労働省より)

手術や長期入院などでの高額医療費までもが、一か月以内の上限額を超えた場合は、その金額分が後日払い戻しされます。(申請してから3か月かかります)

ただ、待っているだけでは払い戻しされません。

加入している健康保険組合に申請をしないと払い戻しされません

また、高額療養費制度の存在を知っていたけど、確定申告で医療費控除を申請した事で高額療養費制度によってお金が戻ってくると勘違いしている方も私の周りにもいたので要注意です。

医療費控除では確定申告によって所得税が軽減されるだけです。

もちろん高額療養費制度と医療費控除を併用する事が可能です。

 

それでは実際にどの程度の負担額になるのでしょうか?

高額療養費負担額

(出典:協会けんぽより)

標準報酬月額により区分されますが、一般的な収入の方だと、大体標準報酬月額28~50万の区分に収まると思います。

年収330万~770万程度の方ですね。

もしガン治療による手術・入院があり、月に総額100万円の治療費がかかったとします。

通常は自己負担3割により30万円が必要ですが、高額療養費制度を使用する事で自己負担額を87,430円に抑えることが出来ます。

凄いですね。けど後で払い戻しって事は30万円は一時負担しないといけないんですよね?払えないわ

そんな方のために『限度額適用認定書』という便利な物があります。

高額な治療費がかかる事が見込まれるときは、事前に各健康保険組合に申請する事により、『限度額適用認定書』を貰う事が出来ます。

限度額適用認定書を病院の窓口に提示する事により、支払いは高額療養費制度の自己負担上限額ですみます。

通常、高額療養費制度の申請をしてから支給まで3か月かかるので、一時的な大きなお金も必要なくなりますね。

それはとても助かります。上の表には多数該当の場合ってありますが、これはどの様な時ですか?

多数該当とは、直近一年の間に高額療養費制度を3回(三か月)以上使用した場合、4回目からは多数該当となり、いくら治療費がかかっても、一月44,000円の自己負担額ですみます。

度重なる入院や通院で高額な治療費が定期的に必要になっても、これのおかげで大分負担が軽くなりますね。

さらに、セミリタイア者であれば所得もかなり少なくなるはずなので、低所得者の区分になれば、自己負担額上限が35,400円、多数該当時が24,600円とさらに負担が下がります。

 

さらに、70~74歳までですとさらに負担額が下がります。

高額療養費70歳以上

低所得者だと、外来(通院)だと自己負担額が月8,000円となります。

そんなに安くすむんですね!

70~74歳枠だと、入院が別枠になるので注意です。

  1. 外来で限度額に達せず、一か月で7,000円だった
  2. 入院費で一か月で100,000円かかった

以上のような条件ですと、外来と入院費が合算されて107,000円になり、「低所得者の区分Ⅱ」だとすると、上限額が24,600円になります。

差額の82,400円が高額療養費制度によって払い戻しされます。

 

いかがでしょうか?

高額療養費制度を活用する事によって医療費をかなり削減する事が出来ますね。

セミリタイア者にとってはなおさら活用しないと勿体ない制度です。

高額療養費制度の事を計画に入れ、セミリタイア後のシミュレーションを行いましょう!

※75歳以上になると、それまでの国民健康保険などから自動的に『後期高齢者医療制度』に切り替わります。後期高齢者医療制度についてと、高額療養費制度での『世帯合算』については、また別の記事で紹介します。

 

社会保険と国民健康保険での違いについて

高額療養費制度の区分を決められる際のポイントとして

  • 社会保険の場合、保険証本人の月収によって区分が決められます。
  • 国民健康保険の場合、国民健康保険加入者の世帯年間所得で区分が決められます。

社会保険と、国民健康保険で以上のような大きな違いがあります。

セミリタイア後に加入する国民健康保険では、自分の所得が無くても、世帯での年間所得が多ければ高額療養費制度での自己負担額も大きく増えてしまいます

そこで、年金収入などのある両親と収入のない自分自身の世帯を2つに分けて(世帯分離)、高額療養費制度の自己負担額を減らすという手段もあります。

世帯収入と世帯分離については『セミリタイア後には世帯分離で国民健康保険料を安くしよう』を参照ください。

 

高額療養費制度の対象外もあります

病室

高額療養費制度が万能というわけでもなく、先進医療、差額ベッド代、食事代などは、高額療養費制度の対象外となります。

しかし、ご自身で大部屋から個室の移動を希望した訳でもなく、治療のため等、病院側の都合による差額ベッド代は支払う必要はありません。

ただ、知らないうちに個室などになって、差額ベッド代を請求されるという事もあるかもしれません。

病院側は差額ベッド代を請求するためには、患者に十分な説明と同意書が必要となっています。

やみくもにサインせず、しっかり同意書は確認して、大部屋で良いという意思をしっかり伝えることが重要です。

 

保険で安心を買うには高すぎませんか?

安心している様子

入院日額10,000円の医療保険を契約すると大体3,000円といった所でしょうか?

現在、30代だとすると今後50年ぐらい払い続ける事になります。

毎月3,000円で安心を買えるなら安いものだと思いがちですが、それを今後50年、医療保険を払い続けると、180万円も支払うことになります。

これを医療保険ではなく期待利回り5%のインデックス投資に毎月3,000円を積み立て続けるとどうなるでしょうか?

お金を育てる
セミリタイアにはインデックス投資で老後が安泰?投資で一攫千金を狙ったら破綻するだけだ!投資=ギャンブルというイメージを覆す投資方法が実はありました。...

 

保険積立シミュレーション

モーニングサイト ポートフォリオシミュレーションより)

モーニングサイトのポートフォリオシミュレーションについては
インデックス投資と出口戦略で40代で早期退職出来ます』を参照ください。

800万円

複利効果で驚異的な数字になりますね。

毎月3,000円積立で50年で元本180万円の所、約4.5倍の800万円にまで膨れ上がります。

(もちろん途中で大きな病気となった時は切り崩す必要があるので参考程度ですが)

長期積立投資向きと言われているインデックス投資を抜きにしても、50年で180万円も保険に払う事になります。

ほとんどの方は高額療養費制度を活用する事によりそれよりも少ない金額で賄う事が出来ます。

ましてやセミリタイアに入り所得が少なくなった方なら猶更です。

お金があっても使ってしまって貯蓄できないから保険で自動引き落としされてしまったほうが安心だなぁ

それなら、インデックス投資に毎月積立設定をしてしまえば、同じようなもんですよ。

投資って怖い、あまりリスクを負いたくないっていう場合は、バランスファンドは投資初心者におすすめって本当?でも紹介しているバランスファンドがおすすめです。

 

セミリタイアのために固定費の削減を

固定費の見直し

セミリタイアに入った後も、セミリタイアに入るためにも毎月の固定費の削減はとても重要です。

日本には高額療養費制度っていう素晴らしい制度があります。

日本に生まれてきたならこんな素晴らしい制度を活用しない手は無いですよね。

高額療養費制度を最大限に活用して、出費を減らし、老後破産の恐れの無いセミリタイア生活を目指しましょう!