健康

コリン性蕁麻疹の治し方!高温風呂療法によって改善した体験談を紹介

コリン性蕁麻疹で悩む20代

体温が上がったり、精神的ストレスがかかると全身が痒くなる・痛くなる。

 

その様な症状の場合、

コリン性蕁麻疹(こりんせいじんましん)

と言う病気かもしれません。

 

全身に蕁麻疹が出て、痒みだけじゃなく痛みも一緒に混じってくる場合があります。

重度になるとまともに日常生活を送れなくなる重い病気です。

 

私も重度のコリン性蕁麻疹で仕事はもちろん、外に出る事もできず引き籠っていた時期がありました。

しかし『高温風呂療法』を続ける事で今では平穏な日常生活を送ることができています。

 

今回の記事では、

高温風呂療法でのコリン性蕁麻疹の改善方法

について紹介します。

 

まともな治療方法がないコリン性蕁麻疹の唯一の希望が高温風呂療法です。

しかし、高温風呂療法でコリン性蕁麻疹が完治するわけではないです。

あくまで寛解ですね。

 

今回の記事では

  • 高温風呂療法の注意点
  • 今後のコリン性蕁麻疹との付き合い方

について私の体験談を交えながら紹介していきますね。

 

コリン性じんましんとは?原因や治療法は?

 

まずコリン性蕁麻疹とは具体的にどのような病気・症状なのでしょうか。

wikipediaだと以下の様にあります。

発汗刺激により生じる場合が多いが、ストレスや不安や興奮など、生じる原因は数多くある。膨疹とその周囲に紅斑を伴うという特徴的な発疹を生じる。痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。一過性であり、汗をかくたびに生じる。発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でアセチルコリンが分泌され膨疹が生じるというものがある。また、心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがあるが、その蕁麻疹が起こる原因の多くはアセチルコリンが関与していることが最近、分かってきた。 (出典:wkikipediaより)

難しいですね・・・。

簡単に言うとアセチルコリンという物質が蕁麻疹の原因になっているというわけです。

 

どの様な時にコリン性蕁麻疹の症状が出るかと言うと、

  • 運動した時
  • 入浴中
  • 暖かい・暑い場所
  • 暖かい物を食べた時
  • 刺激物を食べた時
  • 精神的ストレス

などですね。

体が温まったり、精神的ストレスを受けている時などの汗をかくシーンで蕁麻疹が出てきます。

 

コリン性蕁麻疹の症状が軽度の時は、体が温まるようなときに少し痒みが出てきますが比較的すぐにおさまります。

しかし症状が重度となってくるとちょっとした体温の変化で痒みとチクチクした痛みが混じったものとなり、1日中ずっと痒みと激痛で悩まされて続けることになります。

無数の剣山で全身を刺され続けるような感覚ですね。

 

コリン性蕁麻疹の重度になると、『無汗症』を併発する場合があります。

汗がまったくかけなくなるという事ですか?

その通りです。

どんだけ暑い所にいようが一滴の汗もかけなくなり、皮膚もカサカサの状態になります。

汗の代わりに大量の蕁麻疹が出てくるんですね。

 

汗は人間の体温を調整してくれる大切な物です。

『無汗症』になると体温の調節ができなくなるため、人工的に体温を調整してやらないと熱中症となってしまうためとても危険です。

コリン性蕁麻疹ってとても恐ろしい病気ですね…

そうですね、重度になると日常生活も送るのも厳しい重い病気です。

ただ周りにも、家族にさえも理解されづらいです。

「ただの蕁麻疹でしょ?」

理解者がいないということほど辛い事はありません。

昔の某タレントの「コリン星から生まれた云々・・・」のネタのせいで病名を言うと冗談を言っているのかと思われます。

 

また厄介なのがコリン性蕁麻疹の治療方法はないということです。

コリン性蕁麻疹の主な対処法としては、

  • 抗ヒスタミン薬・精神安定剤を飲む
  • 運動をして適度に汗をかく習慣を作る

以上の2つですね。

 

まだコリン性蕁麻疹の症状が軽度な場合なら、抗ヒスタミン剤で痒みを抑制することができるかもしれません。

また運動で適度な汗をかいていくことで症状を緩和させることができるかもしれませんね。

 

しかし、重度となると抗ヒスタミン薬は全く効果がありませんし、運動も蕁麻疹を誘発するだけです。

無汗症を併発している場合、運動なんて危険な行為ですね。

 

コリン性蕁麻疹の症状を少しでもおさめる方法としては

  • 冷たい水で冷やしたタオルで局部を冷やす
  • アイスノンなどの冷却アイテムで冷やす

がある程度有効です。

ただ全身に症状が出るので対処しにくいんですね。

 

そのため症状が出ない様に、

  • 体が温まるような環境にいない
  • ストレスをかけない

ということが大切です。

しかし、ストレスをかけないと言ってもこの病気自体が大きなストレスになってしまうので1日中痛み・痒みに悩まされることになってしまいます。

 

このようにコリン性蕁麻疹はとても重い病気で、重度になると仕事をするのはおろか、日常生活をするだけでも24時間ずっと痒みと激痛に耐え続ける日々が延々と続きます。

 

そのように治療法も無く絶望している人も多かった中で誕生した画期的な治療法が『高温風呂療法』です。

コリン性蕁麻疹と無汗症を併発していて引き籠った生活しか送れなかった私も助けられた高温風呂療法について紹介していきます。

 

コリン性蕁麻疹を改善する高温風呂療法のやりかた

コリン性蕁麻疹高温風呂療法

コリン性蕁麻疹の重度となり無汗症も併発すると何をしても全く汗が出てこなくなり汗の変わりが全て蕁麻疹となります。

まともな日常生活が送れなくなりますね。

引き籠って何をしないでいるとしても、24時間無数の痒みと痛みに耐え続けなければいけません。

 

その様な状態から改善してくれるのが『高温風呂療法』です。

 

高温風呂療法のやりかた自体はとても簡単です。

  • お風呂の温度を45~46℃にする
  • 休憩を入れながら15~20分程度入る

これを毎日繰り返すことです。

即効性があり高温風呂療法を試したその日から効果が出ます。

ただこの高温風呂療法でコリン性蕁麻疹が完治するわけではないので、高温風呂療法を辞めたらコリン性蕁麻疹の症状の方も復活してしまうため注意。

 

なぜこの高温風呂療法が無汗症を伴うコリン性蕁麻疹の重度の方にも改善効果があるかというと、

  • 45~46℃と言う高温風呂に入る事で強制的に汗を出す
  • 身体の温度が上がった時の痒み・痛みを極度の高温によって誤魔化す

この2つが高温風呂療法のポイントとなります。

汗をかこうにも通常の運動程度では汗をかけないし、痒み・痛みが出てきてまともに運動なんて出来ないという問題を高温風呂が解決してくれるわけです。

 

42~44℃の中途半端な熱さの風呂の温度にすると、汗がでず無数の蕁麻疹だけが出てきて痛み・痒みも熱さで誤魔化せないという最悪の状況になってしまいますので注意。

45~46℃と言う温度設定が大切なんですね。

入浴中は45~46℃の温度を維持できるようにしなければいけませんね。

入浴している間に風呂の温度が下がっては効果も下がりますし、症状が出てしまいます。

 

高温風呂療法を試すときは、

  • 充分な水分補給
  • 適切な休憩を挟む

この2つを必ず徹底して下さい。

 

高温風呂に長時間入るというのは血圧も上がり心臓に大きな負担を掛けます。

 

高温風呂療法の実際の流れとしては、

  1. 風呂の前に沢山の水分を取る(ジュースとかでは駄目です)
  2. 高温風呂に5分はいる
  3. 浴槽から出て3分休憩(水分補給)
  4. 高温風呂に5分
  5. 3分休憩(水分補給)
  6. 高温風呂に5分
  7. 風呂から出て水分補給

これで合計15分ですね。

この様に休憩と水分補給をこまめに入れて身体に大きな負担がかからないようにしましょう。

心臓の弱い方や血圧の高い方は高温風呂療法は辞めておいた方が良いですね。

 

45~46℃の風呂は想像以上に熱いです。

まさしく熱湯風呂ですよね。

休憩を挟みながらといっても合計15~20分も高温風呂に入るのはとても厳しいです。

しかし実際に高温風呂療法で効果が出れば、 コリン性蕁麻疹の苦痛からしたら高温風呂ぐらい我慢できるはずです。

 

また高温風呂療法を始めたばかりの頃は、まだ身体が汗を出せる体質になっていないため毎日・長時間入浴する必要があります。

高温風呂療法の効果があるのは大体1日ですね。

 

しかし高温風呂療法を続けているうちに日頃の活動の中でも自然と汗がかけるようになってきたら、

  • 高温風呂の入浴の時間を15~20分から5分程度に減らせる
  • 高温風呂の入浴回数を毎日から3日~5日に一回程度に減らせる

次第に時間・回数を減らせるようになります。

 

そうやって高温風呂療法で寛解状態を続け、自然回復するのを待つのみですね。

ただそれにもリスクがありますのでこの後の章で説明します。

 

※高温風呂療法はあくまで民間療法です。お試しになる際には自己責任の上お試し下さい。

 

高温風呂療法によって人生を助けられた体験談

 

実際に私もこの高温風呂療法によって助けられた一人です。

大分長くなりますが、当時の苦難、高温風呂との付き合いについての体験談をお伝えしたいと思います。

※読み飛ばしてもらっても問題はありません。

 

今ではコリン性蕁麻疹の改善法の1つとしてこの高温風呂療法も広がってきていますね。

最近になって別件で皮膚科に行った時に、このコリン性蕁麻疹の事と高温風呂療法で改善している事を医師に伝えたら、医師もこのような改善法があるのを知っているようでした。

 

しかし自分がコリン性蕁麻疹と無汗症を併発した約15年前には、高温風呂療法もまだ開発されていなく、痛み・痒みの原因となるヒスタミンをブロックする抗ヒスタミン薬の内服という治療法しかありませんでした。

様々な抗ヒスタミン薬・精神安定剤を試したり、漢方を試してみたけど全く効果はなかったです。

コリン性蕁麻疹の重度の人には理解してもらえると思いますが、外出すると症状が酷くなるのでどうせ治療法がないと分かっているのに病院に何回も通院するのは肉体的にも精神的にも大きな負担となりました。

 

ちなみに私は真夏の炎天下の下で熱くなった車内に入っても一滴も汗が出ず、無数の蕁麻疹が出て気が狂いそうになってしまいそうなほどの重度でした。

応急処置としては水や氷などで局所を冷やすと、いくらか痛み・痒みがましになるといった所でしたね。

 

当時は今の様にSNSやその他で情報交換が簡単に出来るほどではなかったし、コリン性蕁麻疹と言うとても患者数が少ない病気だけに余計に情報が少なかったです。

 

しかし、とあるホームページの掲示板にて、

高温風呂を独自に試してみたら効果が出た」

という書き込みがあったんですね。

 

しかし、

「○○で治った!」

といった書き込みは他にもあり、実際にいくつか試してみたけど当然の様に自分には効果はありませんでした。

 

高温風呂で治ったという書き込みもそんな中の1つの書き込みにすぎません。

しかも体を温めてしまうと無数の痒み・痛みが発生して極力身体を温めないように努めているのに、逆に高温風呂に入るなどもってのほかだと思いました。

実際にその方法を試してみたという人は他には現れませんでしたしね。

 

しかし自分がそんな高温風呂を試そうと思ったのが、今までの治療法とは全く逆転の発想であり、

  • 無汗症の人でも高温風呂に入る事で強制的に汗を出す
  • 身体の温度が上がった時の痒み・痛みを高温によって誤魔化す

と言った点が理にかなっていると思ったからです。

 

と言っても実際に高温風呂を試すという事はとても怖かったですね。

効果が出なかった場合・でまかせな情報だった場合、あまりの痛み・痒みでどうなってしまうかも分かりませんでしたから。

あともう完全に自暴自棄になってしまっていたので、もうどうにでもなってしまえ!という思いで試してみた次第です。

 

けどいざ高温風呂に入ってみたら意外や意外に痛み・痒みが現れずとても不思議な感覚です。

高温風呂から上がった後も、身体が温まっているにも関わらず痛み・痒みの症状はなく、身体中には蕁麻疹が出尽くした跡が無数に残っている感じでした。

 

普段ならそこから何もしていなくても痛み・痒みが無数に現れ続けそれにひたすら耐えなければいけなかったのが全く症状が出なくなったんです。

痛みや痒みに耐える事も無く、普通にテレビやパソコンをいじれるだけでこんなに幸せなんだなと実感した時でした。

 

そこから自分も高温風呂によってコリン性蕁麻疹が改善されたという体験談を書き込み、そこから少しづつ高温風呂療法と言う治療法が浸透していきました。

 

それから約15年たった今ですがコリン性蕁麻疹自体はいまだ完治していません。

平均7年程度で自然回復する

と言われているコリン性蕁麻疹ですが、人によって回復期間にも大分差がありますね。

コリン性蕁麻疹の原因さえ分かっていない現状、この回復期間って言うのもそもそも当てにはならないかもしれないですね。

 

しかし高温風呂療法のおかげで現状は通常の日常を送ることができています。

今では、高温風呂に入るのも5日に1回、5分程度入るだけで症状を抑えることができています。

 

高温風呂療法を試すことがなかったら今の自分はいなかったと思います。

本当にコリン性蕁麻疹で悩院でいる人がいたら、怖がらずに勇気をだして高温風呂療法を試してみてください。

 

仕事を続けられなくなった時のためのリスク予防

 

高温風呂療法はコリン性蕁麻疹を完治させるわけではなく、寛解の状態にするだけです。

寛解とは?

寛解とは完治までは至らないけど、病状を抑えることができている状況の事です

コリン性蕁麻疹を完治させる治療法は無いため、高温風呂療法によってコリン性蕁麻疹を症状を寛解させて自然完治するのを待つしかないんです。

平均7年で回復すると言われていますが、私は15年経った今でも回復していなくとても気が長くなる戦いになります。

 

私は高温風呂療法によって15年間コリン性蕁麻疹の症状を寛解させて日常生活を送ることができていますが、この状態をいつまで続けることができるとは限りませんよね。

  • 高温風呂療法が効かなくなった
  • 高温風呂療法のせいで身体を壊してしまい高温風呂療法を続けられなくなった

以上の様なことが起きてしまうと、またコリン性蕁麻疹の症状との闘いの日々が戻って来て今の仕事を続けることができなくなってしまうかもしれません。

 

コリン性蕁麻疹の症状が戻ってしまい仕事を続けられなくなった時のリスクは考えておかないととても危険です。

けどどうやって仕事が続けられなくなった時のリスク予防をすれば良いんですか?

それはやはり仕事を辞めても生活できるだけの資金を貯めておくことですね。

 

私はコリン性蕁麻疹のリスクに備えるためにも40代で仕事を辞めてセミリタイア生活を目指しています。

(仕事自体が嫌いという理由もありますが…)

セミリタイアとは?

定年退職前に仕事を辞めて、時間的・精神的余裕を持ちながら稼いだ収入と貯蓄の取り崩しで生活していく事です。

 

セミリタイア生活なら2000万~3000万円程度の少ない資金でも仕事を辞めて生活をすることが可能です。

 

40代でセミリタイアする場合の必要資金・シミュレーションについては以下の記事で解説していますのでご参照下さい。

独身での老後生活
セミリタイアするためには貯金はいくら必要か?40代独身の場合を検証 「早く仕事を辞めたいけど貯金がいくらあれば良いのか分からない。」 「セミリタイアのために貯金を貯めたけど本当にこれでお金が...

 

セミリタイアの場合、大抵は週1日~3日程度のアルバイトをしながら収入を稼いでいく場合が多いですが、コリン性蕁麻疹の症状の事を考えるとアルバイトは難しいです。

 

しかし、

  • 在宅ワーク(ブログ運営)
  • 不労所得(インデックス投資)

以上の収入手段を確保する事で、外に出ずとも生活していくことができる様になります。

 

コリン性蕁麻疹がいつになっても完治せずに高温風呂療法が効かなかった時の事を考えるととても恐ろしいです。

その様なリスクを考えて仕事を辞めざるをえなくなったときのための準備をしておきましょう。

このブログではセミリタイアをテーマにしています。仕事を辞める方法・お金の貯め方・節約方法・収入の稼ぎ方・仕事を辞めた後の過ごし方などの記事を書いていますので是非ご参照ください。

 

在宅ワークで収入が稼げるブログ運営

 

ログ運営で収入ってどういう風に稼ぐんですか?

ブログに広告を張り付ける事で個人でも収入を稼ぐ事ができるんです。

  • 広告をクリックしてもらうだけで収入が得られるGoogleアドセンス
  • 紹介した商品を購入してもらう事で収入を得るアフィリエイト

の2つの手段があります。

 

ブログ運営で月10万円以上稼いでいる人もチラホラ見かけますがそこまでの収益を目指すのは難しいです。

しかし、月3万~5万円程度なら、

  • 自己満足では無くて読者の役に立つ記事
  • 最初は収入が稼げなくても根気よく継続する精神力

以上の2つを守れればそれほど難しくないはずです。

 

月3万~5万円程度の収入でもセミリタイア生活では大きな収入源です。

また、在宅ワークで無理がない範囲で収入を稼げるというのがコリン性蕁麻疹の人には助かりますね。

セミリタイア生活でのブログ運営収入を稼いでいく手段については以下の記事で詳しく解説しています。

積み重ね
セミリタイア後に安定したGoogleアドセンス収入を得る二つのポイント安泰なセミリタイア生活のためには、Googleアドセンスによるブログ収益化を図る事が大切です。セミリタイア者だけの二つの武器を使う事で安定したブログ収入を得られるようにしていきましょう。...

 

インデックス投資での不労所得

 

そして不労所得を作るというのも大切です。

ブログ運営収入だけでは少し心細いですからね。

投資初心者にもおすすめなのが『インデックス投資』による資産運用です。

 

インデックス投資は

市場全体に分散投資して市場平均程度の利益を得ていく

という投資法で、経済は長期的にみると右肩上がりで成長していくという恩恵を得られるんですね。

 

そのためにも、

  1. 信託報酬が低コストなインデックスファンド
  2. 長期運用

この2つのポイントを守って資産運用する事で大きな不労所得を作ることができます。

不労所得だけで生活できるようになるのが一番の理想ではありますね。

 

インデックス投資の始め方、注意点については以下の記事で紹介しています。

インデックス投資で長期積立
インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!...

 

コリン性蕁麻疹は高温風呂療法での対処法で平穏な日常を

 

コリン性蕁麻疹の治療法はこれといったものがない中、高温風呂療法はとても効果的な治療法です。

 

しかし身体には大きな負担をかけることになりますので、高温風呂療法を試すときには

  • こまめな水分補給
  • 適切な休憩

この2つを忘れないようにしてください。

高温風呂療法はあくまで民間療法なので、あくまで無理はしない様に注意してください。

 

まだコリン性蕁麻疹の症状が軽度で、体が温まると汗が出てくる・痒みも少ないという場合は運動で汗をかくようにしていくだけでも対処する事が可能です。

あまり高温風呂療法に頼り過ぎないようにですね。

 

また、高温風呂療法の効果がいつまでも続くとは過信せず、コリン性蕁麻疹の症状によって仕事を出来なくなった時のリスクをしっかり考慮しておきましょう。

リスクに備えてしっかり貯蓄していく事が大切です。

 

高温風呂療法を試す際には注意点をしっかり守り、また効果があった後も将来のリスクに備えていき普通の人生が送れるように頑張りましょう!