節約

【おすすめ】Kindle Unlimitedとは?お金をかけず楽しむためのお得な利用術を紹介

Kindle Unlimitedメリットデメリット

休日を充実させるためには趣味が大切ですが、楽しい趣味はどれもこれもお金のかかる趣味ばかりですよね。

お金をかけずに自宅でも外出先でも楽しめる趣味としておすすめなのがAmazonによる電子書籍読み放題サービスの『Kindle Unlimited』です。

 Kindle Unlimitedの特徴は以下の通りです。

  • 月額980円で和書12万冊・洋書120万冊以上の電子書籍が読み放題
  • パソコン・タブレット・スマホでどこでも読める

今までにはなかった新しい読書のスタイルとして、これまで読書が得意でなかったひとでも楽しめますよ。

 

今回の記事ではお金をかけない趣味として楽しんでいくためのKindle Unlimitedの活用法を紹介していきます。

今回の記事のまとめ
  • 1か月間の無料期間を利用して電子書籍の面白さを体験する
  • 必要な時だけ加入することでコスパ良い趣味として楽しんでいける
  • プライムリーディングやキャンペーンも活用していくことでさらにお得

Kindle Unlimitedをうまく活用してお金をかけない趣味の楽しみかたをしていけるようになりましょう!

 

【月額980円】Kindle Unlimitedのメリット

Kindle UnlimitedとはAmazonによる電子書籍の月額制の読み放題サービスです。

 

もともとAmazonでは電子書籍のKindle本の発売をしていましたが、そのKindle本の読み放題サービスとして2016年に『Kindle Unlimited』が誕生しました。

結構新しいサービスなんですね!

 

電子書籍はどこにでも沢山の本を持ち歩きできて気軽に読みやすいという大きなメリットがあるので読み放題サービスとの相性がとても良いんです。

 

電子書籍が普及してきたのは最近ですから抵抗がある人が多いかもしれませんが、電子書籍ならではのさまざまなメリットがあるわけです。

今まで本を読むのが苦手だったあなたでも、気軽に読める電子書籍なら読書を楽しめるようになりますよ。

 

Kindle Unlimitedの特徴・メリットは以下の通りです。

  • 月額980円という低価格
  • 一般書籍・コミック・雑誌が読み放題
  • 和書12万冊以上・洋書120万冊以上のラインナップ
  • パソコン・タブレット・スマホの複数の端末で共有して読める
  • 読みたいと思った本をすぐに読める
  • 大量の本のデータを保管・どこにでも持ち歩いて読める
  • 文字の大きさを読みやすいように調整できる

Kindle Unlimitedの最大の魅力はやはり膨大なラインナップですね。

一般書籍80,000冊以上
コミック30,000冊以上
雑誌240誌以上の最新号とバンクナンバー

と各ジャンルともとても充実したラインナップとなっているため、幅広い年齢層で楽しむことができます。

漫画が沢山あるから電子書籍が初めてでも入りやすいですね!

 

読みたいと思った本をすぐにダウンロードして読める

Kindle UnlimitedならAmazonを見ていて面白そうだなと思った本をすぐにダウンロードして読むことができます。

 

欲しい本を本屋に買いに行ったり、通販で購入して届くのを待ったり、図書館に借りに行くなどの手間や時間がかからず、自宅にいながらいつでもすぐに読みたい本が読めるのはとても助かりますよね。

読みたいと思っても時間がかかってしまうと、やっぱりいいや・・・ってなってしまうから助かりますね!

 

お試し読みとレビュー・評価により面白い本を検索しやすい

また読んでみたいけど本当に面白いか不安…という場合も実際に試し読みができるのが大きいですね。

本を探すときって、

  • タイトルを見て直感
  • 口コミやレビューを参考にする
  • 人気ランキングを参考にする

のような選び方になると思います。

そうすると実際に読んでみたら面白くなかった…となりがちですし、失敗してお金を損したくない・選ぶのが面倒くさいとなって本を読むのを辞めてしまいます。

図書館だったら試し読みができますけど、人気作品だと順番待ちになって無理ですもんね。

 

その点、Kindle Unlimitedなら読み放題サービスなため、少し興味があるタイトルなら実際にダウンロードして読んでみてつまらなかったら違う本をまた試すということが可能です。

お金を払って購入した本ならつまらない本でも元を取ろうと無理をして読んでしまいますよね。

しかしそれってお金の元を取ろうとするばかりに貴重な時間を損してしまっています。

時は金なりですものね。

Kindle Unlimitedなら読み放題を活かして次から次への試し読みができるため必然的に面白い本に出合うことができるようになり時間を無駄にすることもありません。

 

Kindle Unlimitedで面白い本を探す方法は以下の通りです。

  • Kindle Unlimitedの人気ランキングを参考にする
  • Amazonによる多数のレビューを参考にする
  • 実際に試し読みをしてみて面白いかどうか判断する

和書12万冊以上という膨大な量の中からでも良冊だけを読んでいきやすいのがKindle Unlimitedのメリットの1つですね。

 

パソコン・タブレット・スマホの複数の端末で共有

Kindle Unlimitedでは複数の端末で共有できるので、それぞれの場所・環境に合った利用ができるんです。

 

Kindle Unlimitedの対応端末です。

  • パソコン(Windows・Mac)
  • タブレット(Android・iPad)
  • スマホ(Android・iPhone)

自宅ではパソコンで読むのはもちろん、タブレット・スマホを利用して風呂場で読んだり、ベッドで横になりながら読むことも可能です。

もちろん外出先でタブレット・スマホでいつでも読むことができます。

読書が大分はかどりそうですね!

 

端末ごとにKindle Unlimitedの契約をする必要はなく、月額980円を支払うだけですべての端末で読み放題というのはとても大きなメリットです。

どこのページまで読んだかという情報も共有されるため、読んでいる途中で端末を変えてもすぐに続きから読めるのでとても使いやすいですね。

 

なお、Kindle Unlimitedの本を読む際にはKindleアプリ(無料)が必要となります。

>>>Kindle無料アプリのダウンロードはこちら

 

大量の本のデータを保管・どこにでも持ち歩ける

Kindle Unlimitedなら常に和書12万冊・洋書120万冊以上の本をどこにでも持ち歩いているのと同じようなものになります。

 

通常購入した本が貯まっていくと家の保管スペースに困りますし、持ち運びするとしても今読んでいる本を1~2冊程度ですよね。

しかしKindle Unlimitedなら

  • 本の保管スペースに困ることがない
  • タブレット・スマホでどこにでも持ち歩ける

という大きなメリットがあります。

外出先でふと調べものがしたくなった時に大量のラインナップの中から本を選んで読むことができますし、防水機能がついたタブレット・スマホを持っていたら風呂場でもゆっくり読書をすることが可能です。

電子書籍での読み放題ならではのメリットですね!

 

しかし常に和書12万冊・洋書120万冊以上の本を持ち歩けるといっても、Kindle Unlimitedではダウンロードして常にオフラインで読める状態にしておけるのは10冊までという制限があります。

それはちょっとデメリットなんじゃないかな?

しかし外出先でもWi-Fiなどネットに繋がる環境ならどこでも本の入れ替えが可能ですし、基本的に10冊だけでもオフラインで読めるなら十分ですよね。

ストックしておけるのが10冊まででも随時入れ替えていけばいいのでデメリットにはなりませんね。

当然ですが、ダウンロードしたものもKindle Unlimitedの契約を解除すると読めなくなってしまいます

 

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimitedにもメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。

 

Kindle Unlimitedのデメリットは以下の通りです。

  • AmazonのKindle本が全てKindle Unlimitedに対応しているわけじゃない
  • 定期的に読み放題対象のラインナップが入れ替わる
  • タブレット・スマホの電池の消耗が激しくなる

 

AmazonのKindle本が全てKindle Unlimitedに対応してはいない

Amazonには大量の有料のKindle本のラインナップがありますが、Kindle本の全てがKindle Unlimitedでの読み放題対象ではないということがデメリットになります。

 

Amazonでは電子書籍であるKindle本のラインナップが大分充実してきたので、

「このKindle本を買うぐらいならKindle Unlimitedに加入して読んだ方が得だな~」

と思ってKindle Unlimitedにいざ加入してみたらら、読み放題の対象商品になくて損した!となりかねませんので注意が必要です。

Kindle Unlimitedの対象電子書籍

(出典:amazon.co.jp)

このように『kindleunlimited』表記があるものが読み放題の対象となります。

これなら通常950円するKindle本なのでこれ1冊読むだけで元がとれてしまいますね。

 

しっかり自分の読みたい本がKindle Unlimited対象商品ということを確認しましょう。

Kindle本の全てが読み放題の対象ではありませんが、それでも膨大な対象商品があるのでしっかり選定していけばデメリットにはなりませんよ。

 

定期的に読み放題対象のラインナップが入れ替わる

Kindle Unlimitedの読み放題対象のKindle本は定期的に入れ替わります。

あとで読みたいと思っていた本・1度読んだけど何回も読みたいと思っていた本が読み放題対象から外れてしまって読めなくなってしまう場合があります。

けどそこまで激しく入れ替わるわけじゃないですものね。

読み放題の対象から外れてしまってショックを受けるぐらい読みたい本だったならKindle本を正規に購入すれば良いですしね。

 

それに読み放題対象のラインナップが定期的に入れ替わるということは、それだけ面白い本と出会えるチャンスが増えるわけです。

完全なデメリットというわけではなく大きなメリットにもなるというわけです。

 

外出先でのタブレット・スマホの電池の消耗が激しくなる

外出先でタブレット・スマホでKindle Unlimitedを利用するととても便利で楽しいですが、そのぶん電池の消耗が減りが早くなってしまいます。

 

といってもKindle Unlimitedによって消費電力が上がるわけではありません。

あくまでタブレット・スマホをいじる時間が長くなってしまうからですから、今までもスマホをいじる時間が長かった人は消費電力は変わりません。

それに今までYouTubeなどで動画を見ていた時間がKindle Unlimitedでの読書の時間に変わったとしたら逆に消費電力が大幅に減ります。

また通信費もあまりかからなくなるため一石二鳥ですね。

今も暇があったらスマホをいじっているから変わらないですね。

 

しかし今までスマホやタブレットを最低限しかいじってなかった人がKindle Unlimitedを始めると電池の消費が激しくなりますから、『モバイルバッテリー』をもっておくことで対処したいですね。

今のモバイルバッテリーは卵3個分の重さしかないぐらいコンパクトなのに、スマホだったら2~3回フル充電できるのでKindle Unlimited関係なく1つは持っておいて損はないですよ。

 

他の電子書籍の読み放題サービスとの比較

電子書籍の読み放題サービスはAmazonによるKindle Unlimitedだけではなく他社のサービスもあります。

しかし、結論から言うと電子書籍の読み放題ならKindle Unlimitedが一番ですね。

 

電子書籍の読み放題サービスの比較です。

月額ジャンルタイトル数
Kindle Unlimited980円書籍・コミック・雑誌和書12万冊・洋書120万冊
dマガジン400円雑誌200誌~
楽天マガジン380円雑誌200誌~
ブック放題500円コミック・雑誌雑誌200誌~・漫画2万冊~
ブックパス562円書籍・コミック・雑誌4万冊~

Kindle Unlimitedが取扱ジャンル・書籍数が圧倒的ですね。

 

月額料金はKindle Unlimitedが一番割高となっていていますが、このあとに説明するようにKindle Unlimitedは定期的にとてもお得になるキャンペーンを実施しています。

1か月あたり100円、またはそれ以下の価格で読み放題サービスが利用できるようになるのでかなり割安になります。

 

Kindle Unlimitedなら書籍数が多くて、かつAmazonによる書籍レビューも充実していて面白い本を探しやすいです。

電子書籍の読み放題サービスならやはりKindle Unlimitedですね。

 

Kindle Unlimitedの無料期間に読みたいものを全て体験

Kindle Unlimitedでは初めての利用の人は1か月間の無料体験をすることができます。

 

無料体験だからといって制限はなにもありません。

通常の契約と同じように和書12万冊以上・洋書120万冊以上が読み放題なため無料体験の1か月間の内に読みたい本を何十冊も読んでしまうことも可能です。

\コミック・雑誌・書籍が読み放題なKindle Unlimitedの無料体験はこちら/

無料体験期間を終えて「まだまだ読みたい本が沢山ある!」となったら月額980円で更新を続ければいいですし、電子書籍はいまいち合わなかった・読みたい本がなくなってしまったいうのなら退会すれば良いです。

電子書籍は初めてだから無料体験は助かります!

無料期間のうちに契約を解除すればお金はかからないし、またいつでも再契約することができます。

まずは無料体験で電子書籍に触れてみるのが良いですね。

Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから

 

退会・解約手続きを忘れて自動更新されないように注意

無料体験をするうえでの注意点は1つ。

『自動更新手続き設定をオフ』にしておかないと無料体験期間が終了後に勝手にお金が引かれていってしまうということですね。

 

「Kindle Unlimitedの無料体験を前に1度利用しただけなのに、気づいたらクレジットカードで毎月980円が引き落とされていた・・・」

とならないように注意が必要です。

 

Kindle Unlimitedの自動更新手続きをオフにする方法です。

Kindle Unlimited会員メニュー > 『メンバーシップを管理』Kindle Unlimited会員登録をキャンセル > メンバーシップを終了

とりあえず無料期間だけ体験してみてその後の使い方はよく考えたいという人は自動更新設定をオフにするのを忘れないようにしましょう。

 

なお、メンバーシップを終了してもその月末までは読み放題サービスを利用可能なので安心してください。

無料期間やその後の契約においても1か月だけとりあえず加入したいという場合は、メンバーシップの終了だけでも最初にしておいてしまえば自動更新されることなく利用できます。

 

必要な時だけ加入してコスパ良く活用がおすすめ

読みたい本が多すぎて困る!というひと以外は、Kindle Unlimitedを常に更新し続けずに必要な時だけ契約した方がコスパ良く楽しるのでおすすめです。

 

Kindle Unlimitedは契約・解除が簡単に可能です。

そのため無理に更新を続ける必要はありません。

読むものがあまりないのに更新を続けていたらコスパが悪いですよね。

あまり読みたくないものを無理矢理読んで元を取ろうとしてしまうのも時間の無駄になってしまいますしね。

 

また仕事が忙しくてあまり本を読めないときに契約をしていてももったいないですよね。

ですので、

  1. 忙しい・読みたいものがなくなったら一旦解約
  2. ある程度読みたいものが貯まった・暇になったらKindle Unlimitedを再契約

といった使い方をしていったほうが、Kindle Unlimitedをコスパ良く使えるのでおすすめです。

自動更新設定がオンになっていないか必ず確認しましょう

 

【1か月99円?】キンドルアンリミテッドのお得なキャンペーン期間を活用

Kindle Unlimitedは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

 

過去のKindle Unlimitedのキャンペーンでは

  • 2か月99円
  • 2か月199円
  • 3か月299円

など大変お得な価格になっています。

月に1冊でも読めば元が取れてしまいますから利用しない手はないですよね。

とても安いのでちょっと雑誌や週刊誌を読みたいというだけでも利用する価値がありますね!

 

しかしキャンペーンの利用条件としては

過去12か月以内にKindle Unlimitedの無料体験の利用がない

とあるため注意が必要です。

そのため2か月以上利用するつもりがあるならKindle Unlimitedの無料体験を利用しないでキャンペーンを待ったほうが安く抑えることが可能ですね。

先にキャンペーンを利用してしまうと、その後に無料体験を利用することはできなくなってしまいます

 

しかし次のキャンペーンがいつくるか分からないし、Kindle Unlimitedがあなたに合うかどうか分かりませんのでまずは無料体験でお試しすることをおすすめします。

 

Amazon Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い

Amazonによる電子書籍の読み放題サービスとしてKindle Unlimitedとはまた別に『Prime Reading』というサービスがあります。

同じアマゾンでなんで2つも読み放題サービスが…?!

Prime ReadingはAmazonプライム会員向けの電子書籍無料読み放題サービスなんです。

AmazonショッピングユーザーですでにAmazonプライム会員になっている人はPrime Readingも併せて活用していくと便利ですよ。

 

『Kindle Unlimited』と『Prime Reading』の主な違いです。

Kindle UnlimitedPrime Reading
月額980円プライム会員なら無料
加入対象者Amazon会員(無料)なら誰でもプライム会員限定
タイトル数和書12万冊~・洋書120万冊~Kindle Unlimitedの中から数百冊
ジャンル書籍・コミック・雑誌書籍・コミック・雑誌

Amazonプライム会員向けにKindle Unlimitedのちょっとした体験をしてもらうサービスが『Prime Reading』といえますね。

 

Kindle Unlimitedと比べてプライムリーディングは対応しているタイトル数が数百冊ととても少ないです。

しかし普段からAmazonショッピングをメインに利用している人はAmazonプライム会員になっている場合が多いのではないでしょうか?

翌日お急ぎ便も無料で簡単に元が取れちゃいますもんね!

それならAmazonショッピングでの特典だけでもお得なのに、ついでにプライムリーディングも利用できるからとても便利ですよね。

 

そのような人の場合は、Kindle Unlimitedとプライムリーディングの2つを併用していくこともおすすめします。

  • Kindle Unlimited対応の読みたい本が貯まったら1か月契約
  • それ以外の月はPrime Readingを利用する

こうすれば、無理にKindle Unlimitedを利用することもなく、かつちょっと本が読みたくなったときはプライムリーディングでお金をかけずに読むことができますね。

Prime Reading対応の本をKindle Unlimitedで読まないように注意ですね!

 

Amazonプライム会員になっている人は、Kindle UnlimitedとPrime Readingをうまく使い分けてコスパよく楽しんでいきましょう!

\まだプライム会員になっていない方はこれを機会にどうですか/Amazonプライム会員の登録はこちらから

 

Kindle Unlimitedはお金のからない趣味としておすすめ

Kindle Unlimitedはお金をかけずに沢山の本をどこでもいつでも楽しめる素晴らしいサービスです。

\コミック・雑誌・書籍が読み放題なKindle Unlimitedの30日間の無料体験

月額料金の元を取ろう取ろうと読みたくないものを無理に読みつづけては本末転倒ですから、

  • 読みたい本が貯まった
  • 1か月間仕事が忙しくないけどやることがなくて暇

という月だけKindle Unlimitedを契約していくという使い方がとても良いですよ。

もちろん和書のコミック・雑誌・一般書籍だけで12万冊以上ありますから、いくら時間があっても足りない!という人は更新を続けていってもとてもお得です。

 

Kindle Unlimitedでスマホで電子書籍を読んでいると、読書があまり得意ではないという人もネットサーフィンしているようなお手軽な感覚で読めるためおすすめです。

ただ電子書籍が向ているかどうか試すためにも、まずは一か月の無料体験から始めてみましょう。

Kindle Unlimitedの無料体験はこちらから