節約

ゆうちょ銀行から楽天銀行への無料入金サービスの活用テクニックを紹介!

楽天銀行とゆうちょ銀行の連携

お金を銀行に預けておくなら預金金利が高金利なところに預けたいですよね。

低金利な今でも少しでも高いところに預けたいって思うのが人の性ですよね。

ネット銀行の中でも普通預金が高金利な『楽天銀行』は貯金用口座として使用するととても優秀です。

メインバンクじゃなくて貯金用口座なんですね!

ネット銀行はメインバンクとして使用するにはデメリットが生じる場合があります。

ただ貯金用口座として楽天銀行を使用すれば美味しい所どりができるんですね。

 

なお楽天銀行をメインバンクにするさいのメリット・デメリットと各種ポイントサービスの詳細については以下の記事で紹介していますので是非ご参照ください。

ネット銀行口座
楽天銀行はメインバンクにおすすめ?メリット、デメリットを詳しく解説 メインバンクをどれにすればいいか分からないって悩んでいませんか? 地元の銀行を昔に開設してそのまま今もメインバンクとして使...

 

そこでさらにメインバンク口座を『ゆうちょ銀行』にすると楽天銀行との相性が抜群になるんです。

ゆうちょ銀行から楽天銀行へは無手数料での入金サービスがあるため、

  • ゆうちょ銀行 = メインバンク
  • 楽天銀行 = 貯金用口座

として口座を使い分けることで、お互いのデメリットを補完し合って効率よくお金を貯めていくことができるようになります。

 

今回の記事のポイントは以下のようになります。

  • 楽天銀行とゆうちょ銀行を使い分けるメリット
  • 『ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金』サービスの利用方法
  • あなたがゆうちょ銀行をメインバンクにするのに向いているかどうか

楽天銀行とゆうちょ銀行を有効的に活用することでお金を貯めていきましょう!

 

楽天銀行を貯金用口座として活用する

 

ここ数年でネット銀行が台頭してきましたね。

  • 普通・定期預金の高金利
  • コンビニATM手数料無料(数回~無限)
  • 各種ポイントサービス

などなど、メガバンクや地方銀行に負けないために各行競い合って素晴らしいサービスが充実しています。

今までは身近なところの大手銀行にしておけば間違いありませんでしたが、これからはネット銀行をメインバンク口座・貯金用口座として選択肢に入れていかないと損してしまうかもしれません。

 

ネット銀行の中でも特に楽天銀行がおすすめです。

  • ネット銀行の中で普通預金金利が1番の高金利
  • 取引におうじて楽天スーパーポイントを獲得できる

と預金するうえで楽天銀行のサービスはとても魅力的です。

他行の普通預金金利がが0.01%~0.05%の中、楽天銀行の普通預金金利0.1%は素晴らしいですね。

2倍~10倍も違うんですね!

ただ普通預金金利0.1%の優遇金利にするためには、楽天証券の口座も開設してマネーブリッジ設定(口座間の連携)をする必要があるので注意です。

楽天証券の口座開設もマネーブリッジ設定も無料でできますのでやらないと損ですね。

 

楽天銀行をメインバンクとして使用したいところなのですが、

  • あなたの勤め先でネット銀行を給与振込先に指定できない場合がある
  • 水道料金の口座振替に対応していない
  • コンビニATM手数料無料にも回数制限がある(預入金額による)

とメインバンクにするうえでデメリットが生じてしまいます。

コンビニATMなどの提携ATMでしか引出できないのに無手数料利用回数に制限があるのは確かにメインバンクにはしづらいかもしれないですね。

 

しかし楽天銀行の優遇金利ははとても優秀です。

そこで楽天銀行を貯金用口座として使用してみませんか?

貯金のためだけの専用口座ってことですよね?

そうですね。

貯金を預けておく口座としてだけの目的になりますのでメインバンクにする時のデメリットも解消されますし、楽天銀行の美味しい所どりができてしまいます。

 

貯金用口座を作り、貯金しておきたいお金はそこに預ける事で簡単に引き出せなくなり貯金していきやすくなりますしね。

貯金用口座を使用して貯金を貯めていくには2つの手段があります。

  • 毎月の給料の中から余った金額を貯金用口座にすぐに入金
  • 毎月の給料の中から貯金額を先取り貯金で貯金用口座に入金

 

特に先取り貯金で貯金用口座に入金してしまうのはおすすめです。

先取り貯金とは?

給料日に目標貯金額を先に別の所に移動させてしまい強制的に貯金する事

余剰資金を貯金していこうとしても実際は使い込んでしまい全然貯金が出来ない!となってしまいますからね。

先取り貯金で貯金用口座の楽天銀行に入金してしまえば、強制的に貯金をしていけるし優遇金利でお金を増やしていけるし一石二鳥です。

 

ただ1つ楽天銀行を貯金用口座として使用するうえでの問題は、毎月の入金の手間・振込手数料です。

メインバンクから貯金用口座の楽天銀行に入金させる方法としては

  • ATMでメインバンクから引落 → 楽天銀行に預け入れ(無料)
  • ネットバンキングから振込する (有料)

以上の2つの手段があります。

 

ATMで毎月の給料日にATMで『引落→預入』をし続けるのは結構な手間になります。

ただでさえ貯金って我慢をしながらやるのに、手間までかかるようなら次第にめんどくさくなり貯金を辞めてしまいます。

メインバンクがコンビニATM手数料が有料だとさらに面倒になりますよね。

 

ネットバンキングで振込してしまえば簡単にお金を移動させることができますが、振込手数料に200円~300円もとられてしまいます。

楽天銀行の優遇金利で500万を1年間預けると5,000円の利息がつきます。(税引き前)

しかし毎月振込手数料を支払っていると年間2,400円~3,600円にもなってしまいます。

少しでも金利の優遇を受けたいと思っているのに振込手数料で半分以上持っていかれたらもったいないですよね。

 

そこで登場するのが『ゆうちょ銀行』です。

ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金は無手数料となるためとても相性が良いんですね。

 

ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金手数料無料サービス

 

楽天銀行を貯金用口座として使用するならゆうちょ銀行をメインバンクにしておきたいです。

 

ゆうちょ銀行をメインバンク、楽天銀行を貯金用口座として使用する事で

  • ゆうちょ銀行 → 楽天銀行への振込手数料が無料
  • パソコンやスマホから簡単に入金ができる

という2つのメリットが発生するわけです。

楽天銀行への振込手数料が無料になるのはゆうちょ銀行だけです。

 

ゆうちょ銀行なら

  • 給料振込先にも指定できる
  • 公共料金の口座振替にも対応
  • ゆうちょATMでな何度でも無手数料で引き落としが可能

とメインバンクにする条件も整います。

簡単・無手数料で貯金用口座としての楽天銀行に入金ができるようになるので節約を継続しやすくなりますね。

 

ただ、ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金サービスを利用する場合は事前に手続きが必要になります。

  1. 楽天銀行「My Account」→「入金」→「ゆうちょ銀行から入金する」から入金サービスの登録申し込み(ゆうちょ銀行の通帳番号が必要)
  2. 『自動払込利用申込書』が楽天銀行から届く
  3. ゆうちょ銀行口座のお届け印を捺印し返送

入金サービスの登録が終了し利用開始できるまで約1か月かかりますので注意して下さい。

 

入金サービスの登録が完了して実際にゆうちょ銀行から楽天銀行に入金する操作はパソコンやスマホで楽天銀行にログインし、

「My Account」→「入金」→「ゆうちょ銀行から入金する」→入金金額を指定

と、とても簡単ですね。

※通常の他行への振込操作だと振込手数料が引かれてしまうため注意が必要です。

ゆうちょ銀行からの入金サービスは即時入金されず時差(最大1日)があるため注意が必要な場合があります。
しかし楽天銀行を貯金用口座として使用するなら即時入金されなくても影響はないですよね。

 

ただ住信SBIネット銀行の『定額入金サービス』ように、毎月の資金の移動を完全に自動ではやってくれないのはデメリットですね。

完全に給料からの天引き状態になるのであったら嬉しいサービスですよね。

しかし楽天銀行には普通預金が高金利と言う最大のメリットがありますから、

  • ゆうちょ銀行 = メインバンク
  • 楽天銀行 = 貯金用口座

相性の良いこの2つの口座を使い分けて着実にお金を貯めていきたいですね。

 

ゆうちょ銀行をメインバンクにするメリット

 

ゆうちょ銀行をメインバンクにするメリットは以下の通りです。

  • 楽天銀行へ無手数料で入金できる
  • 給与振込先に指定できる
  • 公共料金の口座振替が可能
  • 全国各地に支店がある
  • 銀行窓口が16時~18時まで営業
  • ゆうちょ銀行・Family Martで無手数料で引落可能(無制限)

ゆうちょ銀行は全国で24,000もの支店がありますので、全国どこに行っても支店のATM・窓口を利用できるというのはゆうちょ銀行のメリットですね。

 

通常の銀行窓口は平日15時までなのでサラリーマンだと窓口に用事があってもなかなか利用できません。

しかしゆうちょ銀行なら最大18時まで営業している個所がありますのでサラリーマンのかたでも安心ですね。

 

ファミリーマートのゆうちょATMで預入・引出が無制限無料

 

またファミリーマートにもゆうちょATM設置店が拡大しています。

ファミリーマートのゆうちょATMなら

  • 24時間365日利用可能
  • 利用手数料が無料(無制限)

と、なんどでも無手数料で引落できるのはありがたいですよね。

 

お住まいの近くにゆうちょ銀行やゆうちょATM設置のファミリーマートがあるなら、ゆうちょ銀行をメインバンクとして安心して利用していけそうですね。

 

ゆうちょ銀行をメインバンクにするデメリット

 

ゆうちょ銀行をメインバンクにする上でどのようなデメリットがあるかも大切ですね。

人によってデメリットになる場合と、そうでない場合があります。

 

ゆうちょ銀行の主なデメリットは以下の2つです。

  • 預入限度額が1300万円まで
  • コンビニATMだと手数料がかかる(ゆうちょATM設置店のファミマ除く)

 

ゆうちょ銀行口座への預入限度額が1300万円まで

 

ゆうちょ銀行の口座に貯金できる最高額が1300万円までというのは人によってはデメリットとなりますね。

しかし今回のように楽天銀行を貯金用口座として利用し、ゆうちょ銀行を日頃のお金の流動用に利用するなら限度額までお金が貯まる事はまずないのでデメリットにはなりませんね。

 

ゆうちょ銀行だとコンビニATMの利用手数料がかかる

 

コンビニATMでお金を引出・預入するさいは手数料がかかるというのも人によってはデメリットになります。

※ゆうちょATMが設置されている一部ファミリーマートは無料です。

コンビニATMで引出・預入するさいの手数料です。

216円108円
平日0:05~8:4518:00~23:558:45~18:00
土曜0:05~9:0014:00~23:559:00~14:00
日曜・祝日0:05~21:00

手数料は特別高いわけではありませんが、他行では預入金額により毎月〇回コンビニATM利用手数料が無料などやっていますからね。

ゆうちょATMが設置されているファミリーマート以外のセブンイレブンやローソンなどのATMをメインに使用するというのならゆうちょ銀行は向いていません。

 

しかし、ゆうちょ銀行のATMやファミリーマートのゆうちょATMをメインに使用するというのならデメリットもデメリットになりませんね。

 

ゆうちょ銀行と楽天銀行の連携で効率よく貯蓄

 

ネット銀行である楽天銀行は

  • ネット銀行の中でも高金利
  • 楽天スーパーポイントでの還元

など優れたサービスで魅力的な銀行です。

 

その楽天銀行ととても相性が良いのがゆうちょ銀行ですね。

楽天銀行とゆうちょ銀行の口座を使い分けることでお互いのデメリットを補完し合うことが可能です。

  • ゆうちょ銀行 = メインバンク
  • 楽天銀行 = 貯金用口座

と口座を分けて、無料入金サービスを活用する事で先取り貯金で効率よくお金を貯めていきましょう。