セミリタイア

セミリタイアにはインデックス投資で老後が安泰?

氷河期世代
投資なんて競馬とかパチンコとかと同じでしょ?
投資で儲けられる人なんてほんのわずかって聞くけど

投資に対する世間の目は大変厳しいものがあります。

投資で失敗して人生を詰んだ的なストーリは、様々なドラマや漫画でも描かれてきており

(闇金ウシジマ君を読んでいると、投資や借金は絶対しちゃいけないって思いますよね)

投資 = ギャンブル

こういうイメージが日本人には植え付けられています。

実際私もそうでした。

90年代前半のバブル崩壊を経験していればそう思ってしまうのは仕方ないと思います。

私は直接的にこそバブル崩壊は経験していませんが、バブル崩壊により有効求人倍率が1を下回った「就職氷河期世代」であります。

全てをバブル崩壊による氷河期のせいにはしませんが、現在の仕事に就くまで一苦難二苦難ありました。

その様な若いころから苦労した氷河期世代には堅実・慎重なタイプが多く、投資に対しても嫌悪感がある人が多いんじゃないでしょうか?

そんな私が、ふとした事から投資を始めることを決意しました。

セミリタイアに投資は破綻を招く?

失敗した

にほんブログ村』などを通してセミリタイアカテゴリーを見てみると、自分と同じように若くしてセミリタイアを目指す!といった方達が沢山いる事に安心感を得ました。

やはり、3000~5000万円ほどでセミリタイアに入るという方が多いように見受けられます。

そこで沢山のセミリタイアブログを見ているうちに、ふと

インデックス投資

というキーワードを良く目にする事に気づきました。

けれど私には投資とは全く縁がない。

セミリタイアに向けて節約・貯金していくと決めたのだから、なおさら投資みたいなギャンブルで一攫千金を狙ったら破綻するだけだ!

そうなったら定年まで働かなければなくなってしまう!

そう思いました。

しかし、実際にセミリタイアに入っている人、セミリタイアを目指して頑張っている人、結構な割合でインデックス投資をしている事も事実。

セミリタイアを目指すにあたって様々な選択肢も用意しておかなければならないと思い、インデックス投資について勉強してみることにしました。

株初心者でも稼げるインデックス投資?

お金を育てる

インデックス投資とは、「日経平均」や「ダウ平均」など日頃ニュースを見ていると自然と目にする株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す=市場平均を目指す投資方法との事。

また、インデックス投資を調べていく上でよく出てくるキーワードが

  1. 長期運用
  2. 分散投資
  3. 積立投資(ドル平均法)
  4. 低コスト

以上の4つです。

例えば、日経平均を指数とするインデックスファンドに投資をすれば、日経平均に組み込まれている225銘柄に自動的に分散投資する事になり、リスクを分散し利益を安定化させる事が出来るとの事。

う~ん、難しいですねぇ。知らない言葉が次から次へと出てきて余計分からなくなってきました。

簡単にかいつまむと、インデックス投資は市場の平均と同じ利益しか得られないが、世界経済はこれからも成長をし続けるため、20年以上の長期運用が出来れば大きな利益が得られる。

といった所でしょうか?

かいつまみすぎじゃないでしょうか?

一般的な投資のイメージとしてはデイトレードFX(外国為替証拠金取引)等があります。

・デイトレードは平日の日中時間帯にパソコンに張り付かないといけない
・FXはレバレッジ(証拠金)を大きくかけて破産

やはりあまり良いイメージは出てこないですが、市場を読んで稼げる人運が良い人は、市場平均以上の大きな利益を得ることが出来ます。

しかし、一時的に市場平均より大きく稼ぐことが出来ても、長期的に稼ぎ続ける事が出来る人はほんの一握りで、大半はインデックス投資に負けるという結果が出ているみたいです。

何より、インデックス投資の魅力は積立だけしてあとはほぼ放置出来るっていう点ですね!

低コストなインデックス投資に毎月積み立てをしてさえいれば、20~30年放置すれば大きな利益を得られるという、今までの投資=ギャンブル(投機)といったイメージを覆しました。

インデックス投資でセミリタイアを目指します

喜ぶ女性OL

これから13年後にセミリタイアし、収入がなくなって貯金の切り崩しで生活していかなければならない。

通帳の金額をどんどん減っていくっていうのは精神的負担を強いられると思います。

定期預金でも雀の涙ぐらいしか貰えないですものね

そこで今すぐ大金を手にしたいわけではなく、20~30年後の老後資金を確保したい私にとって、インデックス投資ほど向いた資産運用はないんじゃないか?

そう思うようになりました。

元々、当分の生活費を現金として、残りのしばらく使用しないお金を定期預金や個人向け国債にしようと思っていました。

その分をインデックス投資に入れれば長期運用でき、かつ定期預金や国債より大きなリターンを期待できます。

低コストファンドで、リーマンショックの様な大暴落があってもパニックに陥らず長期運用出来る。

その様な20~30年後の市場の成長を期待できるインデックスファンドを探そう。

そして安定したセミリタイア生活を目指そう!

そう決意したのでした!