インデックス投資

投資信託なら20代から始めても稼げる?安定した利益をえるコツを紹介

20代からの資産運用は投資信託がおすすめ

「投資でお金を増やしてみたいけど、元手も少ないし20代から始めるのは早いかな…?」

まとまった貯金がないと大きな利益を稼ぐこともできないだろうし、投資をするだけ無駄じゃないかなと思ってしまいますよね。

 

しかし、投資信託なら少ない金額からでも長期運用していくだけで大きく利益を稼ぐことも可能です。

今回の記事では、20代からの投資信託での資産運用についてお伝えしていきますね。


 記事のまとめ

  • 20代という強みを活かせるのはインデックス投資信託での長期運用
  • インデックス投資信託ならリスクを抑えながら安定して利益を稼いで行ける

投資信託でリスクを分散しながら20代という若さを活かした長期運用で将来のための資産形成をしていきましょう!

 

資信託なら20代の少ない積立金額でも始められる

投資信託なら100円からでも積立が可能

投資信託ならまとまった金額を投資できなくても、生活に影響がない範囲からコツコツ積立を続けて利益を稼いでいくことができます。

 

国内株式だと1単元株での取引となるため、銘柄によりますが購入するためには数十万円~百万円ほど必要になります。

個別株式取引以外にも

  • FX
  • 仮想通貨
  • 不動産投資

などのイメージから、投資で利益を稼ぐためには百万円以上の大きな資金がなければいけないと思ってしまいがちです。

しかし投資信託なら100円からでも投資を始めることが可能です。


 そもそも投資信託とは?

投資信託は投資家から集めたお金を運用の専門家であるファンドマネージャーがファンドの運用方針に従って運用していきます。

もちろん元本保証ではありませんし、運用コストもかかりますが投資初心者が自分で運用するよりプロに任せたほうが運用コスト込みでも稼ぎやすいというわけです。

相場に張り付くことなくほったらかしできるのが良いですよね!


 投資信託なら無理がない金額でいつからでも始めることが可能

投資信託の最低投資金額は証券会社によって変わってきますが、『SBI証券』や『楽天証券』などでは100円からの金額指定で投資ができるわけです。

 

個別株式だと1単元である100株単位(国内の場合)での取引となりますので、1株10,000円だとしても、

100株1,000,000円
200株2,000,000円
300株3,000,000円

このように取引単位がとても高額になってしまいます。

 

しかし、投資信託では最低投資金額が1,000円以上や10,000円以上など少ない金額からでも『口数』という取引単位で購入していくことができます。

さらにネット証券の『SBI証券』や『楽天証券』などでは最低投資金額が100円から1円単位で取引が可能になっています。

ちょとした小遣いからでも投資が始められてしまうんですね。

さすがに100円の積立を続けても全く稼ぐことはできませんが、自分が無理がない金額で投資を始めることができるのが投資信託のメリットです。

投資信託なら20代でまとまった資金がなくても資産運用を始めることができます。

 

また、余剰資金で無理がなく積立していけるということが大きなポイントです。

余剰資金 = 無くなっても日々の生活に影響がないお金

ということになりますので、大暴落があって資産が一時的に半分になってしまっても焦って売却することなく運用を続けやすくなります。


 金額指定で口数を積立していくことで平均取得価額が低くなる

無理がない余剰資金で金額指定で毎月一定額を積立をしていくと、平均取得価額が低くなるというメリットがあります。

 

一定金額を毎月積立しつづけることで自然と、

  • 基準価額が高いときは、口数を少なく購入
  • 基準価額が安いときは、多くの口数を購入

のようになり、これを『ドルコスト平均法』といいます。

 

通常の積立をしたときと、ドルコスト平均法での積立したときのシミュレーションをしてみます。


 毎月100口を投資信託で購入した場合(口数指定)

基準価額投資金額購入口数
1月1日100円10,000円100口
2月1日150円15,000円100口
3月1日80円8,000円100口
4月1日50円5,000円100口
5月1日120円12,000円100口
合計50,000円500口

口数指定で毎月100口を購入すると、5万円の投資で500口を購入できました。

平均取得価額は100円となります。


 ドルコスト平均法で毎月1万円を投資信託に積立した場合(金額指定)

基準価額投資金額購入口数
1月1日100円10,000円100口
2月1日150円10,000円67口
3月1日80円10,000円125口
4月1日50円10,000円200口
5月1日120円10,000円83口
合計50,000円575口

金額指定で毎月1万円分購入していくと、同じ5万円の投資ですが合計575口となり、口数投資と同じ投資額にかかわらず多くの口数を購入出来ることとなります。

平均取得価額は87円となり、口数指定で購入したときも低くなっていますね。

 

このように100円からでも積立ができて、口数を購入していく投資信託だと、ドルコスト平均法により取得価額を低くできて売却のときにより多くの利益を得られるようになります。

大暴落したときの底値で一括投資できればそれが一番大きく稼げますが、いつ大暴落がくるかも予測できないし、どこが底値かの判断も難しいです。

暴落を待っている間、お金を遊ばせておくのは利益を稼ぐ機会損失にもなってしまいますものね。

ですので最安で購入することができなくても、投資初心者でも毎月一定額を積み立てているだけで平均取得価額をそこそこ低くすることができて利益をだしやすくなるというわけです。


 ドルコスト平均法なら暴落時の精神安定剤となる

またドルコスト平均法で毎月積立をするなら、暴落時こそがより多くの口数を購入できるボーナス期であり、暴落時にどれだけ多くの口数を購入できるかで平均取得価額が変わってきて売却時の利益が大きく変わってきます。

 

通常は暴落時にはみるみる資産が減っていくのに耐えられなくなってしまい、パニック売りをしてしまいがちです。

しかしドルコスト平均法ならより多くの口数を購入するため暴落時にも売却をしてしまうどころか、積立を続けやすいんです。

暴落時に積立をやめてしまうと高値掴みをし続けることになってしまい利益がでないですもんね。

まさにドルコスト平均法が暴落時の精神安定剤となるんですね。

投資初心者だと暴落に慣れていないため、

  • ドルコスト平均法
  • 生活に影響がない余剰資金での積立

以上の2つを守って投資信託での運用を続けることで大きな利益を稼いでいきましょう。

 

ドルコスト平均法の詳しいメリット・デメリットについては『ドルコスト平均法とは?長期投資していくうえで最強なただ1つの理由』で解説していますのでご参考にしてください。

ドルコスト平均法協会
ドルコスト平均法とは?長期投資していくうえで最強なただ1つの理由 インデックス投資をしようと思っても、お金の投資手段として 初めにまとまった金額を一括投資してしまうか 暴落の...

 

投資信託で運用するならインデックスファンド

投資信託をするならインデックスファンドがおすすめ

投資信託で資産運用をするならインデックスファンドが長期運用によって安定した利益を稼ぎやすいためおすすめです。

 

投資信託といってもさまざまな商品があり、国内で公募されている投資信託だけで6000本以上存在するんです。


 投資信託をおおまかに分類

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド

投資信託は以上の2つに分けることができます。


 投資初心者でも始めやすいインデックス投資

インデックスファンドは日経平均株価やTOPIXなどの株価指数(インデックス)の平均値と同じ値動きを目指していくインデックス型の投資信託です。

けど平均値を目指していては利益はでないんじゃないですか??

世界経済は長期的にみると右肩上がりに成長を続けていくので、平均値を目指していくだけでその恩恵をうけて利益を得ることができるんです。


 長期的にみると右肩上がりな経済(例:ダウ平均株価)

世界経済の長期的成長

(出典:YAHOO FINANCE)

大暴落によって下落している期間もありますが、長期的にみるとこのように経済は大きく右肩上がりで成長を続けているわけです。

この右肩上がりの成長の恩恵をただただ受けていこう!というのがインデックス投資です。

 

インデックスファンドだとその市場の時価総額費で分散投資していくだけなため、ファンドマネージャーに依存することもないので、低コストな運用が可能となっています。

無駄なコストを支払うことなく長期運用することで、右肩上がりに成長していく市場の恩恵をうけて利益を得ていけるというわけです。


 アクティブファンドでは勝ち続けるのは難しくリスクが大きい

市場の平均値を上回る運用成績を積極的に目指していくアクティブファンドなら短期間で大きく稼ぐことも可能です。

しかし、ファンドマネージャーによる運用に頼った部分が大きいので手数料がとても高くなっており、また短期間でなら大きく稼げても、長期間でみると株価指数の平均に負けてしまうといわれています。

運用のプロでも勝ち続けるのは難しいんですね。

ですので、投資初心者であるなら低コストなインデックスファンドで余計なことはせずほったらかしで、余剰資金で長期積立をしていくことが安定の資産運用法となりますね。

 

インデックスファンドにもよりますが、10年以上の長期運用をしていけば右肩上がりに成長していく市場の恩恵で平均利回り3~7%の利益が期待できます。


 インデックス投資なら分散投資でリスクが軽減される

インデックスファンドは市場全体に分散投資することにより、大きなリスクを抱えることなく運用していけるというのも強みになります。

インデックス投資では指数(インデックス)にもよりますが、

株価指数銘柄数
日経平均株価225
TOPIX2000弱
ダウ平均(米国)30
S&P500(米国)500

と多くの銘柄に分散投資することになります。

そのため一つ一つの銘柄の業績悪化や倒産などの影響で大きな損失をだすことが少なくなるんです。

 

個別株式に投資をするときにもそのようなリスクを減らすためにも分散投資をしていきますが、1単元株での取引になるためまとまった資金があっても数銘柄程度の分散しかできません。

しかしインデックス投資なら100円からでも数百銘柄以上の分散投資が可能なんです。

インデックスファンドによっては世界中に分散投資できますしね。

 

ただしインデックス投資だと、個別株式・FX・仮想通貨などのように短期間で大きく稼ぐのは難しいです。

しかし、投資初心者なら経済は長期的にみると右肩上がりに成長していくこと信じて低コストなインデックスファンドで長期運用していくことが、結果的に大きな利益を稼ぐ近道となりますよ。

大きく稼げないけど、安定した利回りが期待できますものね!

 

投資信託をするなら20代から運用を始めた方が得

インデックスファンドでの資産運用なら20代という若さを活かして長期運用で大きく稼ぎやすいため、始めるなら早めに始めましょう。


 インデックス投資を20代から始めた方がいい理由

  • 市場の成長性にのっかり投資初心者でも長期運用すれば安定した利益を稼げる
  • まとまった資金がなくてもちょっとした余剰資金で始めることができる
  • 市場全体への分散投資によりリスクも低い
  • 積立設定さえしてしまえば、あとは何もしなくてもいい

インデックス投資は短期間で大きく稼ぐ投資法ではなく、長期運用することで長期的にみると右肩上がりの市場の成長の恩恵にのっかり、安定した利回りを得ていく方法になります。

ですので、

「暴落しているから損切りしたほうがいいんじゃないか?」

「いったん利確しておいたほうがいいんじゃないか?」

といった自分の投資の判断で介入をせずに、ただただほったかしで積立を続けて市場の平均値を目指していくことが安定した利益に繋がります。

 

損をしないように自分であれこれ動いてしまうと、長期的にみるとかえって損をしてしまったり、手にはいるはずだった利益を逃してしまいます。

市場の平均値以上を目指しても、運用のプロですら長期的には平均値以下の成績になってしまうんですものね。

そのため投資の経験も少ない20代でも、低コストなインデックスファンドで自分では何もせずほったらかしで長期積立していくとこで安定して利益を稼ぎやすいというわけです。


 インデックスファンドで平均利回り4%での運用例

月1万積立月2万積立月3万積立
5年6.5万13万19.5万
10年27万54万81万
15年65万130万195万
20年130万260万390万
25年210万420万630万
30年330万660万990万

このようにまだ20代で給料にも余裕がなく、遊びにもお金をたくさん使いたくて余剰資金があまり作れなくて少ない積立金額でも、インデックスファンドで長期運用することで大きな利益を稼ぐことができます。

定期預金の金利から考えたらとても大きな利益ですね!

とにかく途中で売却することなく長期運用することが大切なので、はじめは無理がない本当に少ない金額からファンドへの積立を始めるべきですね。

そして暴落があったときにもパニックにならずに積立を継続していけるようなら、毎月の積立額を増やしていってもいいでしょう。

 

このように20代で少ない金額からでもインデックスファンドでの積立を始めることで、自分自信のリスク許容度を少しずつ高めていけて長期運用をしていきやすくなるというわけです。


 投資信託を始めるなら出口戦略が大切

インデックスファンドで資産運用をするにしてもどのようにして売却していくかという出口戦略がとても大切です。

 

いくら投資信託の基準価額がかなり上がっていたとしても、購入した口数を実際に売却するまでは利益とはなりません。

まとまったお金を使いたくて売却しようと思っていたタイミングで大暴落がきてしまっては、売却ができない・売却しては損してしまいますからね。


 おすすめの出口戦略

売却時期を5年~10年ほどの余裕ある期間を作っておく

例えば40歳のときにまとまったお金が欲しいなら、投資信託で順調に運用できた場合の35歳時点の利益を目標額に設定してから資産運用を始めるんです。

そのように売却期間に5年間の猶予をもつことで、

  • 順調に資産が増えたなら35歳頃に売却できる
  • 暴落が重なった場合も回復を待つ余裕ができて、40歳までには目標額に達する

と、お金が欲しい時期に目標にしていた利益額を手にいれやすくなるわけです。

目標の年齢までフルに運用したほうがもちろん大きな利益を手にいれることができますが、そうはうまくいかないのが投資です。

お金が欲しいときに安定したお金を手にするためにも、余裕をもった出口戦略をたてて投資信託での運用を始めましょう。

投資信託は一括売却するだけではなく、毎月一定額を取り崩していくという出口戦略をとることもできます。その場合は残った資金は運用され続けますのでリスクにはさらされ続けますが、最大限の資産運用ができます。

 

20代からの投資信託におすすめのポートフォリオ

20代からの積立投資におすすめの米国株式

20代がインデックスファンドで資産運用を始めるなら米国株式100%での運用がおすすめです。

 

インデックスファンドで運用を始めるにしても、どのような資産クラスを組み合わせるかを考えなければなりません。


 主な資産クラス

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 国内REIT(不動産)
  • 先進国REIT

などのさまざまな資産クラスをどのように組み合わせて運用していくかで期待利回りやリスクが変わってきます。

リスクを減らしていきたいなら債券やリートを組み合わせていけばいいわけですね。

たしかにリスクを減らしたいなら債券などを組み合わせればいいですが、それだけリターンも減ってしまいます。

ですので、おすすめは大きなリターンが期待できる株式のみでの運用です。

 

株式100%で運用すると暴落のときの下落幅がかなり大きくなります。

しかし、ここまで解説してきたように、

  • 完全な余剰資金での積立
  • ドルコスト平均法での積立により暴落時がボーナス期という意識
  • 積立を始めたらほったかしでなにもしない
  • 売却時期に猶予をもち安定した利益を得るための出口戦略

以上のことを守って運用することで、株式100%のリスクの影響も少なくしていくことができます。

 

株式100%での運用におすすめのインデックスファンド

株式100%で運用するうえでのおすすめのインデックスファンドは以下の2つです。

構成銘柄数
eMAXIS Slim 米国株式 S&P500米国の時価総額80%の500銘柄
楽天全米インデックスファンド米国株3,600銘柄

どちらも米国株式に分散投資できるファンドになります。

インデックス投資は長期的にみると右肩上がりの市場の成長性にのっかり利益を得ていくものなので、将来の成長性を考えたら米国は外せないわけです。

市場の成長にかかせない人口という要素も、アメリカなら将来も安心ですものね!

また、米国株式で運用すれば年利回り7%前後も期待できます。


 主な資産クラスの期待利回り

資産クラス期待利回り
株式100%5%
株式・債券・リートの組み合わせ3~4%

これらの年利回りでも長期運用していくことで十分な利益を稼ぎだすことができます。

しかし、米国株式の時価総額の80%を占めるS&P500なら過去25年間の平均利回りが12%という驚異的な成績を残しています。

国内株式なら過去25年間の平均利回りは3.75%程度にしかならないですから米国の成長性の凄さが分かりますね。


 平均利回り7%で運用した場合の利益額

月1万積立月2万積立月3万積立
5年12万24万36万
10年55万110万165万
15年140万280万420万
20年280万560万840万
25年500万1,000万1,500万
30年860万1,720万2,580万

積立額が少なくても、平均利回り7%で運用できると大きな利益となります。

毎月2万円を30年間積み立てるだけでも十分な老後資産となりますね!

平均利回り7%で運用できれば資産運用の目標額に短い期間で達成できるので、それだけリスクに晒す期間も短くなり結果的にリスクも減ります。


 米国株式の圧倒的な回復力

米国株式は大暴落があったときでも約3年で元の株価に戻しているというその回復力も強みです。


 過去の大暴落時の米国株式のチャート

S&P500過去の暴落

(出典:YAHOO FINANCE)

2001年のITバブル崩壊や、100年に一度の大暴落といわれている2008年のリーマンショックですら米国株式なら約3年で元の株価に戻しています。


 国内株式の大暴落時のチャート

国内株式(日経平均株価)の大暴落からの回復期間

(出典:YAHOO FINANCE)

国内株式だと大暴落から回復するのに約5年という長い月日がかかっています。

さらにいえば1990年代のバブル崩壊時の日経平均株価38900円にはいまだ回復していないわけです。

個別株式に投資するならとにかく、市場全体に投資していくなら国内ではなく成長性のある米国にするべきですね。

米国株式にこれだけの回復力があるというのもそれだけ米国には成長性があるからということですね。

米国株式は、インデックス投資で長期運用するにあたってとても信頼のできる投資先となります。


 インデックス投資で安定した利益を得るポイント

  • 完全な余剰資金での積立
  • ドルコスト平均法での積立により暴落時がボーナス期という意識
  • 積立を始めたらほったかしでなにもしない
  • 売却時期に猶予をもち安定した利益を得るための出口戦略

これらを守り、しっかりとしたリスク管理をしていくことで米国株式で大きなリターンを狙っていきましょう。

 

暴落時の下落幅を下げたいならバランスファンド

「一時的にでも暴落で大きく資産が減ってしまうのは自分には耐えられそうにない・・・」

というのなら比較的低リスクで運用していけるバランスファンドがおすすめです。

 

債券やリートなどの株価とは違った値動きをする資産クラスを自分で組み合わせて運用していけばリスクを低くできるので、リスク許容度が低い人にも運用を長期的に続けやすくなります。

しかし複数のインデックスファンドを組みあわて運用しようとすると『リバランス』という面倒な作業が必要になってしまいます。

 

例えば資産クラスの比率を最初に

4資産円グラフ

のようにして運用を始めてもそれぞれの資産クラスは違った値動きをしていきますから、運用を続けるうちに、

4資産円グラフリバランス

のように資産クラスの比率にズレが生じてきてしまうわけです。

資産クラスの比率がズレると何か問題があるんですか?

資産クラスのズレが生じると、リスクが想定していたものより高くなってしまいます。

ですので、その比率のズレを元に戻す作業が『リバランス』というわけです。


 リバランスの作業

  • 比率が高くなっている資産クラスを売却し、低くなっている資産クラスを買付
  • 比率が低くなっている資産クラスの積立額をしばらく多くする

以上の2つのどちらかになりますが、とても面倒ですよね。

そんなに頻繁にリバランスする必要はありませんが年に1回はリバランスしたいところです。

 

はじめは少しでも運用の効率を上げるためにリバランスも頑張れますが、続けるうちに次第に面倒になってしまいます。

運用に手間がかかってしまうと長期運用していくさまたげとなってしまいます。

「リバランスは面倒だから続けられそうにないけど、複数の資産クラスを組み合わせてリスクは低くしたい… 」

というのなら、バランスファンドがおすすめです。


 バランスファンドならリバランスも必要ない

バランスファンドならはじめから複数の資産クラスが組み合わさせていて、かつ面倒なリバランスの作業もファンドが自動的にやってくれます。

 

バランスファンドはリバランスを自動的にやってくれるため、複数の資産クラスを組み合わせてリスクを低くしながらもながらもほったらかしで運用していけるのがメリットですね。

しかしリバランスを自動的にやってくれることで投資信託の年間管理コストである信託報酬が0.5~0.7%程度の高コストでした。

単独の資産クラスのファンドだと信託報酬が0.1~0.2%程度ですものね。

インデックスファンドでの長期運用で利益を稼いでいくためには低コストなファンドで運用というのが大きなポイントとなります。

そのため、高コストなバランスファンドはリバランスの必要がなくて便利な反面、長期運用には向いていませんでした。


 低コストな『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』

そんな中、とても低コストなバランスファンド『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』が登場しました。

Slim8資産円グラフ

国内・海外の株式・債券・リートの8資産クラスを綺麗に8等分したバランスファンドです。

信託報酬も0.159%(税抜)とバランスファンドに関わらず単独の資産クラスファンドに劣らない低コストを実現しています。

投資信託の純資産総額も新規設定から1年で100億円を超えているので、運用途中にファンドが潰れる(繰上償還)心配もありません。


 『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』のメリット

  • 信託報酬が低コストで長期運用のパフォーマンスが優位に
  • 運用利回り3~5%程度が期待できる
  • 債券・リートを組み込んでいるため暴落時の下落幅を抑えられる
  • リバランスの必要がなく、ほったらかしで運用可能

バランスファンドだと米国株式ファンドのような大きな利益は期待できませんが、それでも運用利回り3~5%と十分な利回りで運用が可能です。

 

インデックス投資で利益を稼ぐポイントは、低コストなファンドで長期運用していくことです。

バランスファンドでリスクを低くすることで、暴落へのリスク許容度が低い人でも長期運用をしていきやすいという大きなメリットがあります。

 

株式100%の暴落時の下落幅に耐えられそうにないというのなら、バランスファンドである『eMAXIS Silm バランス(8資産均等型)』で長期運用をしていきましょう。

 

投資信託でのほったからし運用で資産形成

投資信託なら20代でも無理がない余剰資金で始めることができて、かつ20代という若さを武器に長期運用で大きな利益を稼いでいけます。

投資信託で資産運用をするなら、低コストなインデックスファンドで長期運用をしていきましょう。


 インデックス投資での長期運用で大きな利益を得るコツ

  • 完全な余剰資金での積立
  • 少ない金額から積立を始めてリスク許容度を上げていく
  • ドルコスト平均法での積立により暴落時がボーナス期という意識
  • 積立を始めたらほったかしでなにもしない
  • 売却時期に猶予をもち安定した利益を得るための出口戦略

大きな利益を稼いでいきたいなら米国株式ファンド、暴落時の下落率を抑えたいならバランスファンドを選んでいきましょう。

インデックスファンドで運用を始めたいと思った人は『インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明』で詳しく解説していますので是非ご参照ください。

インデックス投資で長期積立
インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!...

20代で資産運用を始めようと思った時点で周りに大きく差をつけています。

あとは投資信託でリスクを減らしながら長期運用していくことで将来のための大きな資産形成をしていきましょう!