フリーター

フリーターでも貯金をするには?年間100万円を貯める方法を徹底公開

フリーターでも貯金をするには?年間100万円を貯める方法を徹底公開

「今はフリーターを満喫しているけど、なかなか貯金ができなくて将来が不安…」

将来のために貯金をしなければならないという意識があっても、フリーターだと年収も低いし、好きなことにお金を使っていきたいしで、なかなか貯金ができないですよね。

正社員でボーナスが貰えても貯金ができない人が多いぐらいですからね。

正社員なら貯金がなくてもある程度の老後生活が送れます。

しかし、退職金もでなく、年金受給額も少ないフリーターの老後生活には、正社員以上に貯金が生命線となります。

ですから、この記事では、フリーターをしながら遊ぶ金はある程度自由に使いながらもどうやって貯金をしていけばいいか紹介していきますね。


 記事のまとめ

  • フリーターだからこそ毎年100万円を貯金していきたい
  • 固定費と食費を無理なく節約していく
  • 家計簿アプリで簡単にでも支出管理していくことが重要
  • リスク分散のために副業収入を増やしていくことが大切

具体的な目標を作ることによって節約を楽しみながら続けていけるようにし、会社に縛られることもなく、老後の心配もないフリーター生活を送れるようにしていきましょう。

フリーターの平均貯金額はどれくらい?

まずは、一般的なフリーターはどの程度の貯蓄をしているのか見ていきましょう。


 フリーターの平均貯蓄額

一人暮らし実家暮らし全体
20~24歳18.8万58.1万49.9万
25~29歳48.8万89.0万80.3万
30~34歳61.0万126.4万114.5万
全体44.1万93.4万83.4万

(出典:an『フリーターの貯蓄額調査』より)

一人暮らしより実家暮らしの方がお金に余裕ができるので、平均貯蓄額に50万円程の差がでていますね。

将来の不安から貯蓄をしているというフリーターが多いですが、実際のところは約70%のフリーターの貯蓄額が50万円未満となっています。


 正社員なども含めた全体の平均貯蓄額(単身世帯)

20代128万
30代317万
40代657万
50代1,043万

(出典:家計の金融行動に関する世論調査【単身世代調査】

全体の平均貯蓄額と比較すると、フリーターは20代で約50万円、30代で約200万円ほどの貯蓄額の差がでてしまっていますね。

やはり、収入の差があるため、それが貯蓄額の差にでている結果となっています。

サラリーマンだと毎月の給料から貯金できなくても、ボーナスで自然と貯金ができるというのも大きいですよね。

フリーターの平均月収・年収はどれくらい?

次は、フリーターの平均月収・年収はどれくらいなのか見ていきましょう。


 フリーターと正社員の平均月収(年代別)

フリーターの平均月収・年収は?

(出典:平成29年賃金構造基本統計調査より)

正社員の平均月収が32.2万円の所、フリーターだと平均月収21.1万円というデータになっています。

年収にするとフリーターは253万円程度にしかならないんですね。

サラリーマンだと出世できなくても年功序列によりどんどん年収が上がっていくため、特に何も意識をしなくても貯金をしていく余裕ができていきます。

しかし、フリーターだと年齢を重ねても年収もほとんど上がらないため、意識的に貯蓄をしていかないと、いつになっても貯蓄できないままとなってしまいます。

フリーターの平均年収は253万円。国民年金や健康保険などの税金負担で手取りはもっと少なくなるため普通にしていると貯金は難しい。

フリーターをしながら年間100万円の貯金

フリーターでも年間100万円の貯金をして1000万円を目指そう

フリーターでも毎年100万円の貯金を目標にしていくべきです。

フリーターだと退職金もでませんし、公的年金の受給額も少なくなってしまうため、老後生活に不安があります。

若い年齢のうちは、フリーターでも楽しく自由に過ごしていくことができますが、なにも準備せずに老後に入ってしまうと危険です。

年金だけじゃ生活が送れませんから、少ない貯金から毎月取り崩していくことになってしまいます。

そうすると、医療費・介護費も支払えず、自分の健康のためのお金も節約していかなければならないという『老後破産』状態となってしまうわけです。

医療費もまともに払えず、生活保護以下の破産状態で生活している老人が200万人以上いると見られています。

老後破産状態になってしまうのが、手厚い厚生年金が受給できない自営業やフリーターの人が多いというわけです。

そのような老後破産を防ぐためにも、若いうちからの準備がかかせず、毎年100万円を貯金していきたいですね。

毎年100万円をしっかり貯金していければ、20年で2,000万円、30年で3,000万円と貯めることができるので、それだけの貯金があってようやく安泰な老後生活が送れるといった感じですね。

フリーターをしながら毎月8万円を目標にしよう

年間100万円の貯金をするとなると、毎月8万円程の貯金をしていかなければなりません。

ボーナスもありませんからね…。

一人暮らしをしていると、生活費だけでアルバイト代も結構な割合が持っていかれてしまいますから厳しいですよね。

しかし、無駄な支出を削っていけば毎月8万円の貯金も可能です。

また、節約をしての貯金という考えだけではなく、別の収入を確保していくともっと簡単に毎月8万円の貯金をしていけますよ。

無理な節約をしての貯金には限界もありますし、長続きさせしにくいですものね。

アルバイトの掛け持ちだと身体にも負担がきますし、いつまでそれが続けられるか分かりません。

しかし、在宅ワークで収入を稼いでいける副業なら負担も少なく継続していきやすくなります。

おすすめの副業については、このあとに詳しく紹介していきますね。

年間100万円の貯金の為には節約と副業による貯金のバランスが大切

フリーターでも節約して貯金をしていくためには?

フリーターでも節約して貯金をしていくためには?

フリーターでも将来の安定のために年間100万円の貯金をしていくためには、生活費をしっかり節約して貯金をしていくことが大切です。

収入を増やすのは難しいですが、節約をしてお金を増やすのは簡単ですからね。


 生活費を大きく節約していく方法

  • 無駄な固定費の削減によって継続性のある節約
  • 食費を月2万円以下に抑えていく
  • 家計簿アプリで節約の目標達成のための簡単な支出管理

あくまで長期的に継続していけなければ何も意味がないので、無理がない節約術を紹介していきますね。

固定費の節約により継続性のある貯金をしていこう

貯金をしていくなら、まずは無駄な固定費を削減をしていきましょう。

固定費を削るときには勇気がいりますが、思いきって削減してしまえば、あとは何もしなくても継続して節約していけます。

固定費は毎月など定期的に必ずかかる支出ですものね。

ですから、貯金をしていきたいなら、最初に節約に取り組みたいのが固定費です。


 節約したい固定費

  • 携帯会社を大手通信キャリアから格安SIMへ
  • 自宅のインターネット回線
  • 自動車の維持費
  • 家賃の節約
  • 生命保険・医療保険の見直し
  • 新聞の解約
  • クレジットカードの年会費
  • その他、動画やアプリなどの月額料金の見直し

なかなか削りにくいものが多いですが、しっかり節約できればそれだけで毎月3万~8万円節約が可能ですよ。

携帯電話を格安SIMに乗り換えるだけのお手軽な節約術


 携帯会社を格安SIMに乗り換えれば簡単に節約ができるのでおすすめです。

現在、スマホでのデータ使用量が少ないなら、格安SIMに乗り換えるだけで毎月3,000円ほどの節約が可能です。

格安SIMに乗り換えるならTVコマーシャルでもお馴染みの『mineo』がおすすめですね。


 mineoの料金プラン(データ通信+音声通話)

データ容量auドコモソフトバンク
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2.190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3.570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

mineoなら、ドコモ・ソフトバンク・auのトリプルキャリアに対応していますので乗り換えもしやすく、通信速度も安定しているのでとても使いやすくなっています。

すべてのiPhoneもそのまま使用できますしね!


 あまりスマホを利用していないなら乗り換えないと損

「新しいサービスは不安…まだ周りもあまり乗り換えていないし…」

「乗り換え方法もよく分からないし、とりあえず現状維持かなぁ…」

と、あまりスマホを使用していないのに、毎月5,000~6,000円という無駄なお金を支払い続けていませんか?

格安SIMへの乗り換えは決して難しくはありませんし、格安SIMに乗り換えれば毎月2,000円以下の維持費に抑えられます。

今すぐ乗り換えをしないで、先延ばしをしていると損をし続けるだけですよ。


 mineoを申し込むときに必要な物

  • クレジットカード
  • メールアドレスと電話番号
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)


 mineoに乗り換える手順

  1. 利用している大手通信キャリアの解約・MNP予約番号を受け取る
  2. パソコン・スマホから『mineo』のサイトから申し込み
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 申し込み完了
  5. 3日~4日でSIMカードが自宅に到着
  6. 回線切り替え手続き(30分程度)

以上の手順でmineoへの乗り換えが完了なので結構簡単にできてしまいます。

基本的にはパソコンやスマホでの手続きで完了しますしね!

ただし、あなたの現在使用している携帯端末が対応しているか『mineo』のサイトから事前に確認しておきましょう。

ほとんどの携帯端末がmineoに対応していますが、『au VoLTE対応SIM』を利用している端末の場合は、大手通信キャリアの店頭でSIMロック解除をしてもらう必要があります。

>>mineoの対応携帯端末の確認はこちらから


 契約更新月を待たずに乗り換えた方がお得

あまりスマホを使用していない人なら月3,000円は安くなりますので、違約料金を支払ってでも乗り換えた方が結果的にお得です。

違約料金で9500円取られてしまいますが、数か月で元が取れますしね。

格安SIMに乗り換えてもほぼデメリットもなく、今までと同じように利用しながら節約していけます。

ですので、固定費を削るなら、まずは格安SIMに乗り換えることから始めていきましょう。

 

他の固定費については『生活費から固定費の削減して年間100万円の貯金テクニックを公開!』をご参考に無駄なものを削っていき、月3万~8万円の節約・貯金をできるようにしましょう。

コツコツ貯金
生活費から固定費の削減して年間100万円の貯金テクニックを公開!生活費の節約をするためには食費などの変動費ではなく固定費を削減する事が貯金をするポイントです。格安SIMや保険の見直しなど無理がない範囲で固定費を削り年間100万円の貯金を目指しましょう。...

固定費の削減によってできるだけ貯金ができるようすれば、他の部分での節約の負担を大きく下げることができますよ。

一人暮らしなら食費を月2万円以下に抑える

フリーターでも大きな貯金をしていくためには、固定費だけではなく食費の節約もしていかなければなりません。

食費の無理な節約をすると、生活レベルが著しく下がってストレスになりやすいです。

しかし、少ない給料の中からも毎月8万円の貯金をするなら、食費の節約はかかせません。


 一人暮らしの平均月額食費

単身世帯
食費(外食費含む)4.7万円
外食費(割合)1.8万円(38%)

平均値だと外食費もそれほど多くありませんが、あなたはもっと外食していませんか?

貯金ができない人は、いつも外食だったり、出前の宅配の利用頻度が多かったりなど、自炊ではなく外食に頼りきりな生活の人が多いです。

外食なら簡単だし、気軽に幸福感を得られますからねぇ。

ですから、外食を減らして食費を月2万円以下に節約できれば、毎月2万~3万、もしくはそれ以上に貯金ができるようになります。


 食費を月2万円以下に抑えるためのコツ

  • 飲料代を浄水器の水にすることで節約
  • 格安の業務スーパーの利用
  • ふるさと納税を活用して米と豚肉を貰う
  • 家計簿アプリを使い食費を管理

月2万円ならそれほどストレスにならずに続けていくことができますよ。

浄水器・浄水ポットを活用して飲料費の節約

飲み物代の節約は大きな効果をだすことができます。

飲料費の節約だけでも毎月7,000円程度は節約が可能です。

あなたは喉が乾いたときにどうしていますか?

自動販売機やコンビニでペットボトルや缶コーヒーなどを購入して飲んでいるのではないでしょうか?

自販機でならいつでもすぐに自分の飲みたいジュースが買えますからね。

食費で飲料代が占める割合は多いんです。

例えば毎日500mlのペットボトルを1本150円、缶コーヒーを1缶120円飲んだとすると、1か月で8,370円にもなってしまいます。

食費を2万円以下に抑えようとしたら、飲料費のみで食費の4割も占めてしまうんです。


 飲料費を節約するためには?

  • 浄水器や浄水ポットでの水を主に飲用
  • 物足りなかったらほうじ茶などのティーバッグを使用

ミネラルウォーター代も結構馬鹿にならない金額になりますから、浄水器を使用することで、とことん飲料費の節約をしましょう。

浄水器は高いし、賃貸の場合だと蛇口に浄水器が付けられない場合がありますから、そのようなときには『ポット型浄水器』です。

浄水ポットなら、水道水をいれて冷蔵庫に置いておくだけで、自動的にろ過してくれておいしい水を飲むことができます。

「水じゃ物足りないなぁ…」

というのなら、水出しできる『ほうじ茶 ティーバッグ 』などを合わせて使用するといいですよ。

あとは水筒を使って、外出先でも自販機を利用しないようにするだけですね!

このように飲み物を『浄水+α』の生活に変えることができれば、それだけで月7,000円以上の節約が可能です。

食費においてジュースやコーヒー代は無駄なものですし、水中心にできれば健康にもいいですから、まず節約したいところになりますね。

業務スーパーは一人暮らしでも節約のために利用しやすい

大容量の食品を格安で売っている『業務スーパー』は、自宅の近くにあるなら利用しないと損ですよ。

業務スーパーだと全ての食品が大容量なので、

「家族がいないと使いきれないんじゃないか?」

と思うかもしれません。

しかし、開封後はタッパーに入れて冷蔵庫で保管したり、ZIPロックなどに入れて冷凍保存していけば長持ちさせることができるので、一人暮らしでも利用しやすいです。

また、自炊しなくても、

  • 1袋約70円で温めるだけのカレーのルー
  • レンジでチンするだけの1kgの冷凍唐揚げ
  • 1kgのゴボウサラダ・ポテトサラダなど
  • 500gで約100円のスパゲティー
  • スーパーより安い各種お菓子類

などの食材を活用すれば、一人暮らしでも簡単に食事を用意することができますよ。

自炊すれば食費が安くすむとは言いますが、一人暮らしだと効率よく調理・保管していかないと自炊は返って高くなってしまいます。

自炊は面倒ですから、長続きもしにくいですもんね。

ですから、業務スーパーで大容量・格安の半調理品を使っていくことが、簡単に食費の節約をするためのポイントとなります。

業務スーパーが近所になくても、コストコなどの格安スーパーがあれば積極的に利用していくことで、お手軽に食費の節約をしていきましょう。

家計簿アプリで簡単に食費の支出管理をしていく

食費を月2万円以下に節約していくなら、家計簿で支出管理をしていくことは必須です。

食費は日々細かにお金を使っていきますから、無駄遣いしていないつもりでも、気づいたら結構な出費になってしまっています。

ですから、家計簿をつけて支出管理をしていかなくては食費の節約はできません。

けど、家計簿つけるなんて面倒で、それこそ長続きしないような…。

確かに節約を始めたばかりはモチベーションが高いですからなんとか続けられますが、次第に面倒になってしまいますよね。

ですので、家計簿をつけることを継続させていくために、

  • スマホの無料の家計簿アプリ
  • 簡単に入力できるできるだけシンプルなもの

のような家計簿アプリを使用し、必要最低限の食費の出費を入力していきましょう。

細かに家計簿の入力をしなければいけないと長続きしませんから、食費に使ったお金をあとでまとめて入力すればいいんです。

レシートを保管しておかなくても、大体の金額で十分です。

あなたの性格の細かさにもよりますが、2日に1回、または3日に1回ぐらいの頻度で家計簿に一括入力するだけです。

それだけでもいいんですか?!

その程度の負担なら、家計簿が長続きしない人でも継続させやすいですし、大まかな食費の支出は把握できます。

そうすれば、食費を使いすぎたときは月末に向けて調整していくことができますし、節約をしすぎた場合は、外食でちょっと贅沢しよう!ということもできます。

家計簿をつけながら目標のために調整をしていくと、ゲーム感覚で食費の節約をしていけるようになりますよね。

食費の節約だけではなく、それ以外の節約にも家計簿は役に立ちますので、簡単に使える無料のスマホの家計簿アプリで支出管理をしていきましょう。

スマホの家計簿アプリは、無料の『おカネレコ』がおすすめです。とにかくシンプルなレイアウトで入力も簡単なので、このぐらいの家計簿アプリが丁度いいですよ。


 一人暮らしなら食費月2万円はそんなに難しくない

家計簿アプリで食費の支出管理をしながら、抑えるところをしっかり抑えていけば、月2万円以下に食費を抑えることは決して難しくはありません。

私は月1.5万円の食費を目標設定にしていますが、ここで紹介したことを実行しているだけで、1年以上目標を達成させ続けることができています。

それまでは月に5万円以上を食費に使用していましたが、特にストレスも感じずに続けられているので、これからも継続していけるでしょう。

節約のポイントを抑えれば、食費もストレスなく続けていけますよね。

月2万円の食費設定なら、ある程度の外食もしていけますし、健康を気にした食事もしていけますので、無理なく継続していけるはずです。

あとは慣れによるものが大きいので、最初の数ヵ月だけ節約の努力をすれば、その後は自然と食費を抑えていけるようになりますよ。


 食費で無理な節約をしたくないなら3万円を目標に

「月2万円以下に食費を節約するのは厳しい!そこまでして貯金なんてしたくない」

というのなら、せめて月3万円以下に抑える努力をしたいですね。

月3万円以下の食費という目標設定なら、外食や出前も結構できますし、それほどストレスにならずに節約を続けていくことが可能です。

食費を3万円以下にするだけでも、毎月そこそこの貯金をしていけますから、あとは食費以外の部分で補っていくようにしていけばいいですね。

節約は、無理な部分があったら他で補っていく事がとても大切ですよね!

【裏技】食費と水道光熱費を合わせた節約目標にする

無理なく節約していくためのちょっとした裏技としては、食費と水道光熱費を合わせた節約目標にするといった方法もあります。

例えば、食費を月2万円・水道光熱費を月1万円といった節約目標をたてたとします。

水道光熱費では、特に電気代が料金が高くなりますが、真夏や真冬にエアコン代を節約するのってとてもストレスになります。

健康にもよくないですしね…。

そこで、水道光熱費が高くなったときは、食費を我慢することで帳尻を合わせていくんです。

食費と水道光熱費を合わせて月3万円以下に抑えられるようにしていくということです。

エアコンを快適に使いたい食費を節約
食費を贅沢に使いたい水道光熱費を節約

のように相互に保管していけば、1年を通して無理がなく食費と水道光熱費の節約をしていけるというわけです。

このように、ちょっとした節約ルールを作ると継続して節約しやすくなりますよ。

実家暮らしのフリーターなら先取り貯金で強制貯金

実家暮らしならフリーターでも大きく貯金ができるチャンスです。

しかし、実家暮らしだと稼いだお金を自由に使えてしまいますから、収支の管理をせずにお金を使い込んでしまいやすいです。

お金がなくても生活していけてしまいますから危機感が薄いですもんね。

そのような状況でも貯金をしていくためには、『先取り貯金』をしていくことですね。

先取り貯金とは?

給与が銀行口座に振り込まれたら貯金額を即座に別の口座に移してしまい使えなくしてしまうことです

先取り貯金をしていけば、貯金ができない人でも強制的に貯金をしていくことが可能になります。

ですから、実家暮らしでも一人暮らしをしているものと想定して、一人暮らしにかかるはずのお金を毎月、先取り貯金していきましょう。

それだけで年間100万円の貯金の目標達成ですね。

それでもまだお金に余裕がありますから、実家暮らしなら年間100万円といわずに、年間150万円を狙っていきましょう。


 先取り貯金なら住信SBIネット銀行がおすすめ

なお、先取り貯金をするなら、ネット銀行の『住信SBIネット銀行』の口座です。

住信SBIネット銀行なら、メインバンクの口座から毎月自動的に先取り貯金をしていけるので、面倒なく長期継続させていきやすいですからね。

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットについては『住信SBIネット銀行のメリット・デメリット!貯金用として優れている2つの理由』で解説していますので、先取り貯金よう口座としてご利用の前にご参考にしてください。

住信SBIネット銀行のメリットデメリット
住信SBIネット銀行のメリット・デメリット!貯金用として優れている2つの理由 さまざまなサービスが充実しているネット銀行も沢山あってどこのネット銀行を選んで良いのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は...

実家暮らしではなくても、貯金ができない人には先取り貯金は大きな効果がありますので、年間100万円の貯金のために利用できるものは利用していくべきですね。


 実家暮らしの人は家にはどれくらいお金を入れている?

男性女性
20~24歳31,786円24,706円
25~29歳36,212円38,911円
30~34歳39,792円37,364円
35~39歳47,308円43,255円
全世代38,774円36,059円

(出典:SUUMO実家暮らし調査より)

フリーター以外のデータも入っていますが、実家暮らしの約70%が家にお金を入れていて、平均額は約3.7万円となっています。

実家にお金を入れていくにしても、一人暮らしの生活費に比べれば大分安いものです。

実家暮らしなら家にお金を入れつつも、しっかり年間100万円の貯金をしていきましょう。

フリーターをしながら副業収入を稼いで貯金

フリーターならブログで専業化を狙う

フリーター生活だと給料は少ないですが、時間はあまりやすいですから、その時間を活かして副業収入を稼いでいくべきですね。


 フリーターにもおすすめの副業

ブログ運営

在宅ワークでできるブログ運営なら、気軽に始めることができるためおすすめです。

節約をしての貯金には限界がありますが、副業で稼いだ収入ならすべて貯金に回していくことが可能です。

また、このブログ運営による副業なら努力次第ではアルバイト収入を越えることも可能なので、状況をみて専業化も考えられますね。

フリーターなら専業化にも挑戦しやすそうですね!

ブログ運営で月5万以上の副業収入を稼いでいこう

ブログ運営ならこれといったスキル・資格も必要なく、誰でも気軽に始めることができる副業です。

ブログだからと馬鹿にはできず、しっかり収益化していけば月5万円以上を稼ぎだすことが可能です。

ブログでどのようにして収入を稼ぐんですか?

ブログでの収入源は主に広告収入になりますので、ブログに沢山のアクセスを集めることが肝心になります。


 ブログで収入を稼げるようになるためには?

  • 読者の役に立つ・悩みを解決する記事を書く
  • 検索エンジンに上位表示させるための対策を学ぶ
  • 10年後も需要があるような息の長い記事を積み重ねていく

ただのあなたの日記記事を書いているだけでは、ブログへのアクセスは増えていきません。

「今日は~に行ってきて、~を食べてきました」

みたいな記事を書き連ねても、読者がそれを見ても何も面白くはないわけです。

そのような記事を書くにしても、その地域の観光スポットを紹介したり、お店の雰囲気を伝えたりなど、読者の役に立つ記事にしていくことがとても大切です。

役に立つ情報が多いブログなら、また読もうってなりますしね!

また、Googleの検索上位表示させることがアクセスを増やす大きなポイントとなるので、そのためにキーワードなどの対策(SEO対策)が必要となります。


 長くブログで稼ぎ続けていくためには資産となる記事を積み重ねる

そのようにSEO対策をしながら、読者の役に立つ記事を書いていけばアクセスも増えていき、ブログで収入を稼いでいけるようになります。

ただし、記事を積み重ねていく時は10年後も色あせない記事を書いていくという事です。

読者の役に立つ記事なら何でもいいんじゃないんですか?

流行などを追ったトレンド記事はアクセス数を集めやすいですが、あくまで一時的なもので、すぐにアクセスがなくなって価値がなくなってしまいます。

Googleアドセンスはトレンド記事だと収益が維持しにくい

そうすると、記事を積み重ねていっても頭打ちになりやすいですし、ブログの更新を止めると全体のアクセスが急激に落ちてしまうわけです。

収益を稼ぎ続けるために消耗戦になってしまいますから厳しいですよね。

ですから、一度記事を更新したら、検索上位表示させるための更新以外はほっといてもアクセスを呼び続けてくれるような内容の記事を書いていくことが大切なわけです。

そのような資産記事を積み重ねていくことができれば、ブログでの目標の収益額を達成した後は、更新頻度を落としていっても収益を維持していきやすいのがブログ運営のメリットですからね。


 月5万円のブログ収入なら努力次第で誰にでも達成可能

努力する方向を間違わずにブログの記事を積み重ねていけば、誰にでも月5万円以上の収入を稼げるチャンスがあります。

さらなる努力次第では月10万、月100万円という収入が稼げるチャンスがあるのがブログ運営の魅力です。

そうすれば、フリーターをしながらでも将来のために大きな貯金をしていくことができますし、ブログ運営を専業化していくこともできます。

誰にも関わらなくてもブログだけで生計を立てていけたら素敵ですよね。

ブログの始め方・月5万円の副業収入の稼ぎ方については『ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】』で詳しく解説していますので、努力の方向を間違わずに収益化していくためにぜひご参照ください。

ブログで月5万円の副業収入を稼ぐためのやり方・始め方を徹底網羅
ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】 「給料が少なくて生活に余裕がない…」 「副業で収入を稼いでみたいけど、なにもスキルがないし無理かな…」 ...

フリーターをしながらも1000万円を貯金したい

もし1000万円という貯金ができたとしても、決して安心できる金額ではありません。

60歳や65歳になっても、フリーターだと退職金は一切でませんし、公的年金の受給額も少ないですからね。

ですから、フリーターで1000万円という大きな貯金ができても、老後生活を考えるととても不安なわけです。

何歳までアルバイト生活ができるか分かりませんもんね。

正社員のサラリーマンで定年近くで全く貯金がない人でも、

  • 平均1,140万円程度の退職金
  • 毎月平均15万円程度の厚生年金+国民年金

で、ちょっと不安ではありますが老後生活が送れます。

夫婦なら毎月22万円程度の年金が貰えますしね。

若い年齢のときは、フリーターでも正社員と同じぐらいの給料を稼げたりして、

「社蓄になんてならずにフリーターをやっていた気ままでいいや」

と思いがちです。

しかし、年齢を重ねていくうちに正社員のとの年収の差は離れていきますし、老後生活に大きな差がでてしまいます。

いつまで健康に働けるかも分からないですしね。

ですので、1000万円という貯金を貯められたという自信を元に、さらに大きな貯金を貯めていくべきですね。

フリーターをしながらでも、老後のためにしっかり貯金をしていくという目標を作ることで日々の生活にメリハリを作り、安泰な老後生活を送れるようにしていきましょう。