セミリタイア

FIREの4%ルールは節約しすぎない目安として良い【幸福度を下げない】

FIREの4%ルールは節約しすぎない目安として良い【幸福度を下げない】インデックス投資で運用中の中から毎年4%を切り崩して生活費に当てていくというのがFIRE生活であり、4%ルールだ。

FIRE生活において、やはり資産が尽きてしまうというのは大きなリスクとなるため、極力生活費の節約をしてしまいやすい。

だが、4%ルールのおかげで必要以上の節約をしなくても大丈夫なんだという目安になり、ある程度贅沢にお金を使っていくことができる。

FIRE生活では将来の資産のために必要以上の節約をしてしまいやすい

私は年間100万円以下の生活費でFIRE生活をしようとしている。

2018年からFIRE生活のために年間100万円以下の節約生活を4年以上続けてきているから、これからも問題なく続けていける。

しかし、ここからさらに生活費を下げようと思ったらまだまだ下げることが可能だ。

生活費を下げれば下げるだけ資産が尽きる可能性が低くなるのだから、どうしても心情的に無駄使いを躊躇してしまう。

ただし、資産が尽きる可能性は低くなるものの、FIRE生活の幸福度もそれに比例して下がってしまうだろう。

4%ルールに乗っ取って贅沢に生活費に使っていこう

そこでFIRE生活における4%ルールだ。

4%ルールは、毎年インデックスファンドから4%を切り崩していっても向こう30年資産を減らすことなく生活していける可能性が非常に高いというもの。

この4%ルールが最近流行りのFIREの大前提となる。

このルールがあって、このルールを信じてFIREをするのだから、無理な生活費の節約をする必要はなく、

「インデックス投資で運用中のお金の4%までは年間生活費として使っていい」

という精神安定剤となるわけだ。

FIREでは資産と幸福度のバランスを取りながらが大切

必要以上の無理な生活費の節約はFIRE生活費の幸福度を下げるため、4%ルールに乗っ取ってある程度贅沢しながら楽しくやっていこう。

といいながらも、私は4%ルールには少し不安を感じるので、3.5%ルールという私ルールでやっていこうと思う。

これでも十分に資産と幸福度のバランスを取りながらやっていけるだろう。