セミリタイア

流行りのFIREに囚われず現金を多くもったリタイア生活もあり【リスク低減】

流行りのFIREに囚われず現金を多くもったリタイア生活もあり【リスク低減】現在はインデックス投資での運用に大きく頼ったFIRE方式のリタイア生活が流行っているが、投資に貯蓄をほぼ全額突っ込むのは怖いものだ。

そういう場合は、現金と資産運用のバランスを取ったリタイア生活も全然ありだ。

FIREだとほぼリスク資産となり精神的に不安になってしまう人も

FIREだと、

  • 生活費25年分のお金をインデックス投資で資産運用
  • 暴落した時のための生活費5年分の現金クッションを用意しておく

といった感じで、自分の資産がほぼリスク資産となってしまう。

そうなるとリタイア生活中も株価の動向が気になってしまってしまう人もいるだろう。

そうなってリタイア生活を心から楽しめなくなっては意味がない。

FIREが不安なら現金とインデックス投資のバランスを考えよう

そのように株価の動向が大きく気になってしまう人は、株価に大きく影響されやすいFIREではなく、

  • 生活費20年分程度の現金を用意
  • 1000万円~3000万円程度をインデックス投資で資産運用

といった形を作り、

  1. リタイア後は現金の持ち分を使って生活
  2. 15~20年後ぐらいで資産運用がいい感じになったら全売却してその後の生活を送る

といったようにすれば、インデックス投資での運用も精神的に余裕をもって見守りやすくなるので、こういったリタイア生活もありだろう。

デメリットとしては、リスク資産を多く持つFIRE生活より、

  • リタイアのために必要な資産が多くなる
  • 遊ばせているお金が多くなるので資産運用の期待値減

といったところか。

あなたにあった早期リタイア生活を作っていこう

FIREが流行り始める前は、私はこのようなリタイア生活を計画していた。

リスク資産の暴落に対してどの程度平常心でいられるかによって、インデックス投資での運用の仕方を考えた方がいいだろう。