セミリタイア

FIREするなら暴落も気にせずに現金クッションで生活をするのみ

FIREするなら暴落も気にせずに現金クッションで生活をするのみ最近、株価の暴落が騒がれている。

早期リタイアが近い私に取ってはタイミングが非常に悪い。

しかし、早期リタイア生活を台無しにしないためには、株価はあまり気にせずに生活をしていくべきだ。

株価の暴落時も決してパニックになってはいけない

私がセミリタイアのために2018年からインデックスファンド『eMaxis Slim S&P500』に毎月積立を始めてから、コロナショックなど、何度かの暴落を経験してきた。

その度に、

「今回はさすがに米国も終わりだ」

などと騒がれ、脱落した者も多かった模様。

しかし、私はその様な暴落状況でもパニック売却せずに、愚直に毎月積立を続けてきたから、今では大きな評価益を得られて、めでたく年内のセミリタイアとなっているわけである。

あくまでFIREをしたいのならほったらかし積立というのが重要だ。

暴落をしているから底値で買い叩こうとしては決していけない。

FIREするなら米国を最後まで信じきる必要がある

短期的には暴落は当然あって損をする期間もあるけど、長期的にみれば6~7%の平均利回りが得られるからそれで生活していくというのがFIREだ。

そこら辺を米国株に託してFIREをするのだから、こういう暴落時も米国を信じてやっていくのみだ。

  • 積立期ならほったらかし積立を続ける
  • FIRE中なら取り崩しせず現金クッションを充当して生活する

など、愚直に続けていこう。

余計なことを考えずに現金クッションで生活するのみ

私のインデックス投資への積立期は、暴落時は、安く買えるチャンスだと逆に嬉しかった。

が、さすがにこれからFIREするというタイミングでの暴落は少し来るものがある。

が、そのような状況のために現金クッションを用意しているので、このような暴落からの回復が3~5年かかっても、現金クッションで耐えるのみだ。

その間、現金クッションがどんどん減っていくと毎日不安になっては意味がない。

早期リタイア生活において3~5年というのはとてつもなく長い。

余計なことを考えずに毎日毎日を精一杯楽しまなくてはせっかくの早期リタイア生活がもったいないからである。