インデックス投資

ドルコスト平均法とは?長期投資していくうえで最強なただ1つの理由

ドルコスト平均法協会

インデックス投資をしようと思っても、お金の投資手段として

  • 初めにまとまった金額を一括投資してしまうか
  • 暴落の底値を待って一括投資するか
  • 余剰資金で積立していくか

などなど、お金の投資の仕方は人それぞれ考えがあり投資初心者にとっては悩みどころですよね。

できるだけ損をしたくないですものね!

 

リスクを抑えながらも大きなリターンを得ていきたいものです。

そこでインデックス投資で資産運用するうえで『ドルコスト平均法』という投資手段があります。

 

インデックス投資の始め方については以下の記事をご参照ください。

インデックス投資で長期積立
インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!...

 

ドルコスト平均法とはわかりやすくいうと、毎月同じ日に定額を積立を続けることで平均取得単価を安くするという手法です。

ただドルコスト平均法をやっていれば他の一括投資などの投資法より必ず稼げるというわけではありません。

 

しかしドルコスト平均法は平均取得単価を低くするだけではなく、

  • 投資のタイミングが読めなくても安心して積立していける
  • 暴落時の精神安定剤代わりとなり積立を続けられる

という最大のメリッがあるんですね。

 

値動きの激しい相場でも、暴落時でも長期積立していくことが稼ぐコツとなるインデックス投資において、ドルコスト平均法の存在はとても大きいんです。

ドルコスト平均法なら市場の相場に一喜一憂せず積立を続けやすいですものね。

今回はそんなドルコスト平均法のメリット・デメリットについてと、一括投資との比較をしていきます。

 

この記事の結論をいいますと、

投資初心者ならドルコスト平均法でほったからしでインデックス投資をする

それが大きな利益を得るためのポイントです。

どうしてそのような結論になるのかを詳しくみていきましょう。

 

ドルコスト平均法とは何か?簡単シミュレーション

 

ドルコスト平均法』は投資信託などで積立ができるような場合に平均取得単価を少しでも安くするという積立方法です。

持株会やiDeCoだと定額でしか積立ができないから強制的にドルコスト平均法になりますよね。

持株会制度については『社員持株会制度のメリット、奨励金とドルコスト平均法を活かして小遣い稼ぎ』をご参照ください。

 

ドルコスト平均法のやり方は簡単です。

毎月同じ日に定額を積立

これだけです。

サラリーマンなら毎月の給料の中から積み重ねしていくことになるので自然とドルコスト平均法になりやすいですね。

 

なぜそんなドルコスト平均法によって平均取得単価が安くなるのかというと、毎月同じ日に定額の積立を続けることにより

  • 高値の時は少ない口数しか購入しない
  • 安値のときは多くの口数を購入する

と自然になってくれるんですね。

 

実際にドルコスト平均法で積立した時の簡単なシミュレーションをしてみます。

手元に5万円があり、毎月1日に1万円を積立していくとします。

基準価額投資金額購入口数
1月1日100円10,000円100口
2月1日150円10,000円67口
3月1日80円10,000円125口
4月1日50円10,000円200口
5月1日120円10,000円83口
合計50,000円575口

定額を積立しているだけですが、2月や5月の高値の時は購入口数が少なくなり、3月や4月の安値の時は購入口数が多くなります。

 

次は毎月一定の口数を購入していく場合です。

購入単元数が決まっている個別株取引だとこうなりますね。

基準価額投資金額購入口数
1月1日100円10,000円100口
2月1日150円15,000円100口
3月1日80円8,000円100口
4月1日50円5,000円100口
5月1日120円12,000円100口
合計50,000円500口

こちらだと高値の時に多くの金額を投資してしまい、安値の時は少ない金額しか投資しないんです。

 

それによって同じ5万円を投資していても

  • 一定の口数を購入した場合は500口の購入(1口100円)
  • ドルコスト平均法で分散投資した場合は575口の購入(1口87円)

このようにドルコスト平均法だと1口当たりの平均取得単価を下げられるというわけです。

この平均取得単価より基準価額が高い時に売却をすれば利益が得らえるというわけですね。

 

この場合だともし基準価額が90円のときに売却をしたら

  • 『一定口数』  500口 x 90円 = 45,000円 (-5,000円)
  • 『ドルコスト平均法』 575口 x 90円 = 51,750円 (+1,750円)

と、ドルコスト平均法の場合は平均取得単価より基準価額の方が高いのでプラスとなります。

特に何もしなくても効率よく購入できるのはありがたいですね!

 

安値のときだけを狙って多くの口数を購入できれば一番ですが、いつ上がっていつ下がるかを予想しきるのは難しいですから結果的に高値で買ってしまったりします。

そこでそのような投資のタイミングに自分の意思を介入させないドルコスト平均法の方が、自然と多くの口数を購入しやすいというわけです。

長期投資になればなるほどドルコスト平均法の強みが出てきますよね。

 

ドルコスト平均法は毎月同じ日に定額を積立をしていくだけというとてもシンプルな手法です。

それなのにリスクを抑えつつリターンを大きくすることができる、まさに投資初心者向けの投資手段となりますね。

 

ただドルコスト平均法にもデメリットがあるので注意が必要です。

 

ドルコスト平均法のデメリット

 

ドルコスト平均法にもデメリットがあります。

最初にまとまった金額を一括投資する時と比べて、ドルコスト平均法はリスクを低減させる代わりにリターンを得る機会も損失してしまっているんです。

 

上のシミュレーションに当てはめると一括投資よりもドルコスト平均法の方が平均取得単価は低くなりますが、実際はもっと金額も大きく・運用期間も長くなるため一千万円以上のまとまった資金があるなら最初に一括投資した場合の方が大きなリターンを得やすいです。

 

上げ相場』では最初に一括投資したほうが大きなリターンを得られ、ドルコスト平均法だとリターンを得る機会損失となってしまいます。

上げ相場の場合のドルコスト平均法だと平均取得単価も上がる一方になります。

配当金・分配金の再投資による複利効果も一括投資ほどは得にくいですものね。

 

下げ相場』ならドルコスト平均法だと平均取得単価は低くなっていきます。

しかしドルコスト平均法だと長期間に渡って少しづつ積立をしていくので暴落時の安値で沢山の口数を購入することはできず平均取得単価もそこまで低くはなりません。

経済は右肩上がりで成長していくという特性もありますので、最初に一括投資したときと比べるとやはり機会損失の面でリターンで負けてしまう場合が多いです。

 

ドルコスト平均法だと長期間に渡って資金を分散投資していくことになるので、リターンを得る機会を失ってしまうことになるんですね。

最初に一括投資できるだけのまとまった資金が手元にあるなら一括投資した方が大きなリターンを得やすいです。

 

しかしながら一般のサラリーマンで最初に一千万円以上を一括投資するだけの資金は普通ないですよね。

サラリーマンならおのずと

  • 毎月の給料から積立していくか
  • 安値を狙ってスポット購入していくか

のようになります。

 

安値を狙ってうまくスポット購入をしていければドルコスト平均法で毎月定額を積立するより安く買いこめる場合があります。

しかし値動きは予測しづらいもので安値のつもりが高値掴みになってしまうかもしれません。

また、上げ相場での値動きによってはうまく安値でスポット購入を続けられたとしても機会損失となってドルコスト平均法に負けてしまうかもしれません。

 

ドルコスト平均法はいかなる時も一括投資などの他の投資手段に勝てるというものではありません。

しかし少しでもリターンを大きくするために『一括投資』や『スポット購入』をしていこうとしても、

  • 精神的負担により長期運用が難しい
  • 投資に自分の意思が介入することによる損失

などのデメリットが発生します。

 

そこでやはり投資初心者が大きなリターンを得るために必要な事はドルコスト平均法なんですね。

ドルコスト平均法は精神安定剤代わりになり長期運用をしていきやすいので、一括投資やスポット購入より結果的に大きなリターンを得ることができるんです。

 

ドルコスト平均法の最大のメリットは積立していく上での精神安定剤

 

ドルコスト平均法は万能な投資法というわけではありません。

しかしインデックス投資で長期運用していくための精神安定剤代わりになるというのがドルコスト平均法の最大のメリットであり、ドルコスト平均法をやる最大の意義でもあります。

 

まず暴落時にもドルコスト平均法で定額を積立していくことにより平均取得単価が低くなっていき、暴落時は同じ積立金額でも多くの口数を購入できるボーナス期と思えるようになるということです。

ドルコスト平均法での積立期なら完全な右肩あがりより何度か暴落があった方が良いですものね。

 

もし一括投資していたら値動きはそのまま自分の資産の上下ということになるので、暴落で30%~50%も自分のお金が減ったら

「早めに損切りしておいた方がいい!」

とパニック売りしてしまうかもしれません。

自分のリスク許容度は自分が思っている以上に低いものです。

「暴落にも耐えて長期運用することで大きなリターンを手に入れよう!」

と意気込んでインデックス投資を始めても、実際に暴落で大きな下落が来ると耐えられず長期運用することができないんですね。

せっかくのインデックス投資がもったいないですね。

そこでドルコスト平均法での暴落時がボーナス期と思えるようになる精神安定剤は長期運用するうえでとても心強いものです。

 

また暴落の底値を狙ってスポット購入しようとしても、

  • まだまだ下がるかもしれない…
  • 少し騰がったけどまた下がるかもしれない…

と紆余曲折している間に買い時を逃してしまいがちです。

相場はプロでも予測不能な値動きをするときがよくありますから、任意のタイミングで投資しようとしても損をしてしまったり、タイミングを逃して機会損失となってしまうかもしれません。

 

その点、ドルコスト平均法なら

  • 暴落時にも精神が安定して積立を続けやすい
  • どんな相場でも定額で積立を続けて機会損失しにくい

というメリットがあるんですね。

 

機会損失という面ではドルコスト平均法は一括投資には勝てませんが、一括投資に比べて相場に一喜一憂せずに長期運用を続けやすいです。

 

インデックス投資は長期運用していくことが大きな利益を得るポイントですから、精神安定剤代わりとなるドルコスト平均法は投資初心者にはおすすめの投資法です。

 

一括投資・分散投資のどちらが良いか?

 

まとまった大きな金額をもっていてインデックス投資を始めようと思うと、一括投資しようか、長期に渡って分散投資しようか悩みますよね。

そのような場合はここまでお伝えしてきたようにドルコスト平均法での長期分散投資をおすすめします。

ドルコスト平均法での積立の方が長期運用をしていきやすいため、結果的に一括投資より大きなリターンを得やすいですからね。

 

一括投資しようか分散投資しようか悩んでいる方は

  • 長い期間、堅実に貯金で貯めてきた
  • 遺産相続などでまとまった金額が入ってきた

のような場合が多いと思います。

 

そのまとまった資金を一括投資したほうが機会損失とならずに大きなリターンを得られます。

しかし今まで投資に全く触れてこなかった投資初心者となりますので、全資金を最初に一括投資してしまうと

  • 日々のちょっとした値動きでの資産の上下
  • 暴落時の資産価値の大幅減少

に耐えられず損切してしまい長期運用を続けることができません。

 

そのためまとまった資金があってもドルコスト平均法で積立していくことをおすすめします。

始めは小さい金額から積立を開始しても良いでしょう。

そうして日々の値動きや暴落時にもドルコスト平均法によって毎月定額を積立続けられたら、毎月の積立額を増やして5年~10年程度の定額積立になるように分散投資した方が良いですね。

 

最初に一括等するときと比べて機会損失となってしまいますが、投資初心者にとってはドルコスト平均法で定額を積立していった方が精神的に楽です。

5年~10年かけてドルコスト平均法で分散投資するうちに値動きにたいする免疫も高まってきますので、積立が終わった後も暴落にも耐えながら20年、30年と長期運用していけるでしょう。

 

インデックス投資では長期運用することが大きなリターンを得るためのポイントとなりますので、結果的に一括投資よりドルコスト平均法のほうが大きなリターンを得やすいです。

 

 

サラリーマンなら自然とドルコスト平均法になり値動きにたいする免疫を高めながら長期運用をしていけますね。

それでも少し不安というなら少ない積立額から始め、値動きによる資産価値の上下になれてきたら積立額を増やしてみましょう。

 

 

ドルコスト平均法のメリットを活かして長期運用

 

ドルコスト平均法はどのような相場でも他の投資法に勝る最強の投資法というわけではありません。

 

しかしドルコスト平均法には

  • 相場の予測ができない投資初心者でも積立していきやすい
  • 暴落時にも精神安定剤となり積立を継続しやすい

という大きなメリットがあります。

 

インデックス投資は個人の意思の介入を除去して市場平均値を目指し、右肩上がりの経済成長の恩恵をうけて利益を得ていくものです。

投資初心者にも向いている投資法ですよね。

なので、お金の投資手段としても個人の意思の介入を除去するドルコスト平均法が相性が良いですよね。

 

インデックス投資する際はドルコスト平均法で毎月定額を積立していくことが長期運用する大きなポイントです。

その際は、各証券会社の自動積立設定を活用して何もしなくていいようにほったらかし化するのが望ましいです。

自動で積立することで暴落時にも定額を毎月同じ日に積立していきやすいですからね。

 

  • インデックス投資
  • ドルコスト平均法
  • ほったらかし化

この3点セットで自身の意思の介入をなくして暴落時も積立を続け長期運用していくことで投資初心者にも大きな資産形成をしていきましょう。