セミリタイア

早期リタイアして配当金生活するにはいくら必要か?資産別に徹底解説

早期リタイアして配当金生活するためには資産いくら

「アーリーリタイアして株式の配当金だけで生活していくためにはいくらあればいけるかな?」

安定した配当金だけで早期リタイア後の生活を悠々自適に送っていくというのは、サラリーマンの夢ですよね。

配当金だけで生活できれば資産を切り崩さなくてすむし安心感のあるリタイア生活ができますよね!

今回の記事では資産がいくらあれば早期リタイアからの配当金生活が送れるのかを検証していきます。


 記事のまとめ

  • 完全リタイアしての配当金生活なら最低5000万円欲しい
  • セミリタイア生活なら3000万円からが目安

資産が1億円~2億円あれば贅沢な配当金生活が送れますが実現性はとても低いです。

実現性が高く・ある程度裕福な配当金生活ができるのは5000万円となりますね。

早期リタイアして悠々自適な生活を送るには配当金生活だけではなく、インデックス投資での運用も選択肢になりますので、早期リタイアを目指すうえでの参考にしてください。

 

最低いくらあれば配当生活で早期リタイアできる?

少ない資産でも早期リタイアすることは可能ですが、完全な配当金生活ではなく、別の収入の手段を作って生活していくセミリタイア生活になります。

ある程度安定したセミリタイア生活をしたいなら3000万円完全リタイアして配当金だけで生活していきたいなら5000万円はできれば欲しいですね。


 臨時支出代(生活防衛資金)も別に確保しておきたい

資金を全て配当株に投資してしまうと何か大きな支出が発生したときに、配当収入だけでは対応できずに配当株の売却をしなくてはいけなくなってしまいます。

それが株価が下がっているときだと損してしまいますし、無駄な税金も支払うことになってしまいます。

ですから臨時支出に対応するための生活防衛資金を現金で別に確保しておくことで、配当株の長期運用がしていけるようにする必要がありますね。


 必要になってくる臨時支出代

  • 医療費
  • 介護費
  • 冠婚葬祭費
  • 持ち家のリフォーム・修繕費

医療費や介護費は長期的な金銭負担になる場合があるので、生活防衛資金として最低500万円程度は現金で確保しておきたいです。

また配当収入から余ったお金を生活防衛資金として積立していきたいところですね。

 

1000万円~2000万円でも配当金セミリタイア生活なら可能

1000万~2000万円程度の資産では完全リタイアでの配当金生活はできませんが、セミリタイアなら可能です。


 資産1000万円~2000万円を運用した場合の年間配当金

資産配当利回り3%(税引後)配当利回り4%(税引後)
1000万30万40万
2000万60万80万

年間30万~80万円程度の配当金ですから完全リタイアは難しいですね。

月2.5万~6.5万円程度じゃ生活できないですよね…。

しかし仕事を辞めたあとも時間的・精神的余裕をもちながらある程度の収入を稼いで過ごしていくセミリタイア生活なら可能です。


 セミリタイアで収入を稼ぐ主な手段

  • 週3~4日以下で気軽にできるアルバイト
  • ブログ運営やクラウドソーシングなどの在宅ワーク

月7万~10万円稼いでいけば配当金も合わせてなんとか生活していくことができます。

毎月10万円程度の本当に最低限の生活になってしまい、お金をかけた趣味などはあまり楽しめませんが、

「ストレスのかかる仕事はもうしたくない…」

というのなら1000万円~2000万円程度の資産でも仕事を辞めて配当金+αで生活していくことも選択肢に入ってきますね。

ブログ運営で月5万円以上の収入を稼いでいくやり方は『ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】』で詳しく解説していますので、セミリタイア生活のためのブログ収入を稼ぐための参考にしてください。

ブログで月5万円の副業収入を稼ぐためのやり方・始め方を徹底網羅
ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】 「給料が少なくて生活に余裕がない…」 「副業で収入を稼いでみたいけど、なにもスキルがないし無理かな…」 ...


 臨時支出代(生活防衛資金)の余裕がない

医療費や介護費などの臨時支出のためのお金を別に確保しておくのが理想です。

しかし1000万円~2000万円程度の資金だと全て運用に回しても少ない配当収入なため、生活防衛資金を別に確保しておく余裕がありません。

なのでセミリタイア生活で少し多目に収入を稼いで、生活防衛資金として毎月1万~2万円づつ積み立てていくことで対応していけるようにしていきたいですね。

 

3000万円の資金なら最低限の完全リタイア配当生活は可能

3000万円の資金があるならば、最低限の生活でいいのであれば完全リタイアでの配当金生活も可能です。


 資産3000万円を運用した場合の年間配当金

配当利回り3%(税引後)配当利回り4%(税引後)
90万120万

年間90万~120万円程、月7.5万~10万円の配当収入になるので、仕事を辞めて配当収入だけでの完全リタイアも可能になってきます。

ただあくまで最低限の生活で仕事をしなくても生活はしていけるというレベルなので、生活に余裕を持ちたかったらセミリタイア生活ですね。

セミリタイア生活で月5万円ほど稼いでいくだけでも大分余裕ができます。

3000万円の資金があれば、生活防衛資金をあらかじめ別に確保しておく余裕もありますし、現実的なセミリタイア生活が可能となるラインでもありますね。

 

5000万円あれば完全リタイアの配当生活にも余裕がでる

5000万円の資金があれば完全リタイアでもある程度の余裕をもった生活が送れるようになります。


 資産5000万円を運用した場合の年間配当金

配当利回り3%(税引後)配当利回り4%(税引後)
150万200万

150万~200万円ほどの配当収入になり、月13万~17万円のお金を使用していけるため完全リタイアでも多少の余裕がでてくる資金になりますね。

決して贅沢ができる配当収入ではありませんが、多少の節約でお金がかかる趣味なども楽しめるぐらいの生活を送れます。

あとはもっと生活に余裕をもちたいと思ったら、余裕をもちたいだけの収入を稼いでいくといった精神的に余裕のあるセミリタイア生活ができますね。

 

5000万円という配当金のための資産はサラリーマンでも実現しやすい

資産が5000万円あれば安定した配当金生活が送れるようになりますし、5000万円という資産形成なら一般的なサラリーマンでも実現しやすいというのも大きいですね。


 5000万円の資産形成するための月当たりの積立額

運用期間配当利回り3%(税引後)配当利回り4%(税引後)
15年219,700円202,300円
20年151,800円135,700円
25年111,800円96,800円
30年85,500円71,700円

配当金を再投資していって、25年プランならボーナスも含めていけば無理なく資産形成していけますね。

独身の人ならもっと早いペースでもいけるかもしれませんね!

このように5000万円という資産を貯めて、アーリーリタイアからの配当金生活というのは、一般的なサラリーマンにとってとても現実的な目標になりますね。

 

億り人(1億円)での早期リタイア配当生活は実現性が低い

資産が1億円あれば完全リタイアで余裕のある配当金生活が可能です。


 資産1億円を運用した場合の年間配当金

配当利回り3%(税引後)配当利回り4%(税引後)
300万400万

年間300万~400万円ほどの配当金を受けられます。 毎月25万~33万円を生活費として使用できるので趣味や旅行も楽しみながらの早期リタイア生活が送れますね。

これぞ早期リタイアしての完全な配当金生活といえますね。


 1億円の資産形成するための月当たりの積立額

運用期間配当利回り3%(税引後)配当利回り4%(税引後)
15年439,300円404,600円
20年303,600円271,400円
25年223,500円193,500円
30年171,000円143,300円

1億円という大きな資産を形成するためには、配当利回り4%(税引き後)だと、月14.3万、年間170万円ほど投資していっても30年という長期運用が必要です。

ボーナスからもお金を拠出していけば不可能ではない投資額ですが、将来の配当金生活のために長期間我慢をし続けなければなりませんね。

ボーナスで50万円だすとしても月10万円拠出していかないといけないのは大きな生活の負担となりますね…。

それにあまりに長い月日をかけて資産形成をしていこうとすると定年退職・老後となってしまいますから、一般的なサラリーマンにとって1億円での配当金生活はあまり現実的な目標ではないですね。


 5000万円の資産でアーリーリタイア配当金生活を目指そう

1億円だけの資産があれば配当収入だけで多少贅沢をしながらの安定した生活を送ることができるので、配当金生活というと1億円の資産が目標にされがちです。

しかし一般的なサラリーマンにとって1億円という資産は実現性が低いです。

早期リタイアしたいと思っているならなおさらですね。

ですので早期リタイアしての配当金生活をしたいと思っているなら、5000万円程度の資産で完全リタイア、もしくはセミリタイアを目指したほうが実現性が高くていいでしょう。

 

老後になったら資産を取り崩しながら配当金生活

配当株は株価の暴落時なども比較的安定した配当金が貰えるのが強みであり、配当金だけで生活ができれば資産を取り崩すことなく過ごしていくことができます。

しかし数千万円~一億円という大きな資産を全く取り崩さないまま寿命を迎えるのはもったいないので、老後になったら頃合いをみて資産を取り崩していくことも考えなければなりません。

資産を取り崩しながらも配当金を受けていくことはできますが、取り崩していくことで貰える配当金も加速しながら減っていくため注意しなければなりません。

取り崩すタイミングと取り崩すペースが大切ってことですね。


 公的年金受給開始を目安に取り崩していくのをおすすめ

老後は公的年金の受給が始まると収入に余裕ができますから、公的年金の受給開始に合わせて取り崩しを始めるといいですね。

ただし臨時支出に対応するための生活防衛資金はしっかり現金で確保しておくことが前提です。

老後は医療費や介護費で大きな金銭的負担がかかる確率が高くなりますからね。

配当株を全て取り崩してしまって収入も年金しかなく、臨時支出に対応するための貯金もないでは老後破産となってしまいますからね。


 資産が減っていくのが不安なら資産を取り崩さずに運用していく

無駄なくお金を使い切っていきたいなら資産の取り崩しをしていきたいですが、といっても必ず資産を取り崩していく必要もありません。

「早期リタイア後に資産が減っていくのが嫌だから高配当株で運用してる」

「安定した配当金で長生きリスクに対応していきたい」

というのなら資産を取り崩さずに配当金を受け続けてもいいでしょう。

資産が減らずにずっとお金が手元に入ってくるという状態はとても安心感を得られますからね。

生活防衛資金だけじゃ対応できないぐらいまとまったお金が必要になったときに取り崩すなり、子供へ相続するなどしていけばいいでしょう。

 

インデックス投資なら資産形成が早く早期リタイア可能

インデックス投資でのアーリーリタイア生活

1億円という大きな資産形成も、平均利回り7%が期待できるインデックスファンドで運用すれば、課税の繰延による複利効果で20~25年で達成することも可能になってきます。

 

高配当株での運用は安定したキャッシュフローが望めますが、配当金を再投資していくにしても配当金がでるたびに課税されて複利効果が落ちてしまうので、資産を増やすことにはあまり向いていません。

個別株式やFXなどであれば短期的に大きな利益を稼げる可能性もありますが、それだけリスクも大きくなります。

安定してお金を増やしていきたいなら、ファンドの中で配当金を再投資し課税の繰延による大きな複利効果があるインデックス型投資信託で長期運用していくほうが確実ですね。


 インデックス投資で1億円の資産形成するための月当たりの積立額

運用期間平均利回り7%
15年312,600円
20年189,900円
25年122,000円
30年80,900円

インデックス投資信託に長期積立していけば20~25年で1億円の資産も夢ではありません。

20~25年で資産形成できれば早期リタイアも見えてきますね!

インデックス投資なら、低コストなファンドで長期運用していくだけで投資初心者でも大きく資産を増やしていきやすいというのが大きなメリットですね。

 

インデックス投資で早期リタイアする上での出口戦略

インデックス投資は売却時の出口戦略として、毎月資産を少しづつ取り崩していき配当金のように定期収入を得ていくことも可能です。


 毎月定額を取り崩するならSBI証券の『定期売却サービス』

自分で毎月必要な金額だけを手動で売却していくこともできますが、それを長期間続けるのは面倒ですよね。

そこで売却を自動化できるのがSBI証券の『投資信託定期売却サービス』です。

毎月設定した金額を自動的に売却してお金を受け取っていけるサービスです。


 設定できる受取コース

  • 毎月コース
  • 奇数月コース
  • 偶数月コース
  • ボーナス月コース

お好みの受取コースを選択していけるので、配当金より便利にお金を受け取っていけるというわけです。

SBI証券でインデックス投資を始めれば無料で出口戦略として定期売却サービスを利用できるのでとてもおすすめです。

SBI証券の無料口座開設はこちらから/
SBI証券[旧イー・トレード証券]

インデックス投資で分割して受け取っていけば大きな資産運用効果

インデックス投資で平均利回り7%などと言っても常に利益が上がるわけではなく、毎年の運用利回りは大きく上下します。


 米国の株価指数S&P500の過去の利回りの推移

SP500の利回りの過去成績一覧

米国の有名な株価指数であり、過去25年間の平均利回りが12%のS&P500も上のグラフのように大きな変動をしながらも、平均的には12%の利回りに落ち着くというわけです。

なのでインデックスファンドから毎月取り崩しをしていると暴落時にも売却をすることになってしまうので損をしてしまいます。

しかし長期的に分割して売却していけばいくほど売却価格も平均化されていくため、大きく損をすることなくお金を受け取っていくことが可能です。

そのためには暴落時にも暴騰時にも定額を売却していくことが大切ですよね。

取り崩している間も残っているお金は資産運用され続けて、一括売却するより大きな利益を得ることができます。

ですのでインデックス投資での運用でも売却時の暴落なども関係なく配当金のようにお金を定期的に受け取っていきやすいというわけです。


 1億円を毎月定額で売却していった場合の受取額(利回り7%)

取り崩し年数毎月の受取額
30年67万
40年62万
50年60万

50年に分散して受け取っていっても年間720万円を受け取っていけるというのはとても大きいですね。

このようにインデックスファンドでの長期運用なら大きく資産形成をしやすいので、配当金戦略だけではなくインデックスファンドでの運用も選択肢として考慮してみましょう。

 

インデックス投資については『インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明』で詳しく解説していますので是非ご参照ください。

インデックス投資で長期積立
インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!...

 

配当金生活に必要資金を把握してアーリーリタイア

アーリーリタイアして配当金生活をしていくなら、セミリタイアなら3000万円、完全リタイアなら5000万円が目安となりますね。

ただし決して配当金によって贅沢なアーリーリタイア生活は送れません。

嫌いな仕事をしないでのんびり過ごしていきたいということが重視な人は問題ありません。

 

しかし資産に見合ったある程度裕福な生活をしていきたいなら、今の仕事を続けながら配当金を受け取って生活していくなり、5000万円以上の資産でセミリタイア生活をするなりしていくべきですね。

セミリタイアなら暇すぎて辛いということもなくなりますし、生活にも余裕ができていいですよね!


 資産別の早期リタイアスタイル

資産リタイアスタイル
1000万円セミリタイア
2000万円セミリタイア
3000万円セミリタイア・完全リタイア
5000万円セミリタイア・完全リタイア
1億円完全リタイア

十分な資産を用意して悠々自適な配当金生活をしていけるようにしましょう!