セミリタイア

貯金1000万円だけで仕事を辞めるのは可能?リタイアするための条件を公開

貯金1000万円で仕事を辞める事は可能?

「貯金が1,000万円もあれば仕事を辞めることはできるかなぁ?」

仕事が嫌ですぐにても辞めたいと悩んでいるなら、できるだけ少ない貯金でもさっさと早期リタイアしたいものです。

ですので、今回の記事では、貯金1,000万円でも仕事を辞めることができるかを紹介していきます。

記事のまとめ

  • 貯金1000万円でも仕事を辞めて生活していけるが贅沢はできない
  • 仕事を辞めた後はセミリタイアスタイルで将来のための貯金を増やしていく
  • 貯金を活かして『転職エージェント』を利用して仕事の環境を変えてみるのもあり

貯金1,000万円しかなくても『セミリタイアスタイル』これまでとはまったく違ったストレスフリーの第二の人生を送っていくことは可能です。

ですが、仕事を辞めた後に後悔しても元の生活には戻れないので、貯金を活かして転職して環境を変えてみたり、もっと貯金に余裕をもってから仕事を辞めることも考えていきましょう。

セミリタイアなら貯金1000万円でも仕事を辞めることが可能

セミリタイアなら貯金1000万円でも仕事を辞めることが可能

貯金が1,000万円しかなくてもセミリタイアなら十分に生活していくことも可能です。

セミリタイアとは?

仕事を辞めたあとにもアルバイトや、在宅ワークなどで稼ぐ多少の収入と貯金の取り崩しで生活していくスタイルです。

早期リタイア後も、ストレスがかからない仕事で生活に足りないだけのお金を稼いでいくのがセミリタイアです。

通常のセミリタイアでは、週に1~3日程度の軽い仕事と貯金の取り崩しでまったりとした生活をしていきます。

しかし、貯金1,000万円で仕事を辞めた場合、今後必要になってくる臨時支出や老後生活のことを考えると貯金に手をつけることはできません。

 早期リタイア後に必要になる可能性がある大きな臨時支出は?

見込み額
葬儀費用(1回)100万~200万
医療費100万~
介護費月平均8万~
持ち家のリフォーム・修繕費200万~500万

その他にも壊れた電化製品の買換えなど細かい臨時支出も沢山発生します。

ですので、アルバイトや在宅ワークなどで毎月の生活費10万~15万円は稼がなくてはいけません。

そうなると、セミリタイア感はかなり薄れ、「フリーターと変わらないんじゃ?」と思うかもしれません。

しかし、正社員時代の厚生年金の積み上げ分で完全なフリーターよりは将来が安心ですし、一度正社員でつらい仕事を経験している分、アルバイトなどの仕事もすごく快適に感じるはずです。

完全なセミリタイアではないですけど、ストレスフリーな生活が送れますしセミセミリタイアって感じですね!

ですから、ストレスフルな今の正社員の仕事がつらいというあなたなら、貯金1,000万円からでも仕事を辞めてセミリタイアスタイルで楽しく生活していくこともできるでしょう。

月収20万で年間100万円貯金するための節約生活
月収20万での節約生活!無理がない年間100万円貯金のための節約術を伝授月収20万円で貯金ができないと苦労していませんか?手取り20万円でも無理がない節約生活で年間100万円の貯金をしていくための節約術を大公開します。一人暮らしでも節約のポイントを抑えれば貯金は簡単なので、今すぐ貯金なしから脱却していきましょう。...

一人暮らしでも貯金1000万円を貯めて仕事を辞めることは十分に可能です。

実家暮らしほどお金に余裕はありませんが、一人暮らしでもポイントを抑えれば年間100万円以上の貯金をして仕事を辞めることはできます。

一人暮らしでの節約のポイントについては『月収20万での節約生活!無理がない年間100万円貯金のための節約術を伝授』をご参考にしてください。

仕事を辞めた後にも老後のためのお金を準備していく

少ない貯金で仕事を辞めて不安なのは将来の老後生活です。

貯金1,000万円でも毎月の生活費はアルバイトなどでどうにかなりすし、なにか臨時支出があっても貯金を取り崩していけば対応ができます。

しかし、貯金1,000万円だけでは老後生活が不安なものになります。

老後生活には3,000万~4,000万円必要っていう話もありますしねぇ・・・。

仕事を辞めて老後生活が不安になる理由は?

  • 正社員時代の厚生年金の加入期間が短いため公的年金の受給額が少ない
  • 老後生活前にまとまった退職金が貰えない
  • 老後には医療費や介護費などの臨時支出が大きく増える

仕事を辞めてセミリタイア生活をしていると、サラリーマンの平均退職金の2000万円も受け取れません。

また日本人の自立した健康的な生活を送れる健康寿命の平均は男性で72歳・女性で74歳となっています。

日本人の平均寿命と健康寿命は?

平均健康寿命平均寿命
男性72.14歳81.09歳
女性74.79歳87.26歳

70歳を越えると病気がちになり、医療費の負担もそれまでより増えます。

また自立した生活が送れなくなり、大きな介護費の負担も増える可能性があるわけです。

そうなると、

  • アルバイトなとで収入を稼ぐこともできなくなる
  • 年金の受給額も少なく年金だけじゃ毎月の生活が送れない

ため、貯金を取り崩していくしかなくなります。

そうすると、貯金1,000万円で仕事を辞めて、まともにその貯金を増やさずに老後になってしまうと、貯金が尽きてしまい『老後破産』となってしまう危険性があるわけです。

日本では200万人の老人の方が老後破産状態にあるっていいますものね。

ですから、老後破産を防ぐためにも、

  • 節約をしながらの生活で貯金を確実に増やしていく
  • 社会保険に加入できるアルバイトを選び公的年金の上乗せをしていく
  • 低コストなインデックス投資信託での長期運用

などの対策をしていきましょう。

将来の不安があるとセミリタイア生活も楽しめなくなってしまいますから、仕事を辞めたら早いうちから老後生活のための準備をしていきましょう。

なお、老後生活のためなど20年~30年以上の長期運用ができるなら投資信託での資産運用も十分に実用性があります。

低コストで投資初心者でも始めやすいインデックス投資信託について『インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明』で詳しく解説していますので、老後生活を楽にしたいと思っている方は是非ご参考にしてください。

貯金1000万円で仕事を辞めると遊んで暮らすのは難しい

貯金1000万円で仕事を辞めると遊んで暮らすのは難しい

セミリタイアスタイルを取れば貯金1,000万円でも仕事を辞めることは可能ですが、遊んで暮らすだけの余裕は少ないです。

貯金の取り崩しでは生活していけませんから、アルバイトなら週5日は働くことなるでしょう。

それでも今のつらい仕事を続けていくよりは精神的にとても楽な生活を送っていけますが、

  • 仕事を辞める前と休日数がほとんど変わらない
  • 遊びのために使えるお金が圧倒的に少ない

など、仕事を辞めても遊ぶ余裕は少ないものになります。

アルバイトじゃボーナスもでませんしね…。

「仕事のことを考えずにずっと遊んで暮らしたい!」

「あちこちに長期的な旅行に行きまくりたい!」

などの欲求は、1,000万円という少ない貯金で仕事を辞める場合、時間的にも金銭的にも叶えづらいわけです。

つらい・きつい仕事が嫌で仕事を辞めようとしているのではなく、『遊んで暮らす!』ということが1番の場合、

  • 仕事を辞めないでいまのまま生活していく
  • 数千万円~1億円のもっとまとまった早期リタイア資金を作ってから仕事を辞める

などの選択肢を選んだほうが、貯金1,000万円で無理矢理仕事を辞めるより、よっぽど欲求を満たした生活を送っていけますよ。

貯金1000万円程度の少ない貯金で仕事を辞めて楽しく生活していけるかどうかは向き・不向きが大きく出ます。

「早期リタイアして失敗して後戻りもできない…。」

とならないように、あなたの求めていることと、仕事を辞めたあとの生活が一致しているかをしっかりイメージすることがとても大切ですよ。

老後にお金のかからない趣味
老後のためのお金のかからない趣味11選【悠々自適な生活のために】定年退職後の退屈な生活をどう過ごすかが悠々自適に過ごせるかどうかの分かれ道です。収入の少なくなる老後でも気軽に始められて生涯遊べるお金がかからない趣味11選を徹底公開します。趣味に没頭する事で認知症予防をし楽しい老後人生を送りましょう。...

仕事を辞めた後のためにお金のかからない趣味を作ると、貯金1000万円しかなくても飽きずにリタイア生活を満喫していきやすくなりますよ。

貯金1000万円あるならまずは転職を検討してみるべき

貯金1,000万円あるなら、あなたが本当にやりたい仕事や働きやすい仕事に転職をすることも選択肢に入れていくべきですね。

貯金1,000万円で完全に仕事を辞めてしまっても悠々自適な早期リタイア生活はできません。

それなら貯金に余裕があることを活用して、転職で、

  • あなたがやりたかった仕事
  • 残業が少なく休日が多くて遊ぶ余裕が多い会社
  • 仕事の負担が少なく比較的楽な仕事

など、年収が今より低くなったとしても、今より働きやすく、無理なく続けていける仕事に転職したほうが良い場合が多いでしょう。

そうすれば、年収が大幅に減ったとしてもセミリタイア生活よりはよっぽど安定した生活を送れます。

厚生年金や退職金のおかげで老後生活も安心ですしね!

それでも、もし、やっぱり仕事をしたくないという気持ちが強いことに気づけば、それからセミリタイアを目指せばいいですしね。

 早期リタイアすると元の生活には戻れない

完全に仕事を辞めてしまうと、もし後悔しても後戻りができなくなってしまいます。

ですから、仕事を辞めるほどの決意があるなら、一度、転職で今の仕事の環境を変えてみることから始めることがおすすめです。

転職で失敗したとしてもまだやりなおしはききますから、今の仕事に本当に悩んでいるなら、貯金が1,000万円あって生活に余裕があることを活かして転職活動をしていくべきですね。

転職で失敗しないためにも転職エージェントを活用する

失敗せずに転職活動をしていきたいなら『転職エージェント』を活用していくことです。

 転職エージェントを利用するメリット

  • 完全無料で利用できる
  • 転職エージェントのみの非公開求人が豊富
  • あなたの条件に合った会社を紹介してもらえる
  • 転職試験に受かるための面接練習
  • 面倒なスケジュール調整・年収交渉などの代行

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーと1対1で相談しながら、通常の求人サイトでは取り扱っていない『非公開求人』の中からあなただけに合った企業を紹介してもらえるというのが転職エージェントの強みですね。

求人票を見るだけじゃ分からない内部情報などの+αの情報なども教えてくれたりしますしね。

面倒になって挫折してしまいやすい転職活動のサポートをしてくれながらも完全無料で利用していけるので、転職活動で失敗してまた同じような仕事に就いてしまわないためにも、実際に転職活動をする時は転職エージェントの利用がおすすめです。

仕事が本当につらいなら貯金1000万円貯めて仕事を辞めるのもあり

足りない分の収入を稼いでいくセミリタイア生活なら貯金1,000万円でも仕事を辞めることは可能です。

記事のまとめ

  • 貯金1000万円でも仕事を辞めて生活していけるが贅沢はできない
  • 仕事を辞めた後はセミリタイアスタイルで将来のための貯金を増やしていく
  • 貯金を活かして転職エージェントを利用して仕事の環境を変えてみるのもあり

貯金1,000万円でも仕事は辞められても「とにかく遊んで暮らす!」といったような悠々自適な生活を送っていけるだけの金銭的・時間的余裕はありません。

ですから、遊ぶことを重視して仕事を辞めたいと思っているなら、

  • 5000万~1億円のまとまった貯金を作ってから仕事を辞める
  • 転職して環境を変えていくこと

なども検討していきましょう。

「とにかく仕事がつらくて辞めたい!」と深く悩んでいるなら、貯金1,000万円で仕事を辞めること十分に選択肢に入りますよ。

あなたに合ったやり方を見つけ、ストレスフリーな快適な人生を送っていけるようにしましょう。