節約

30代の平均貯金額が83万円て本当?今から貯蓄を始めても遅くはない

30代の平均貯金額は

30代になると仕事も安定してきて余裕が出てくる頃ですよね。

給料の方も少しずつ上がってきているはずです。

「そろそろ落ち着いて貯金も貯めていかないと駄目だよなぁ…」

と思いはするものの、遊びなどについつい使い込んでしまい貯金0円という人も多いのではないでしょうか?

周りはみんな貯蓄しているだろうから自分だけ…って焦ってしまいますね。

 

しかし30代の貯金額は83万円と言うデータがあります。

(ただ平均値をみるか中央値をみるかで貯金額のデータが変わってきますので注意が必要です。)

このデータを見て周りも貯金していないんだ!と安心せず、今後の大きな支出のために貯蓄をしていくことが大切です。

 

今回の記事では、

  • 平均値と中央値による30代の貯金の違いについて
  • 今後必要になる支出・貯蓄しておきたい金額
  • 楽しく続けられる節約法
  • 将来のための資産運用法

の4点に絞って解説していきます。

 

30代から貯蓄を始めても決して遅くはありません。

むしろ30代から始めたら早い方ですよね!

この記事を読んで今からでも少しづつ貯蓄をしていけるようになりましょう。

 

30代の平均貯金額は83万!平均値と中央値の違いに注意

 

30代の平均貯金額は589万円となっています。

(金融広報中央委員会:家計の金融行動に関する世論調査【単身世代調査】(平成29年)より)

そ、そんなに多いんですか!83万円じゃないの?!

ただ貯金額の中央値は83万円となっています。

一般層の周りの貯金額を知りたいならこの中央値のデータが実際にもとづいているでしょう。

平均値と中央値の違いって…?

 

ニュースなどでも世代別の平均貯金額のデータが出てきます。

数百万だとか、数千万円だとかの驚くべき数字が出てきて

「同世代はそんなに貯金しているのが普通なんだ?!」

自分も貯金を始めないとやばいかも…と焦りがでてきますよね。

 

しかし安心してください実際は周りはそんなに貯金していません。

『平均貯金額』というのは、単純に全体の貯金額から人数で割った金額になるんです。

そのため一部の裕福層の資産に大分データを引っ張られてしまうんですね。

 

そこで実際の一般層の貯金額を知りたいなら『中央値』を見る必要があります。

『中央値』というのは、貯金額順に全体を並べた時に丁度真ん中の人の貯金額になります。

 

分かりやすく図解にしますと、大分大雑把になりますが30代の9人のモデルの貯金額が以下の様だとします。

0円0円20万80万100万120万1000万1700万2380万
中央値

『平均値』なら、9人の貯金額の合計の5400万円を人数の9で割った600万円が平均値となります。

『中央値』は上から(下から)数えて丁度真ん中の人の貯金額なのでこの場合は100万円が中央値となります。

 

この様に平均値と中央値で500万円もの違いが出てきてしまうんですね。

このデータで周りはみんな500万も貯金を貯めている!と言われても納得いかないですよね。

100万円と言われれば納得がいきます。

 

実際に一般層の周りが貯金している金額を知りたいなら『中央値』を見る

というのがお分かりいただけたでしょうか?

 

ということで30代の貯金額は83万円というのが現実的な数字です。

しかも、貯金が全くないという人も40%もいるんです。

自分だけじゃなくてみんな貯金してないんだ!! 

周りがみんな貯金していないと分かったからといって安心してはいけません。

 

20代の時は給料を全部遊びに使い込んでもそれが社会経験や自己投資の1つになっていたかもしれません。

しかし30代になったらこれから控えている支出に対応していけるだけの貯蓄をしていかなければなりません。

 

 

30代からのライフプランで必要になる支出

 

ただ何となく

「もう30代だし貯金しておかないとやばいかも?」

という意識だと節約・貯金していくことは難しいでしょう。

 

これから生きていくためにはどのような支出が必要になるかを把握しておき貯金の目標を明確にすることが大切です。

 

これからの人生で大きな支出となりえる一覧です。

結婚費用450万
住宅購入2500~3500万
子供の養育費1500~2000万
自動車150~300万
親の介護費100~1000万
老後資金1000~3000万
やっぱり結婚すると支出が増えますね…。

 

収入に合わせていけば支出をもっと減らすことはできますが、あらかじめ貯蓄をしておかないと対応ができません。

仕事をリストラされた時や病気などで仕事を続けられなくなった時のための費用を蓄えておくと安心ですね。
失業保険が最大330日分受給できますが別に半年~1年程度分の生活費を確保しておきたいです。

 

両親の介護費は長引くと大きな費用となってしまいます。

特別養護老人ホームや有料老人ホームに入居されると毎月10~30万程必要になってしまいますし、在宅介護しようと仕事を介護退職するかたも多いです。

そうするといざ再就職しようと思っても再就職もできずとなってしまうんですね。

その様な介護はあなたの家庭では起きない可能性もありますが、実際に介護が必要になった時に貯蓄がないと介護破産となりかねませんので事前に貯蓄の準備が必要です。

 

また自分たちの老後資産の準備も30代のうちから始めておきたいところです。

結婚するとさまざまな支出が増えてなかなか貯蓄をすることができません。

子供が独立して、さぁ自分たちの老後資産を貯蓄しようかと思う頃には50代半ばに近づいています。

結婚の平均年齢は30歳ですものね…。

そのため早いうちから少しづつでもいいので老後資産を貯めていくことが老後破産を回避して悠々自適な老後生活を送るポイントとなります。

 

老後破産となる原因・対策については以下の記事で紹介していますのでご参照ください。

老後破産の回避
老後破産の原因とは?防ぐためにはどうすればいいか2つの方法を紹介退職金や年金に頼っていてはあなたの家庭にも老後破産の恐れがあります。老後破産の原因は貯蓄が出来ないことと生活レベルを落とせないことです。この2つの原因を解決する方法を徹底公開します。...

老後資産を貯める手段としてはこの後に解説する『iDeCo』での資産運用もおすすめです。

 

30代以降になると必要になる資金が増えてきますよね。

20代の時のようにいつまでも遊び続けるわけにはいきません。

自分自身は今後どの程度お金が必要になるかをよくシミュレーションをして目標に向かって貯蓄を始めましょう。

 

30代なら1000万円を目標に貯蓄したい

 

現在の貯金が0円だとしても今後の大きな支出に対応・老後資産のためにもとりあえず1000万円を貯蓄したいですね。

年間100万円の節約・貯金をしていけば10年で目標を達成することが可能です。

 

独身であれば決して難しくない年間貯金額です。

貯蓄している途中に結婚・出産というライフイベントがまっているかもしれません。

そうなると大きな出費が必要になってしまいますので、独身の内に年間150万~200万円ほど貯蓄していくのが理想です。

 

1000万円の貯金を貯めることができれば自信となりますし、まとまった支出にも対応することが可能です。

  • 結婚資金
  • 住宅購入の頭金
  • 子供の学費

などですね。

 

ただ貯蓄しよう!貯蓄しよう!という気持ちが先行しすぎて無理な節約になってしまい、今を楽しめなくなっては意味がありません。

無理がなく楽しみながら節約・貯金をしていくポイントを紹介していきますね。

 

固定費の削減から節約を始めるのがおすすめ

 

節約をしていくなら、生活費の中から固定費を削ることが無理がなく長期的に節約を続けられるのでおすすめです。

 

固定費の削減方法については以下の記事で紹介しています。

コツコツ貯金
生活費から固定費の削減して年間100万円の貯金テクニックを公開!生活費の節約をするためには食費などの変動費ではなく固定費を削減する事が貯金をするポイントです。格安SIMや保険の見直しなど無理がない範囲で固定費を削り年間100万円の貯金を目指しましょう。...

 

固定費の削減をするだけで年間40万円程度の節約効果があります。

自動車を持たないという選択肢を選べば年間100万円の節約も可能ですよね。

食費や娯楽費などの変動費の節約だと生活の質(QOL)が下がりますので極端な変動費の節約はおすすめしません。

 

しかし貯金ができない体質の人は、食費や娯楽費が占める割合がとても高いため無理がない範囲で抑えていく必要がありますね。

無理がない程度に食費を月2万円以下に抑えるコツは以下の記事で紹介しています。

楽しい食卓
一人暮らしで食費2万円以内に!簡単かつ健康的に節約する4つの方法継続して食費を2万円以内に抑えていくためには健康的に節約する事がポイントになります。体に無理が出ない様にふるさと納税や業務スーパー等を活用など節約法を4つ紹介していきます。...

 

水道光熱費を抑えるコツは以下の記事をご参照ください。

貯金が無くて苦しむ女の子
水道光熱費の節約!一人暮らしでも無理なく続けられる継続テクニック一人暮らしでの水道光熱費の節約するためには?節約で貯金を貯めるためには長続きさせる事がポイントです。無理がなく水道光熱費を40%節約できるテクニックを紹介します。...

 

ただどうしても給料に余裕があると、食費・娯楽費を○○万円以下に抑えよう!と意気込んでもちょっとした甘えが続くことで結果的に使い込んでしまうんですよね。

そこで、食費・娯楽費などを抑えるコツとしては先取り式での貯金があります。

 

先取り式貯金でゲーム感覚で貯蓄していく

 

なかなか貯金ができないという人には先取り式での貯金をおすすめします。

 

給料が振り込まれたらすぐに貯金用の銀行口座に移してしまい強制的に使えなくしてしまうのが先取り式です。

先取り式で移した貯金分は元々無かったものだとして、残ったお金のなかで生活費をやりくりするわけです。

 

お金が強制的に制限されれば、人って何だかんだその制限された中に適応していきます。

制限されている中でたまにちょっとした贅沢をすることで喜びを感じられるようになりますし、制限されている中でうまくやり繰りできたら達成感を感じられるんです。

ゲーム感覚で節約を楽しめるようになるってことですね!

楽しみながらが節約を長続きさせるコツです。

楽しんでいただけなのに気づいたら貯金が貯まっていたというのが理想ですね。

 

貯金用口座としてはネット銀行の中でも好金利な『楽天銀行』がおすすめです。

優遇金利にするためには、楽天証券の口座も開設してマネーブリッジ設定(無料)をする必要があります。

 

ただ楽天銀行を貯金用口座にするとしてもメリット・デメリットがありますので以下の記事をご参考ください。

ネット銀行口座
楽天銀行はメインバンクにおすすめ?メリット、デメリットを詳しく解説 メインバンクをどれにすればいいか分からないって悩んでいませんか? 地元の銀行を昔に開設してそのまま今もメインバンクとして使...

 

将来のためのインデックス投資での資産運用

 

「30代まで全く貯金をしてこなったことを後悔している。」

「貯金を始めるのが少し遅かった。」

と思う必要はありません。

30代で貯金額が気になり実際にこうやって行動しているのですから、周りを出し抜くチャンスができたわけです。

30代の周りは貯金できていないわけですしね。

 

30代ならインデックス投資で長期積立をして大きな利益を得ることが可能です。

インデックス投資って何?

インデックス投資とは通常の株式投資のように1つの企業にたいして投資するではなくて、その市場全体に分散投資しながらその市場の平均値を目指していく投資法です。

市場全体に分散するからリスクが低減できるわけですね。

市場の平均値を目指していくことで、長期的にみると経済は右肩上がりで成長していくという恩恵を受けられるんですね。

 

インデックス投資のポイントは

  • 毎月100円から無理がない積立が可能
  • 市場全体への分散投資によるリスク分散
  • 投資信託でほったらかしで資産運用ができる
  • 長期積立さえしていけば経済成長の恩恵で利益を得られる

のようになります。

 

個別株取引やFXなどで稼ごうとすると分析や経験が必要になってきますし、投資のプロですら市場平均値にたいし長期間勝ち続けることはできません。

その点、インデックス投資はリスクを分散しながら右肩上がりの経済成長の恩恵を受けていく事ができるので、投資初心者にもおすすめな投資方法です。

 

投資初心者でもインデックス投資で大きな利益を得るコツは

  • 毎月の給料の中の余剰資金で積立をしていく
  • 自動積立設定をしてほったらかし化
  • 相場に左右されず毎月積立を続けて長期運用

以上の3つになります。

 

経済は長期的にみると右肩上がりといっても、あくまで長期的にみるとなので短期的にみると暴落も何度か経験するでしょう。

一時的には資産が30%~50%減ってしまう可能性もありますものね。

暴落が怖くて積立を辞めてしまう・パニック売りしてしまうと、初心者でも稼げるというインデックス投資でも稼ぐことはできません。

 

暴落時こそ同じ積立額でも多くの口数が購入できるボーナス期です。

そういう点でも、毎月安定した給与収入があって無理がない余剰資金で積立を続けられるサラリーマンは強いですね。

さらにまだ30代なら10年~20年と長期積立を続ける事が可能です。

 

30代で将来のための貯金を貯めないとという危機感をもち、インデックス投資を始める事ができたら周りより一歩前を進むことになります。

是非、インデックス投資で資産運用と言う選択肢も考えてみましょう。

 

インデックス投資についての詳細・始め方については以下の記事をご参照ください。

インデックス投資で長期積立
インデックス投資の始め方は?投資初心者にも分かるように簡単に説明インデックス投資と言う言葉を良くきくけど、どういうものかも知らないし、どうやって始めて良いのか分からない。そんな投資初心者の方にも出来るだけ分かりやすく順番に説明していきます。長期運用で大きな平均利回りを得られるようにしましょう!...

 

iDeCo(イデコ)で節税をしながら老後資産形成

 

近い将来のためではなく、完全に老後のための資産を貯蓄しておきたいというなら『iDeCo』での資産運用がおすすめです。

 

iDeCoは国が設立した個人型年金制度でして、将来の公的年金制度がどうなっているか不安な人向けの商品ですね。

iDeCoもインデックス投資の1つで毎月積立で資産運用をしていきます。

iDeCoの特徴は、

  • iDeCo対応ファンドが少ない
  • 職業によって毎月の積立上限額がある
  • 積立額によって所得控除があり節税効果
  • 60歳になるまで現金化できない

のようになっています。

所得控除を受けられるっていうのがiDeCoの大きなポイントですよね!

 

一般的なサラリーマンなら

  • 毎月掛金上限額 23,000円(年間276,000円)
  • 所得控除 年間82,800円

積立額の30%分の節税効果を受けられるんです。

 

また60歳になるまで資産を引き出せないというのもiDeCoの特徴ですね。

自分の老後資金を自分自身で資産運用で用意するから国からの節税という恩恵を受けられるわけです。

なので老後資産のためという貯金の目的がしっかりしているならばiDeCoという選択肢もありますね。

 

60歳まで引き出せないことで暴落時にもホールドするしかないし、無駄に引き出すこともないので老後のために最大限に資産運用できるというわけですね。

資産を60歳まで引き出せないって言うのもデメリットではなく、メリットと言えるわけですね。

 

実際にiDeCoで老後のための資産運用をした場合、どの程度の成績が期待できるかシミュレーションしてみます。

毎月23,000円の積立で35~60歳までの25年間を平均利回り7%で運用したと仮定します。

idecoシミュレーション

モーニングスター 金融シミュレーションより)

積立した元本が690万円の所が1850万円にもなりました。

これがインデックス投資の複利の力ってやつですね。

所得控除により25年間で207万円もの節税効果もありますので、平均利回り7%で回せれば1350万円もの利益を得ることが可能です。

 

ただ平均利回り7%で回せるファンドってなかなかありません。

リターンが大きいとリスクも大きくなりますしね。

そこでおすすめのiDeCo対応ファンドが、

  • eMAXIS Slim 米国株式 S&P500
  • 楽天VTI

米国株式に投資する以上の2つになります。

 

米国なら将来的な大きな経済成長も期待できますし、過去の成績から平均利回り7%というのも無理ではないと分かります。

大暴落からの回復が早いって言うのも米国の強さですね。

 

インデックス投資は低コストなファンドで長期運用することが大きな利益をえるポイントとなります。

この2つのファンドはインデックスファンドの中でも超低コストというのも大きいですね。

 

この2つのファンドをiDeCoとして取り扱っている証券会社はそれぞれ以下のようになります。

SBI証券eMAXIS Slim 米国株式 S&P500
楽天証券楽天VTI

 

『eMAXIS Slim 米国株式 S&P500』に通常のインデックス投資、またiDeCoで積立していく際におすすめな理由を以下の記事で解説していますので是非ご参照ください。

eMAXIS Slim S&P500がおすすめ
eMAXIS Slim 米国株式 S&P500がおすすめな6つの理由インデックス投資で長期運用をするなら『eMAXIS Slim 米国株式 S&P500』がおすすめです。将来の経済成長も期待でき暴落からの回復も早い米国株式に、業界最低水準の信託報酬コストで積立できる長期積立してくのに相応しいインデックスファンドです。...

S&P500は過去の成績を見ると、15年以上運用すればマイナス収益になった期間がないっていうのも安心できますね。

ITバブル崩壊とリーマンショックがかぶった15年間ですらプラスですものね。

 

iDeCoは毎月の積立上限額があることにより無理な投資をすることがなく余剰資金の中で長期運用していくことができます。

老後に不安があるなら毎月1~2万円でも積立をしていき老後破産対策をしていきましょう。

 

iDeCoについては『iDeCo(イデコ)の損しないやり方は?メリット・デメリットを徹底網羅』で詳しく解説していますので是非ご参照ください。

iDeCoの損しないやり方とはメリット・デメリットを徹底網羅
iDeCo(イデコ)の損しないやり方は?メリット・デメリットを徹底網羅 「年金は将来どうなるか分からないし老後が不安…」 「老後資金を貯めたいけど、お金をすぐに使ってしまってなか...

 

30代で貯金なしでも手遅れではない

 

30代の貯金額(中央値)は83万円です。

 

このデータをみて周りが貯金していないからと安心するのではなく、今後の大きな支出に備えて今からでもすぐに貯金を始めるべきです。

 

節約・貯金のポイント

  • 無理がない範囲での節約
  • 目標を明確化しゲーム感覚で楽しみながら節約

以上の2つになります。

楽しみながら貯蓄していくということが長続きさせるために大切ですね。

また、インデックス投資やiDeCoなどの資産運用も併せて活用していきたいですね。

 

30代で貯金が0円でも決して手遅れではありません。

今後の人生を楽しくするためにも今から少しづつ貯蓄していきましょう!