節約

月収20万での節約生活!無理がない年間100万円貯金のための節約術を伝授

月収20万で年間100万円貯金するための節約生活

「独身だけど手取り20万円しか貰えないし、貯金ができないのも仕方ないよね」

20代・30代前半のサラリーマンだとまだまだ月収も少ないし、贅沢しているつもりはなくてもまったく貯金ができないですよね。

手取りがもっと増えないと貯金は厳しいですよね。

けれど、

  • 年齢を重ねても親の世代と違ってほとんど昇給しない
  • 結婚や親の面倒などで支出も増えていく
  • 月収が上がったらそれに合わせて生活水準も上げてしまう

など、いま貯金ができないなら、いつになっても貯金ができないままですよ。

月収20万円もあれば無理な節約をしなくても十分な貯金ができます。

ちょっとしたポイントを抑えていけば、年間100万円程度の貯金なら簡単に貯金していけますよ。

記事のまとめ

  • 無駄な固定費の削減から始めることが継続した節約・貯金のために大切
  • 食費・娯楽費は家計簿アプリでの支出管理が必須
  • ブログによる副業収入を得れば貯金にさらに余裕がでる

手取り20万円前半で年間300万円以上貯金している私が、いまから貯金を始められる方法を伝授していきますね。

月収20万のサラリーマンは毎月平均いくら貯金している?

月収20万円のサラリーマンはどれくらい貯蓄しているものなのかをまずはみていきましょう。


 フリーター(月収20万円程度)の平均貯蓄額

一人暮らし実家暮らし全体
20~24歳18.8万58.1万49.9万
25~29歳48.8万89.0万80.3万
30~34歳61.0万126.4万114.5万
全体44.1万93.4万83.4万

(出典:an『フリーターの貯蓄額調査』より)

月収平均20万円のフリーターのデーターですが、平均貯蓄額は約80万円となっています。

生活費にお金がかかる一人暮らしと、自由にお金が使える実家暮らしでは平均貯金額に50万円程の差がありますね。

やっぱり一人暮らしだと貯金は難しいですよね。

それにしても全体的に少ない貯蓄額となっていますね。

この平均貯蓄額のデータを見ると、毎月1~2万円程度しか貯蓄できていないということですね。

この程度の貯金しかないと、何か大きな支出が発生した時に対応できず、貯金が無いのと同じようなものです。

ですから、年間100万円の貯金を目標にしていくことで、今後の生活を圧倒的に裕福にしていきましょう。

月収20万円で年間100万円貯金するための節約術【一人暮らしでも簡単】

月収20万円で年間100万円貯金するための節約術【一人暮らしでも簡単】間100万円の貯金をするなら月5万円の貯金ができればいいわけです。

あとは夏・冬のボーナスから40万円ほど貯金に回せばいいんです。

そう考えると年間100万円の貯金もいけそうな感じがしますね。

月収20万円で年間100万円の貯金をするポイント

  • まずは固定費の節約から始める
  • 娯楽費の節約は無理せずに簡単な支出制限だけする
  • 食費の節約も無理をせず、ふるさと納税などを活用して簡単節約

年間100万円程度なら、月収20万円でもそれほど無理せずに十分に貯金していける金額です。

このレベルの貯金癖がつくだけでも、今後の生活が圧倒的に楽になっていきますよ。

無駄な固定費の削減から始めることがお手軽な節約

生活費の節約を始めるなら『固定費』の節約から始めるのが簡単ですよ。

固定費は定期的に一定の支出が発生する項目なので、一度削ってしまえば継続して節約していくことが可能です。

また、無駄なものにお金を支払い続けがちであるので、無駄なものを削っていけば、それだけで月5万円の節約ができる場合もあるほどですね。

節約したい固定費は?

節約効果(月額)
携帯料金(格安SIMに変更)3,000円
自動車の維持費8,000~35,000円
生命・医療保険20,000~23,000円
新聞代3,000~4,000円
クレジットカードの年会費0~数百円
月額の動画系のサービス数百円~数万円

そんな高くないからと契約している月額料金が積み重なることで大きな家計の負担となっていがちなので注意が必要です。

格安SIMの乗り換えて簡単に固定費の節約

固定費の節約を始めるなら一番先に手をつけたいのが携帯料金です。

あなたのスマホの使用用途は主になんでしょうか?

  • LINEや電話だけ
  • インターネットをちょっと見るぐらい
  • YouTubeなどの動画をバンバン見る
  • スマホゲーム

スマホには人によりさまざまな使い方がありますが、毎月のネットの使用量が少ないなら無駄な携帯料金を払っていますよ。

au・SoftBank・ドコモの大手通信会社だと、あまりスマホを使わない人でも基本料金・コース料金で月5,000~6,000円はかかってしまいます。

現在、あまりハードにスマホを使用していないなら格安SIMに乗り換えるだけで月3,000円は節約できるようになりますよ。

スマホを格安SIM会社に変えて簡単に節約


 携帯会社を格安SIMに乗り換えれば簡単に継続した節約ができるのでおすすめです。

現在、スマホでのデータ使用量が少ないなら、格安SIMに乗り換えるだけで毎月3,000円ほどの節約が可能です。

格安SIMに乗り換えるならTVコマーシャルでもお馴染みの『mineo』がおすすめですね。


 mineoの料金プラン(データ通信+音声通話)

データ容量auドコモソフトバンク
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2.190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3.570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

mineoなら、ドコモ・ソフトバンク・auのトリプルキャリアに対応していますので乗り換えもしやすく、通信速度も安定しているのでとても使いやすくなっています。

すべてのiPhoneもそのまま使用できますしね!


 あまりスマホを利用していないなら乗り換えないと損

「新しいサービスは不安…まだ周りもあまり乗り換えていないし…」

「乗り換え方法もよく分からないし、とりあえず現状維持かなぁ…」

と、あまりスマホを使用していないのに、毎月5,000~6,000円という無駄なお金を支払い続けていませんか?

格安SIMへの乗り換えは決して難しくはありませんし、格安SIMに乗り換えれば毎月2,000円以下の維持費に抑えられます。

今すぐ乗り換えをしないで、先延ばしをしていると損をし続けるだけですよ。


 mineoを申し込むときに必要な物

  • クレジットカード
  • メールアドレスと電話番号
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ場合)


 mineoに乗り換える手順

  1. 利用している大手通信キャリアの解約・MNP予約番号を受け取る
  2. パソコン・スマホから『mineo』のサイトから申し込み
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 申し込み完了
  5. 3日~4日でSIMカードが自宅に到着
  6. 回線切り替え手続き(30分程度)

以上の手順でmineoへの乗り換えが完了なので結構簡単にできてしまいます。

基本的にはパソコンやスマホでの手続きで完了しますしね!

ただし、あなたの現在使用している携帯端末が対応しているか『mineo』のサイトから事前に確認しておきましょう。

ほとんどの携帯端末がmineoに対応していますが、『au VoLTE対応SIM』を利用している端末の場合は、大手通信キャリアの店頭でSIMロック解除をしてもらう必要があります。

>>mineoの対応携帯端末の確認はこちらから


 契約更新月を待たずに乗り換えた方がお得

あまりスマホを使用していない人なら月3,000円は安くなりますので、違約料金を支払ってでも乗り換えた方が結果的にお得です。

違約料金で9500円取られてしまいますが、数か月で元が取れますしね。

格安SIMに乗り換えてもほぼデメリットもなく、今までと同じように利用しながら節約していけます。

ですので、固定費を削るなら、まずは格安SIMに乗り換えることから始めていきましょう。

貯金がしっかりできるなら医療保険はいらない

基本的に医療保険は支払い損になってしまう商品であります。

最近では日帰り手術が主だったり、癌などの大きな病気でも1か月未満の入院ですむ場合がほとんどです。

それに、月の支払い限度額(収入による)以上の医療費は全額返金される『高額療養費制度』という便利な制度もあるので、それほど大きな自己負担にはならないわけです。

一般的なサラリーマンなら医療費の負担額は月8万円程度までですものね。

一生のうちに4回も5回も大きな病気により長期入院になれば元は取れるかもしれませんが、大体は1~2回程度の入院なので掛け損となってしまうんです。

ですから、これからしっかり貯金していけるなら医療保険は必要ありません。

無駄な医療保険を解約すれば、なにもせずに毎月2万円程度は節約できるので非常に大きな節約効果となりますね。

まったくの無保険が不安というのなら、

  • 保証内容の見直し
  • 安いネット医療保険に加入

などして節約していきましょう。

娯楽費の節約は支出管理だけしっかりおこなっていく

月収20万円で月5万円程度の貯金をしていくなら、娯楽費の無理な節約は必要ありません。

しかし、なんの管理もせずにいると、欲しいものを次から次へと購入してしまいやすいです。

とくにクレジットカードを使用していると、その月の収入以上の買い物をしてしまいやすいので注意が必要です。

Amazonなどのネットショッピングを見ていると、なにも考えずにすぐに購入ボタンを押してしまいますね…。

 家計簿アプリでおおまかな娯楽費の支出を管理

いくら生活費の節約を頑張っても、娯楽費で無駄遣いをしていてはいつになっても貯金ができません。

ですから、『家計簿アプリ』を使用して娯楽費の支出額を管理していきましょう。

娯楽費の支出管理する際には、月ごとに〇〇万円以下に抑えるという節約の目標を作ることが大切です。

そうすれば、生活費の節約がしっかりできていれば、一定の貯金額を毎月していけるようになります。

ゲーム感覚で娯楽費の節約を楽しんでいく事が大切

また、一定の娯楽費の枠内でどうやってやりくりして自分が本当に欲しいものを手に入れていくかという風に、ゲーム感覚で節約を楽しめるようになるんです。

ただなにも考えずに買い物をしているよりも、お金の大切さも実感しますし、欲しいものを手に入れた時にはより嬉しくなります。

そういったように、ゲーム感覚で娯楽費の節約をしていけるようになれば、無理なく長期的に貯金をしていけるようになりますよ。

クレジットカードでの無駄遣いが辞められないなら、代わりにデビットカードは使用しましょう。銀行口座の残高以上の買い物ができなくなります。

食費の節約も支出管理とお得な制度の活用が大切

月5万円程度の節約・貯金をしていくなら、無理な食費の節約も必要はありません。

なぜなら、

  • 食費の節約は継続させにくい
  • 固定費の節約・娯楽費の支出管理だけで月5万円を貯金できる

などの理由が挙がります。

年間100万円貯金のための食費の節約ポイント

  • ふるさと納税で米・肉代を浮かす
  • 娯楽費と同じく毎月の支出コントロールをしていく

なにもせずに食材を節約できる『ふるさと納税』を利用しながら、家計簿アプリで食費を設定金額以内に収まるようにしていくだけです。

食費はなにも考えずに生活していると、外食費で思ってた以上に支出が増えてしまいやすいです。

ですから、娯楽費と同じで支出管理をしっかり行うだけでも十分というわけです。

ふるさと納税は食費をとても簡単に節約できる

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】 ふるさと納税は簡単にいうと税金の先払いをすることで返礼品を受け取れるとてもお得な制度なんです。


 ふるさと納税とはどんな制度?

  • 好きな自治体に寄付(納税)ができる制度
  • 寄付金の約3割相当の特産品を受け取れる
  • 寄付をすることで大きな住民税の控除が受けられる(来年度分)
  • 税金の控除により自己負担額が年間で実質2,000円

年間で実質2,000円の負担で2万円相当の返礼品を受け取れるというわけです。(一般的な年収のサラリーマンの場合)

年収によって控除額が大きく変わってきますので、必ず控除額シミュレーターで確認しておきましょう。

年間の控除額を超えてしまうと、負担額が2,000円以上になってしまいますものね。

 

食費を節約するためにおすすめの返礼品

  • 白米
  • 豚肉(冷凍)

この2つの食材はボリュームも多くて、日持ちもしますし、ストックがあるととても助かる食材です。

ふるさと納税の返礼品で受け取っておけば食費の節約の大きな助けとなりますよ。

知らないと損をする非常にお得な制度なので、ふるさと納税をしっかり活用して食費を節約していきましょう。

 

 

手取り20万円で毎月貯金10万円も難しくはない

手取り20万円で毎月貯金10万円も難しくはない手取りが20万円あれば、毎月10万円を貯金していくことも決して難しくはありません。

毎月10万円を貯金できれば、ボーナスも含めれば年間200万円の貯金も可能となります。

実家暮らしなら生活費が必要ないので、月数万円を家にいれているとしても月10万円の貯金は簡単です。

問題は一人暮らしをしている場合ですが、一人暮らしでも家賃を抑えられれば月10万円の貯金も十分に可能です。

毎月の支出を10万円以内に抑えていこう

手取り20万円で月10万円の貯金をするためには、毎月の支出を10万円以内に抑えなければいけませんね。

私は毎月の支出を8万円以下に抑えることで年間300万円の貯金を実現しています。

月10万円の貯金をするための生活費の例

家賃30,000円
食費15,000円
水道光熱費7,000円
携帯代2,200円
固定インターネット回線代4,000円
自動車の維持費
保険代
娯楽費5,000~20,000円
合計65,000~80.000円

私の生活費の例です。

会社から家賃補助が支給されるため、家賃負担が3万円となっているのが大きいですね。

家賃補助もなく、東京住まいで家賃が毎月8万円以上かかるとなると月10万円の貯金はできません。

家賃負担を5万円以内に抑えられれば、手取り20万円でも月10万円の貯金が現実的になります。

食費を月2万円以下に抑える【一人暮らし】

毎月の生活費を10万円以下に抑えるためには、支出が多くなりがちな食費を大きく節約しなければいけません。

一人暮らしの毎月の食費の平均額

単身世帯
食費(外食費含む)4.7万円
外食費(割合)1.8万円(38%)

一人暮らしだと外食やコンビニ食などに片寄ってしまうため、食費が無駄に高くなってしまいやすいです。

やっぱ自炊をしなければ食費を安くできないですよね…。

いえ、食費を節約するためには自炊する必要もないですよ。

一人分だけ自炊するのは効率が悪いですから、週末などにまとめて作って冷凍保存しておくなりしない限り、自炊してもたいして節約になりません。

ですので、長期継続させやすい方法で節約していくべきですね。

食費を月2万円以下に節約する方法

  • 業務スーパーなどの格安スーパーを活用する
  • ふるさと納税で米・肉代を節約する
  • 『浄水ポッド』を利用することで飲料費の節約

などを徹底していけば、月2万円以下の食費に抑えることもそれほど難しくありません。

私は月1.5万円の食費でやっていますが、月2万円の食費設定なら外食もそこそこできて、それほどストレスなく続けていけますよ。

食費を月2万円以下に抑えられれば月10万円の貯金も可能になります。

家賃を月5万円以下に抑えられるなら、浮かした金額を食費に回して余裕を作ることができます。

具体的に食費を月2万円以下に抑える節約術は『一人暮らしで食費2万円以内に!簡単かつ健康的に節約する4つの方法』で紹介しています。

楽しい食卓
一人暮らしで食費2万円以内に!簡単かつ健康的に節約する4つの方法継続して食費を2万円以内に抑えていくためには健康的に節約する事がポイントになります。体に無理が出ない様にふるさと納税や業務スーパー等を活用など節約法を4つ紹介していきます。...

貯金の意思が強ければ強いほど月10万円も簡単になる

節約は最初こそ意気込んで始めるものの、途中で挫折しやすいですよね。

ダイエットと同じで続かないですよね…。

月10万円を貯金するにしても、それを続けていけないと意味がありません。

どうすれば節約を続けていけるかというと『貯金の目的を明確化』するということです。

何のために貯金をするのかがはっきりしていれば、それだけ節約のモチベーションも上がります。

その目的が強ければ強いほど節約を長期間継続させていきやすいですね。

ですので、あなたがなぜ貯金をしたいのかをしっかり明確化させていきましょう。

貯金の目的が弱い・はっきりしていないなら月10万円の節約・貯金を続けていくのは難しいですから、もっと無理がない貯金設定にしておいたほうが結果的に大きな貯金ができるでしょう。

月収が少なくても副業収入を稼げば生活が圧倒的に楽になる

月収が少なくても副業収入を稼げば生活が圧倒的に楽になる月収20万円でも年間100万円~200万円の貯金をしていくことは可能ですが、

  • もっとたくさん貯金していきたい
  • 贅沢をしていきながらも貯金をしていきたい

というのならば、副業によって収入を増やすことで貯金をしていきましょう。

副業といってもたくさんありますが、

  • 会社にも副業がバレづらい
  • 在宅ワークで好きな時間にできる
  • 特別なスキルがなくても始めることができる

といった、副業がしやすい3点が揃っている『ブログ運営』が特におすすめです。

ブログによる副業なら月5万円も稼ぎやすい

副業といえばなにか特別なスキルがないと稼げないイメージがあるかもしれませんが、『ブログ運営』であればこれからの努力次第で誰にでも稼げるチャンスがあります。

「ブログでどうやって稼ぐの?」

と思うかもしれませんが、ブログにアクセスを集めることで広告収入を稼げるわけです。

ただし、日記的なブログ記事を書いていても誰もそんなブログを読みたくはありませんから、読者の役に立つ記事を書くことでアクセス数を集めることが大切です。

そうやって記事を積み重ねていけば、収入が少しずつ増えていきます。

「最近ではブログでは稼ぎづらくなってきている」

とよく言われますが、月100万円以上など大金を稼ぐ人の話であり、月5万~10万円程度のブログ収入ならまだまだ稼げます。

流行りの記事ではなく資産となる記事の積み重ねが大切

一時期しか需要のない記事ではなくて、10年以上先も需要がある記事を100記事・200記事…500記事と積み重ねていけば、収入も増えていき、ブログがあなたの『資産』となります。

もしブログ運営による副業収入が本業の収入を越えれば、

  • いつ仕事を辞めても生活をしていける
  • 自分がやりたい仕事を優先してやっていける

といったように、仕事に対して余裕を作ることも可能にもなります。

誰かの役に立つことが好きなら、ブログ運営を趣味として楽しみながら収益を稼いでいくこともできますしね。

そこまでたくさん稼げなくても、ブログで月5万円以上の収入を稼げるようになれば、毎月の生活が圧倒的に楽になります。

月20万円の手取りでもたくさん貯金していきたいというのなら、誰にでもリスクなく始められるブログ運営による副業がおすすめですよ。

実際にブログで稼いでいくためには、しっかりした準備と、アクセス数を集めるための対策が必要となります。

ブログで稼いでみたいというなら『ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】』をご参考にしてください。

ブログで月5万円の副業収入を稼ぐためのやり方・始め方を徹底網羅
ブログで月5万円の副業収入を稼ぐやり方・始め方を徹底網羅【完全版】 「給料が少なくて生活に余裕がない…」 「副業で収入を稼いでみたいけど、なにもスキルがないし無理かな…」 ...

手取り20万円でも余裕をもった貯金が可能

月収20万円あれば一人暮らしだとしても年間100万円の貯金程度なら無理なくしていけます。

また、貯金の目的がはっきりしていて貯金の意思が強ければ、年間200万円の貯金も十分に可能です。

  • 無駄な固定費の削減から始めることが大切
  • 食費・娯楽費は家計簿アプリでの支出管理が必須
  • ブログによる副業収入を得れば貯金にさらに余裕がでる

少ない手取りでもしっかり貯金していけるようになれば、今後収入が増えていけばさらに大きな貯金をしていけるようになります。

貯金があれば結婚後の生活にも余裕がでますし、今後の年金制度がどうなってしまうか分からない老後生活への不安がなくなります。

今後の生活を豊かに・精神的な余裕をもつためにも、少ない手取りでも今すぐしっかり節約・貯金を始めていきましょう。