セミリタイア

セミリタイア生活なら年間200万円あれば豊かに暮らすことができる【ノーストレス】

セミリタイア生活なら年間200万円あれば豊かに暮らすことができる【ノーストレス】ちょっと前に『年収200万円で豊かに暮らす』という本が話題にというか炎上したらしい。

「年収200万円なんかじゃ豊かに暮らせるわけねえよ!」

ということだろう。

たしかにサラリーマンじゃ年間200万円の生活費だと決して裕福な生活はできないだろう。

(そもそも手取りで200万円想定なのかどうか分からないが)

しかし、独身セミリタイヤーに取っては年間200万円も生活費に使っていいならかなり贅沢な生活を満喫できる自信がある。

サラリーマンはストレスによりお金を沢山使えないと裕福を感じられない

都心に住んでいるのか、田舎に住んでいるのか、家賃補助はどの程度でるのかなどでも分かれるが毎月の生活費の中の家賃が占める割合はとても大きい。

また、サラリーマンをしていると飲み会などの付き合いに必要な費用がなにかとかかるし、ストレスから酒の量が増えたり、買い物で無駄金を散財してしまうことも多いだろう。

そのようにサラリーマン生活だと、

  • 生活のために必要なお金
  • 仕事関連で必要になるお金
  • ストレスによってかかるお金
  • 見栄のために必要なお金

と何かと支出が多い。

そうなると、年収200万円じゃとても裕福な生活はできないだろう。

自動車を所持するならなおさらだ。

ストレスがないセミリタイア生活なら少ない生活費で裕福を感じられる

その点、セミリタイア生活で年間200万円を生活費に使っていいというのなら、

家賃 50,000円
食費 40,000円
水道光熱費 12,000円
スマホ代 1,000円
光回線代 4,000円
娯楽費 40,000円
合計 147,000円

 ※残りは健康保険などの税金の支払いに当てる

食事もかなり贅沢できるし、娯楽費に40,000円なんてここ4年以上使っていないからどう使いきればいいか分からないぐらいだ。

セミリタイア生活ならストレスや周りへの見栄のために無駄なお金を使う必要はない。

また、住む場所も自由に選べるので、もっと家賃や物価が安い場所に住めば自由に使えるお金も増える。

セミリタイア生活なら著書通り年200万円でも裕福生活が送れるだろう。

セミリタイア生活がしたいならコツコツと継続をしていこう

年200万円とまでもいかず、ストレスのないセミリタイア生活なら年100万円の生活でも裕福に生活ができる。

そんなセミリタイア生活がしたいなら、

  • 生活費の節約
  • インデックス投資への積立

の2点をコツコツと続けていくことだ。

とくに仕事が嫌いで解放されたいと思っているなら、モチベーションを高く維持しやすくセミリタイアを実現しやすいだろう。